14-河原左大臣


百人一首百彩-14

海野 弘
14-河原左大臣(かわらのさだいじん)
古今集 題しらず
たれゆえ  みだ
陸奥(みちのく)の しのぶもぢずり 誰故に 乱れそめにし 我ならなくに
〔陸奥の信夫(しのぶ=福島県)の「もじずり」のように、心がよじれ、乱れてしまったのは、だれのせいなのだろう〕

「しのぶもぢずり」は、はつきりしていない。忍草を布にすりつけて染めることだという。すりつけるので、もじれ(よじれ)、乱れる。それが東北の信夫の染物とされるようになる。「しのぶ」は忍草と忍ぶを掛けていて、(陸奥)(道の奥)に、かくれている、しのんでいる、が結びつく。「陸奥のしのぶもぢずり」は(乱れ)を呼び出す序詞で、乱れ染と乱れ初め、が掛けられている。「我ならなくに」がむずかしい。心を乱すのが、私なのか、あなたなのか、二つの読みができる。一般には、私があなたゆえに、心を乱した、と解釈されている。「我ならなくに」は、私ではないのに、つまり‥私が心を乱したのは、あなたのせいで、私のせいではないのに、となる。
心を乱したのが、あなたとすると、陸奥の乙女よ、だれのために心を乱したのだ、私のせいじゃ
ないよね、と、ちょっと軽い気分の歌となる。

河原左大臣は源融(みなもととおる=822~895)のことで嵯峨天皇の子で、臣籍に下り、源の姓となった。陽成天皇の後継を望んだが、摂政藤原基経にことわられた。京の東六条に豪華な河原院をつくり、陸奥塩釜の風景を写した庭園で知られた。
藤原氏に押さえられたうさを、そこで晴らしていたのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*