9-小野小町(おののこまち)

 

百人一首百彩-9

         海野 弘

9-小野小町(おののこまち)
古今集 題しらず

花の色は うつりにけりな いたづらに わが身よにふる ながめせしまに
〔桜の花の色は、すぐに変わり色あせてしまう。私の身も、世の中の雑事の中で、移り変わり、老いてしまった〕

花は、人生の最も美しい時であり、容色のことでもある。美女といわれていた小町も、ちやほやされているうちに、花は散り、実を結ぶことはなかった。(ながめ)は長雨と眺めを掛けている。見ているだけで、恋もまとまらなかった。(ふる)は、古ると降る(長屑)を掛けている。
小野小町も生涯不明で、伝説化されている、絶世の美女が、男たちを振りつづけて、老いさらばえてしまった、という虚栄のむなしさの象徴のように語られている。
小野氏という古い一族の女で、小町は妹娘の意味らしい。やがて小野小町は巫女集団の女神のように信仰され、日本中に小町伝説を持ち歩く、遍歴する巫女たちがあらわれる。
『古今集』の仮名序で、紀貫之は、小野小町について「あはれなるやうにて、つよからず。いはば、よき女のなやめるところあるに似たり。つよからぬは、女の歌なればなるべし。」といっている。万
葉の女流歌人のおおらかさに対して、王朝におけ′る、男と女をはっきり区別する文化で、最初の女
らしさとそのメランコリーを表現した女流歌人だったのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*