百人一首百彩-27

海野 弘

27、中納言兼輔(ちゆうなごんかねすけ)
新古今集 題不知

みかの原 わきてながるるいづみ川 いつみきとてか 恋しかるらむ
〔みかの原に湧いて流れる泉川よ、いつ見たのかはつきりおぼえていないのに、どうしてこんなに恋しいのか〕

みか      そうらく            きづがわ               み
甕(みか)の原は京都府相楽郡にある。「いづみ川」は木津川である。「いづみ川」と「いつ見き」が掛けられている。「みか」は「みき」にひびいている。
「いつみき」については諸説ある。いつ見たのかわからない、というのは、一度も会ったことはないのに、の意味だというのが一説、いや、一度は契りをかわしたが、それからずっと会っていないのだ、というのが一説。
どちらともいえるようなあいまいさが、新古今の魅力かもしれない。私の想像では、小さな甕を両手で肩にのせて、そこから水を流れ出させている泉の女神が浮かんでくる。泉の女神、:ンフへ
のあこがれをうたった、とヤっのは、あまりにロマンティックな解釈だろうか。
藤原兼輔(八七七-九三三)は左大臣藤原冬嗣(ふゆつぐ)の曾孫。九二七年に中納言となり、鴨川の堤に邸があったので、堤中納言と呼ばれた。25の藤原走方と従兄弟で、走方の娘を妻とした。定方とともに和歌サロンのパトロンであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*