34-藤原興風

百人一首百彩-34

海野 弘
34-藤原興風(ふじわらのおきかぜ)
古今集 題しらず
たかさご
誰(たれ)をかも しる人にせむ 高砂の 松も昔の 友ならなくに
〔これからだれを親しい友としたらいいのだろうか。むかしの友はもういなくなり、高砂の松だけが昔のままだが、友にはならない〕

高砂の松は、兵庫県高砂市の松といわれる。住吉の松とともに、松の名所とされる。
さがみのじょう  みちなり
藤原興風は生没不明。相模捺藤原道成の子。下級役人で三十六歌仙の一人。貫之や窮恒の同時代の歌人。
じょう       うば
後に、世阿弥は能冨岡砂』をつくり、住吉の松(尉) と高砂の松(姥) の老夫婦を登場させた。
(高砂)は長寿のめでたいしるしとなる。
しかしこの歌では、すでに老齢にさしかかった作者が、亡くなった友をしのびつつ、とりのこさ
れた淋しさをうたっている。古い友人はいなくなってしまい、だれと親しく話したらいいのか、高砂の松では話し相手にならない。

老年の寂蓼(せきりょう)が迫ってくる。高砂の松を、古い松一般と見るか、具体的な地にある松と見るか、二説がある。
私は、実際の高砂の地の松林が見えてくるように読んでみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*