43-権中納言敦忠

 

百人一首百彩-43

海野 弘

43-権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)
拾遺集 題しらず

逢(あい)見ての 後(のち)の心に くらぶれば むかしは物を おもはぎりけり
〔人を愛するようになってからの心にくらべれば、昔はものを思わなかったな、としみじみ感じさせられる〕

これは「題しらず」となっているので、特定の相手ではなく、恋するようになつたこと一般という意味で訳してみた。
しかし、『拾遺集』より前の『拾遺抄』では同じ歌に「はじめて女のもとにまかりて、またの朝につかはしける」という詞書がついている。この場合は、特定の女性に向けて、呼びかけていることになる。すると、あなたにはじめて逢って、契りを交わしてからの心にくらべると、お逢いする前に抱いていた気持はたあいないもので、なにも思っていないようなものでした、といった意味になるだろう。                 √              一
権中納言敦忠は藤原敦忠(九〇六-九四三)で、藤原時平の三男。琵琶中納言といわれるほど琵琶の名手であった。しかし三十人歳で早死した。菅原道真の崇りであるといわれた。美男で才能に恵まれた人であったが、短い生涯であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*