20-元良親王

百人一首百彩-20

海野 弘

20-元良親王(もと上ししんのう)
後撰集
事いできて後に京極御息所(きょうごくみやすどころ)につかはしける
なにわ
詫びぬれば 今はたおなじ 難波なる 身をつくしても あはむとぞおもふ
〔あなたとのことは世の噂になってしまいました。そのことをわびしく感じますが、どうせ知られてしまったのなら、自分はどうなっても、あなたに逢いたいと思います〕

「なにはなる(難波なる)」は「みをつくし」(澪標)を呼びだす。難波の港の航路の道標と、(身をつくす)(自分を犠牲にする)が掛けられている。そして「なにはなる」は、汚名が立ってしまう意味になっている。
19の伊勢の歌と対になつているかのような、こちらは色好みの男の歌である。
元良親王(八九〇~九四三)は狂える王であった陽成天皇の子である。和歌集『元良親王集』 のはじめに、次のようにある。
「陽成院の一呂もとよしのみこ、いみじきいろこのみにおはしましければ、よにある女のよしときこゆるには、あふにも、あはぬにも、文やり歌よみつつやりたまふ」
そして女性との贈答歌がぎつしりとつづいている。この歌もその一つだ。京極の御息所は、藤原時平(ときひら)の娘の褒子(やすこ)で、宇多天皇の寵を受けていた。元良親王は彼女とも恋愛をしていたが、「尊いでき
て」 (その事がわかってしまったので)、この歌をつかわしたという。まったく懲りない男なのである。またこんな歌を選んだ定家も面白い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*