41-壬生忠見(みぶのただみ)

百人一首百彩-41

海野 弘

壬生忠見(みぶのただみ)
拾遺集 天暦御時歌合

恋すてふ わが名はまだき たちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか
(恋をしていると、私の噂がもう立ってしまった。人に知れないように、こつそりと思いはじばかりであるのに)

前の平兼盛の歌と歌合で競ったもので、定家もどちらか決めかねたのか、両方を選び、並べている。兼盛の歌は「色に出でにけり」と視覚的だが、忠見の歌は、名は「立ちにけり」と聴覚的、言語的だ。もっとも「思ひそめ」(思い染め)と視覚性も加えられているし、前者には 「人のとふ」と聴覚性もあり、二つの歌はまるで一対のようにひびき合っていて、一緒に読み比べてみると、また面白さが増してくる。
壬生忠見は生没不明。壬生忠岑(ただみね)の子。下級官として、貧しい生活をしていたという。それだけに、天徳四年(九六〇)の歌合に招かれたことは大きな喜びだったろう。彼は摂津から田舎衣のまま駆けつけたという。その見すぼらしい姿のせいではないかもしれないが、負けてしまった。失望して病いに斃れ、死んでしまった、という伝説もある。
「恋すてふ」「わが名はまだき」「¥思ひそめ」などことばに対するるセンスがすばらしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*