50-藤原義孝(ふじわらよしたか)

 

百人一首百彩-50

海野 弘
もと    つか
50-藤原義孝(ふじわらよしたか)
後拾遺集 女の許より帰りて遣はしける

君がため 惜しからざりし 命さへ 長くもがなと 思ひけるかな
〔命もそれほど惜しいとは思っていませんでしたが、君を知るようになって、いつまでも長く生きたいと思うようになりました〕

さっき逢ってきた女に送った手紙の歌である。この時代の歌は、贈答歌といった社交的な場のためにつくられる。独詠より対話なのである。
藤原義孝(九五四-九七四)は藤原伊尹(これただ)の四男。九七四年、天然痘で、朝に兄の挙賢(たかかた・九五三~九七四)が亡くなり、夕に弟の義孝が亡くなつた。義孝は二十一歳であった。少年の頃から歌の才能を認められ、また仏教に帰依して、法華経を読んだ。早くから死号予期していたのだろうか。
これほど若くして死んだが、三十六歌仙に入っている。そしてこの歌を読むと、はかない生涯を覚悟しているかのような
君のために長く生きたい、ということばが痛切にひびりく義孝の子の行成(ゆきなり・九七二~一〇二七)は、三蹟の一人に入る名筆家となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*