55ー大納言公任(だいなごんきんとう)

 

百人一首百彩-55

海野 弘

55ー大納言公任(だいなごんきんとう)
拾遺集 大覚寺に人々あまたまかりたりけるにふるき滝を読み侍りける
なおきこ
瀧のおとは 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて 猶聞えけれ
〔滝は滴れてしまい、一水音も聞こえなくなつて、ずいぶん時がたつが、その名はまだ伝わっていて、今も話に聞こえてくる〕

大覚寺は、嵯峨天皇の山荘があったところで、そこの滝殿の見事さは語り伝えられてきた。水は流れていないのに、昔の滝の音がまるで聞こえてきそうだ、というのである。
大納言公任は藤原公任(九六六-一〇四一)で、藤原道長め全盛期に歌壇の指導者として活躍した。
この歌では嵯峨天皇の時代、古きよき時がノスタルジックに回顧される。古事、旧蹟などが最高の模範としてなつかしがられるようになる。
歌壇では栄光を得たが、道長の一族の繁栄に対して傍系であった彼は、官職における出世はうまくいかず、不満であった。晩年にはあきらめ、世を捨てて出家して小る。′
昔はよかった、と思い、後世に名を残したい、と思う気持がこの歌にこめられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*