25、三條右大臣

百人一首百彩-25

海野 弘

25、三條右大臣(さんじょうのうだいじん)
後撰集 女のもとにつかはしける

名にしおはば 逢坂山(おうさかやま)の さねかづら 人にしられで くるよしも哉(がな)

〔(さねかずら)は、草木の中にかくれ、そのつるをのばしていきます。そのつるをたぐつて、人目につかずにしのんでこれないだろうか。逢坂山のさねかずらよ、その名にふさわしいかくれ道を教えてほしいものだ〕
(さねかづら)(真葛) は美男葛ともいう、つる草。(さね)には(さ寝)(共寝) の意味が掛けら
れている。つる草をたぐる、で(来る)の意もある。
三条右大臣(八七三-九三二)は藤原走方(さだかた)で京の三条に邸があった。内大臣藤原高藤(たかふじ)の次男。姉の
胤子は、字多天皇の女御で、醍醐天皇の母である。娘は、醍醐天皇の女御であり、息子の朝恩(ああさただ)も『小倉百人一首』に入っている。定方や藤原兼輔などは和歌のサロンをつくり、紀貴之・大河内窮恒などを後援していたようであり、歌物語である『大和物語』は、このサロンの周辺でつくられたもののよ、つだ。
『小倉百人一首』は、平安時代に形成された和歌のネットワークを示しているともいえるだろう。
ほとんどの歌人は互いに知っていて、歌の詠まれた背景や人間関係についてもよくわかっていたのだ。そのネットワークはまきに(さねかづら)のつるのようにつながり、もつれあっていたのであ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*