42-清原元輔

百人一首百彩-42

海野 弘
はべ
清原元輔(きよはらのもとすけ)
後拾遺集 心変り侍りける女に人に代りて

契(ちぎ)りきな かたみに袖を しぼりつつ すゑの松山 なみこさじとは
〔末の松山を波が越すことは絶対ないように、私たちの仲も絶対だと、互いに涙に濡れた袖をしぼりながら約束しましたね〕

末の松山は宮城県多賀城あたりといわれている。海辺にあるが、いかなる波もそれを越すことがない、といわれた。(すゑの)は、さい果ての意味だろうか。もし披が越したら、この世も終わりということかもしれない。(すゑの松山)は、約束の裏切り、心変わりの歌に使われる。
「契りきな かたみに袖を しぼりつつ」は、袖をちぎれるほど、かたくしぼることと、かたくちぎる(約束する)ことを掛けた技巧的な句である。
清原元輔(九〇八-九九〇)は、代々、歌で知られる家柄で、清原深養父(ふかやぶ)の孫といわれ、清少納言の父である。九人六年に肥後守となった。歌の方では、九五一年、和歌所の寄人となり、梨壷(内裏 みなもとのしたごう 後宮五舎の一つ)の五人、大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)、源順、紀時文(きのときぶみ)、坂上望城(さかのうえのもちき)の一人として 『後撰集』をまとめた。
自分の内面に沈むよりは、場に合わせ、求められた題に合わせ、即興的に詠む歌にすぐれていた。

———

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*