16-中納言行平


百人一首百彩-16

海野 弘
16-中納言行平(ちゆうなごんゆきひら)
古今集 題しらず

立わかれ いなばの山の みねにおふる まつとしきかば 今かへりこむ

〔今、お別れして、因幡(いなば)の国(鳥取)へ行きますが、そこの稲羽山の峯に生えている松のように、あなたが待つといってくれるなら、すぐに帰ってきましょう〕
在原行平(八一八-八九三)は平城天皇の孫であるが、臣籍に下り、在原の姓となつた。異母弟に業平(なりひら)がいる。行平は有能な官僚として、各地に赴任し、在原氏のために働いた。八五五年には因幡守に任ぜられ、任地に向かった。この歌はその時のあいさつの歌ではなかったか、といわれている。
遠国に赴くことへの不安と、なに、すぐに帰ってきますよ、という願望の混じったから元気がここもっているかのようだ。
ついに中納言になったが、八八七年、長い役人生活に疲れたのだろうか、役職を辞任し、隠居した。                  若い時、須磨に流され、二人の海女とのロマンスがあったといわれ、『源氏物語』 の須磨の巻のモデルとされる。これは伝説らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*