58-大弐三位(だいにのさんみ)

百人一首百彩-58

海野 弘

58-大弐三位(だいにのさんみ)
後拾遺集 かれがれなるをとこの、おぼつかなくなどいひたりけるに詠める

有馬山 ゐなのささ原 風ふけば 出そよ人を 忘れやはする

〔有馬山の猪名の笹原にそよそよと風が吹きます。そのように、私の心を動かした人をどうして忘れることがあるでしょう〕

詞書によると、「かれがれ」(離れがち)の男が、あなたの気持がよくわからないので、などといっ
たことへの答えである。
有馬山は摂津(兵庫) の山。猪名の笹原は摂津の猪名川(尼崎あたり)の両岸の笹原で、有馬山と猪名の笹原は一緒に使われ、「そよ」を呼び出す。「そよ」は、それよ、そのことよ、の意味。風のそよぎも掛けられている。
訳しにくい歌だが、有馬山と猪名の笹原は、(あり)と(いな)を対比させ、来た叫、来なかったり、という意味かもしれない。そんな当てにならない人であるが、軋が炊いて、笹がざわざわすると、来たのではないかと心乱されて、忘れることはできない。
大弐三位は生没不明。藤原宣孝と紫式部の娘の賢子(けんし)。正三位大事大弐高階(たかしな)成章の妻となって、こう呼ばれる。
紫式部は情熱に流されることは少なかったようで、だからこそ『源氏物語』が書けたのかもしれない。娘は、母とちがって、かなり多くの恋をしたようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*