47-恵慶法師

百人一首百彩-47

海野 弘

47-恵慶法師(えぎょうほうし)
拾遺集 河原院にて、荒たる宿に秋来る、といふ心を人々詠み侍りけるに

八重葎(やえむぐら) しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね秋は来にけり
〔八重葎がしげってい鞄荒れた宿がさびしい眺めを見せている。だれも人はやってこないが、秋は来ているのだ〕
「八重葎」は、ヤエムグラというアカネに似た草であるとも、葎(雑草)が八重にしげっているのだともいわれる。河原院は、称原左大臣が営んだ壮警邸である。それはすっかり荒れ果て、やえむぐらがしげっているだけだ。この廃櫨にも秋は来ているがへそのさびしさは一層深い。はりま恵慶法師は生没、経歴もよくわからない。花山天皇(在位九八四~九八六)の頃の人で、播磨の国分寺にいたという。花山のお伴で熊野に行ったりしている。
源融(とおる)の河原院は、百年後には荒れ果て、融の曾孫の安法(あんぼう)法師が住んでいたという、そこに恵慶法師、源重之、大中臣能宣、清原元輔などが集まって歌を詠んだ。廃墟の美が賞される時代になっていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*