52-藤原道信朝臣

百人一首百彩-52

海野 弘

52-藤原道信朝臣(ふじわらのみちのぶあそん)
後拾遺集 女のもとより、雪ふり侍りける日、かへりてつかはしける

明けぬれば 暮るるものとは知りながら なほ恨めしき 朝ぼらけかな
〔夜が明ければ、また日が暮れて、夜になり、また逢えるのがわかっていても、それでも朝になると、離れなければならないので、うらめしいことです〕
これただ
藤原道信(九七二-九九四)は太政大臣藤原為光の子。母は伊ヂの娘。名門の貴公子であるが、二十三歳で没した。若くして天才歌人といわれた。一条天皇初期に活躍し、美方、宣方、公任、相如などと交友があった。
一条天皇の初期は、退位した前帝の花山院の和歌サロンが中心で、実方、道信はそのメンバーであった。しかし、道信が早死にし、実方が陸奥で亡くなり、花山院の歌壇は失われていき、代わって藤原道長の後援する新しい歌壇がつくられる。藤原公任がその指導者であった。
そのような過渡期に、若くしてはかなくなった歌人のこの歌は、朝になればやがて夜になるが、その夜はもうこないかもしれない、という不安を暗示しているように思える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*