40-平兼盛

百人一首百彩-40

海野 弘

40-平兼盛(たいらのかねもり)
拾遺集 天暦御時歌合(てんりやくのおんときのうたあわせ)

忍ぶれど 色に出にけり わが恋は 物やおもふと 人のとふまで
〔隠してはいるのだが、私の恋は顔色に出てしまっているのだろうか。なにか悩みがあるのかと人が聞くほどなのだから〕

天暦御時は、村上天皇の時代で、醍醐天皇の延喜とともに、宮廷文化が栄えた。醍醐の時、『古今集』、村上の時、『後撰集』がまとめられたのもそのあらわれである。
天暦御時歌合は、実際は、天徳四年(九六〇)に開かれたもので、この歌と次の壬生忠見の歌が合わせられ、この歌が勝っている。判者の藤原実頼は、迷ったが、天皇がこの歌を押しているらしいので勝ちにしたという。
平兼盛(?-九九一)は光孝天皇の子孫であるが、臣列に下り、平氏となった。晩年に駿河守となった。歌人としてもよく知られ、三十六歌仙の一人。
地方官としてあちこちに赴任したようだが、『大和物語』には、地方の娘に恋をしてふられる話などがある。この歌もそうだが、恋の歌が多く、すぐ好きになって、振られたりしている。この歌のように、すぐ惚れやすく、顔に出てしまう人だっ」たらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*