17-在原業平朝臣

百人一首百彩-17

海野 弘

17-在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)
古今集
二条の后(きさき)の春宮(とうぐう)のみやす所と申しける時に、御屏風に竜田川にもみぢながれたる
かたをかけりけるを題にてよめる
千早ぶる 神代もきかず 立田川 からくれなゐに 水くくるとは
〔不思議なことが起こつていた神代においても聞いたことがない。竜田川に紅葉が流れ、まるで、くくり染めで、からくれない(深紅色)に染めたように見える〕

(千早ぶる)は神に掛かる枕詞で、荒れくるう、といっ.た意味がある。神代は、神々がまだ鎮められず、荒々しく暴れていた頃である。くくり染めは放り染めのことだ。川の水が紅葉で、見たこともないほど赤く染まっている。もっともそれは実際の風景ではなく、屏風絵に描かれたものだ。平安朝では、絵の中の風景、想像のイメージが歌われる。
、=Y
在原業平(八二五~八八〇)はすでにのべたように行平の異母弟である。恋多き男で、『伊勢物語』の主人公である。二条の后は、藤原高子(たかいこ)であるが、彼女が東宮の御息所といわれていた頃に、業平とロマンスがあったらしい。高子は十八歳の時、五節舞姫に選ばれて、天女のような美しさで注目
された。高子は叔父良房の世話になり、良房の娘で文徳(もんとく)天皇の女御明子(あきらけいこ)のもとにいたという。そこ
は染殿という良房の邸であった。
それらのことを考えると、この歌も、高子との禁じられた恋を暗示しているように読める。(くくる)は、染殿(そめどの)に掛けられ、このような深紅に染められた恋は、神代にもなかった、というのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*