百人一首とカルタ-1

百人一首とカルタ-1

海野 弘

百人一首は和歌のアンソロジーであったわけだが、今では正月の風物詩であるカルタ取りとして知られている。カルタは、十六世紀にポ~トガル人が日本にやってくるようになり、伝えられたカード・ゲーム(タロットやトランプ)が日本化されたもので、そのはしりは「天正かるた」と呼ばれる。トランプ・カードの日本版である。
江戸初期の「松浦屏風」(「婦女遊楽図屏風」)では、二人の女性がカード・ゲームに興じている。
カードの図柄は西洋風である。
「天正かるた」をさらに和風にしたのが「うんすんかるた」である。図柄も武将、布袋、大黒、達磨など日本的なものとなっている。
「天正カルタ」はトランプ・カードと同じ四十人枚であるが、「うんすんかるた」は七十五枚になっている。
「うんすんかるた」は江戸時代に大流行した。そして、さまざまなカルタがつくられた。それらは二種類に大きく分けられるようだ。
一つは、トランプ・天正かるた、うんすんかるた、そして花札に至る、ゲーム性、賭博性の高いカルタである。
もう一つは、歌がるた、いろはかるたなどで、ゲームの勝敗だけでなく、知識、教養、教育などに関わる。
歌がるたの代表である百人一首でいえば、1の句を読み上げると、それにつづく下の句の善かれた札をとる。したがって、その歌をおぼえなければならない。その暗記は、カルタ取りのためでもあるが、それによって和歌の+口典の知識が得られる。
いろはかるたは、日本語の音や字をおぼえるための(いろはうた)がカルタと結びついたものだ。
いろはうたをおぼえ、それを書けば、四十人のかな文字を知ることができる。そして、いろは四十人文字をそれぞれ頭文字とすることわざを学べる。(い)は、「犬も歩けば棒に当る」となる。いろはかるたは、いろは四十人文字をおぼゝえ、教訓を考える四十八のことわざを教える。遊びながら学ばせるわけである。
歌かるた、いろはかるたは、西洋から入ってきたカード・ゲームと日本のことば遊びとの結びつきによって生まれた。
西と東の文化の出会いである。それは西洋のトランプ・カードなどにはない、日本文化の発明といえるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*