月別アーカイブ: 2012年2月

詩と音楽 星野富弘著「風の旅」から

                しおん・ねこじゃらし・たんぽぽ (詩 星野富弘)

    「しおん」    01 shion     

ほんとうのことなら 多くの言葉はいらない                                                        野の草が 風にゆれるように                                                                  小さなしぐさにも 輝きがある

    「ねこじゃらし」        02 nekojarashi

思い出の向こう側から                                                                 一人の少年が走ってくる                                                                     あれは白い運動ぐつを                                                                     初めて買ってもらった日の                                                                 私かも知れない                                                                             白い布に草の汁を飛び散らせながら                                                              あんなにも                                                                                       あんなにも 嬉しそうに                                                                     今に向かって走ってくる

   「たんぽぽ」       03 tanpopo

いつだったか                                                                       きみたちが空を飛んで行くのを見たよ                                                                風に吹かれて                                                                        ただ一つのものを持って 旅する姿が                                                             うれしくてならなかったよ                                                              人間だって どうしても必要なものは                                                           ただ一つ                                                                       私も 余分なものを捨てれば                                                             空が飛べるような気がしたよ

作曲:比留川靖子/  歌・演奏・録音: 梶木 現 / CD録音制作: 小泉幸丸