22-文屋康秀

 

百人一首百彩-22

海野 弘

22-文屋康秀(ふんやのやすひで)
古今集 これさだのみこの家の歌合のうた
吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を あらしといふらむ
〔それが吹くと、秋の草木がしおれてしまうから、山風を嵐というのだな〕

(むべ)は、なるほどの意。なぜ山風を嵐というのか。草木を枯らすからであり、また山と風を組み合わせると嵐の字になるからだ。かなの日本的な意味と漢字のつくり(字形)の両面から、「むべ」(なるほど)なのである。
文屋康秀は、六歌仙の一人であるが、生没不明で、生涯もほとんどわからない。三河や山城の地方官で、小野小町を三河に誘っている。『古今集』 の序では、「言葉巧みにてそのさま身におはず、いはば商人(あきびと)のよき衣着たらむが如し」と評された。表面的なことばのあそびが巧みだが、深みがない、ということだろうか。
しかし歌の才能は認められていて、業平が「ちはやぶる」と詠んだ二条の后の歌会にも、業平、素性とともに出ている。
この歌は、是貞親王の濠の歌合の時のものとある。是貞親王は光孝天皇の第二皇子で、宇多天皇の見であった。この歌合は寛平五年(八九三)にあったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*