18-藤原敏行朝臣

 百人一首百彩-18

海野 弘

18-藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)
古今集
寛平の御時きさいの宮の歌合のうた

住の江の きしによる波 よるさへや 夢のかよひぢ 人めよくらむ
〔住の江の岸べに寄せる浪よ、私は昼間の人目を避けるだけでなく、夜に、夢の中であの人に会いにいく時でさえ、人目を避けようとするのだ〕

「住の江の きしによる波」は、夜を呼び出す序詞である。(住の江)は、大阪の住の江(住吉)で、その岸に寄る彼のように、寄ってほしい、寄りたいという意味もあるのだろう。
この歌を、男の作者が女の気持で詠んだ、という解釈もある。せめて夢の中では、人目を気にせず、もっとたびたびやってきてほしい、住の江の岸の浪が寄せるように、となる。
藤原敏行(生年不明-九〇一または九〇七)は三十六歌仙の一人。能書家であったという。妻は在原業平の妻の妹であった。蔵人などの官職を務めたが、歌人としても活躍tた。『古今集』に入った
「秋来ぬと 日にはさやかに見えねども 風の音にぞ驚かれぬる」
は、よく知られている。
「寛平の御時きさいの宮の歌合」は、宇多天皇の時、天皇の母、皇大后班子(はんし)の主催した「寛平御時后宮歌合」のことである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*