38ー右近

百人一首百彩-38

海野 弘

38ー右近(うこん)
拾遺集 題しらず
忘らるる 身をばおもはず 誓(ちかい)てし 人の命の をしくも有るかな

〔忘れられてしまう自分の身も考えずに、愛を誓ったが、やはり捨てられてしまった。そんな人の命なのであるが、惜しいと思う気持がある〕
愛の誓いを裏切った、不実な男への想いである。「人の命の をしくもあるかな」は、誓いを破ると、神の罰を受けることになるが、あんな男でも、それはかわいそうだと裏切った男の命をなお気づかっている様子が伝わってくる。
右近は生没不明。藤原季縄(すえなわ)右近少将の娘と伝えられる。『大和物語』にも登曝し、『小倉百人一首』に入っている権中納言敦忠と親しかったという。
醍醐天皇の中宮穏子(おんし=藤原基経の娘)の女房で、いくつかのロマンスが伝えられている。
この歌は、誓いを破った男に送った歌と見れば、うらみをさらりとのべたものと解釈できるが、去ってしまった男をしのびながら自分の気持を見つめ、まだのこつている男への思いを、相手に伝えるつもりはなくて詠んだとも思える。相手に言ってやったのか、自分にいっているのか。私は後の方と思いたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*