31-坂上是則

百人一首百彩-31

海野 弘

坂上是則(さかのうえのこれのり)
古今集
やまとのくににまかれりける時に、雪のふりけるをみてよめる

朝ぼらけ 有明(ありあけ)の月と みるまでに よしののさとに ふれるしら雪
〔朝になり、あたりが明るくなりかけた時に、有明の月が光っているように見えたが、吉野の里に雪が白々と降り積もっていたのであった。〕

あっさりした、素直に風景を詠んだ歌だ。大和国の吉野の里を訪れた時の歌という

坂上是則は生没不明。坂上田村麻呂(たむらまろ)の子孫ともいわれる。下級官であったが、趣味人、才人で、それが認められて、宮廷文化人の仲間入りをした。三十六歌仙の一人である。
彼は京都の清水寺の別当でもあった。この寺は坂上田村麻呂に起源を持っていて、代々坂上家が別当をつとめてきた。したがって彼も田村麻呂の後裔(こうえい)と見られるのである。
この歌は『古今集』の「冬歌」に入っている。冬の風景を淡々と詠んでいる。そこには、やまとうたのこまやかな男女の情感というよりも、漢詩文の風景描写が感じられるような気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*