51-藤原実方朝臣

百人一首百彩-51

海野 弘

51-藤原実方朝臣(ふじわらのさねかたあそん)
後拾遺集 女にはじめてつかはしける

かくとだに えやはいぶきの さしも草 さしも知らじな もゆるおもひを
〔こんなにも思っていると、どうしてもいうことができません。ですから、私の燃ゆる思いをちっとも知らないでしょう〕
いぶき
(えやはいぶき)は、えやはいう、すなわち「いうことはできない」と伊吹山が掛けられている。
さしも草は、艾(もぐさ)で、ヨモギを乾かして、灸をすえる時に使う。この伊吹山は栃木県の山といわれ、もぐさの名産地として知られる。さしも草に、「さしも」(そんなにも)と「もゆる」を呼び出す。
女性にはじめて恋をして、はじめて手紙を書いた、という歌である。
藤原実方(?-九九八)は藤原定時の子、左大臣師尹(もろただ)の孫。一条天皇に仕えた。美男で色好みで、華やかな貴公子であったらしい。清少納言とも親しかったという。
伝説では藤原義孝の子・行成と宮中で争い、陸奥守として左遷させられたといい、その時、源重之がお伴をした。そして、実方はその地で没した。華やかにはじまり、さびしく終わった生涯であつた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*