24-菅家

百人一首百彩-24

海野 弘

24-菅家(かんけ)
古今集
朱雀院(すざくいん)のならにおはしましたりける時に、たむけ山にてよみける
たむけやま
此(この)たびは ぬさもとりあへず手向山 もみぢのにしき 神のまにまに

〔今度の旅は、幣(ぬさ)も持たずに出ました。山には紅葉の錦が美しく、幣を捧げる必要がないほどです。神の気持におまかせしましょう〕
幣は錦や絹を細く切ったもので、袋に入れて持ってゆき、旅の途中で、神社などに手向けてゆく。
今度の旅(たびに旅と度が掛けられている) はあわただしく、幣も用意せずに立ってきた。しかし紅葉が見事で、幣などいらないほどである。この自然の幣にまかせて、神の恵みにひたることにしよう、というのである。宋雀院は、出家して上皇となった宇多である。菅家は菅原道真で、八九人年、上皇が奈良から士口野に行った旅に同行した時の歌らしい。
菅原道真(八四五-九〇三)は文章博士として、その文才をうたわれた。宇多天皇に登用され、藤原氏を押さえようとした。宇多が譲位すると、醍醐天皇の補佐役となった。そのため右大臣藤原時平の陰謀で、謀反の疑いにより、九〇一年、大事府に流され、九〇三年、その地で没した。その怨霊におびえた京都は、道真を天満天神として北野に祀った。
彼の死後、藤原氏の勢力は復活し、後期の摂関政治が確立される。
この歌は流される前の、まだ宇多上皇とその子、醍醐天皇の宮廷が花開いていた時のにぎわいを薫らせている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*