30- 壬生忠岑(みぷのただみね)

百人一首百彩-30

海野 弘

壬生忠岑(みぷのただみね)
古今集 題しらず
有明(ありあけ)の つれなく見えし 別(わかれ)より あかつきばかり うき物はなし
〔夜が明けかけ有明の月が出て、それが一際つらく見える別れをしたことがある。それ以来、暁ほど憂うつに思えるものはない〕

壬生忠岑は生没不明。藤原定国の随身だったといわれる。窮恒と同じ下級官で、歌で認められるようになった。藤原定国や藤原時平などに歌の才能をかわれ、字多、醍醐の宮廷歌人となつた。「是貞親王家歌合」「寛平后宮歌合」などに参加している。
忠岑の歌は、繊細で、イメージ豊かで、物語を感じさせる。この歌でも「あかつきばかり うき物はなし」がすばらしい句だ。そして有明の月、暁のシーンが視覚的で、別れた女性の姿はその彼方にかすんでいる。
この歌について古くから論議がある。なにがつれないのか。藤原定家などは、つれないのは有明の月と見た。二人は別れたくなかったが、有明の月が出て、朝になつたので、別れなければならなかった。だから月がつれなく見えた。
ところがこの歌は『古今集』の「恋歌二こに入っている。「逢はずして帰る恋」の歌を集めた巻である。するとこの歌は、逢えずに待っていて、暁になつてしまったということになり、つれないのは、逢えなかった女ということになる。どちらなのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*