54ー儀同三司母(ぎどうさんしのはは)

百人一首百彩-54

海野 弘

54ー儀同三司母(ぎどうさんしのはは)
新古今集 中開白かよひそめ侍りけるころ

忘れじの 行末(ゆくすえ)までは かたければ けふをかぎりの 命ともがな
〔ゆく末まで、ずっと忘れないといわれますが、ずっと先のことはわかりません。いっそ、今日で命が終わりなら、死ぬまで忘れないという約束が嘘になりませんね〕

儀同三司は、太政大臣、左大臣、右大臣と同じ儀礼であつかわれる准大臣のことで、儀同三司である藤原伊周(これちか)を生んだので、儀同三司母(?-九九六)といわれる。中開自は、夫の関白藤原道隆。
伊周の他に、隆家、定子(ていし・一条天皇皇后)を生んだ。
伊周、隆家は、藤原道長との権力争いに敗れたので、彼女の晩年はあまり幸せではなかった。
いつまでも愛しているよ、という男に、先のことはわからない。いっそ今日このまま死んでしまえば、あなたのいうとおりになりますね、というのは、ちょっと皮肉で、現実的な女性であったのだろう。
九九五年、夫道隆が亡くなった。息子の伊周はまだ若かったので、道隆の弟道兼が権力を握り、道兼の子道長へと移っていった。明日のことはわからない、いつまでも幸せはつづかない、いっそ
世界が今終わればいいのに、というこの歌のことばが響いてくる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*