59ー赤染衛門(あかぞめえもん)

百人一首百彩-59

海野 弘

59ー赤染衛門(あかぞめえもん)
後拾遺集
なかの関白、少将に侍りける時、はらからなる人に物いひわたり侍りけり。たのめてこざりけるつとめて、女にかはりて詠める
さよふ
やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな
〔くずくずしていないで、寝てしまえばよかったのですが、いつか夜がふけてしまって、月がかたむいたのを見ることになってしまいました〕

中開自は藤原道隆で儀同三司母にも通っていた。この人が少将だった時、作者の姉妹のところに通ってきた。しかし、ある夜、約束して来なかったので、「つとめて」(早朝)に、彼女の代わりに作者がこの歌を詠んで送った、と詞書にある。
自分のことでなく、姉妹の代わりなので、本当に馬鹿な娘です。来ないのだから寝ればいいのに、朝まで起きていたようですよ、といったニュアンスである。
赤染衛門は生没不明。母は平兼盛と別れて赤染時用(ときもち)と結婚し、彼女が生まれたが、兼盛の子だったのではないか、といわれている。道長の妻倫子(りんし)に仕え、のちに文章博士大江匡衡(まさひら)の妻となつた。
非常に才女で学者や文人との広いつきあいをし、歌や文章も、他の人のために代作を引き受けるほどうまかった。道長の栄華の時代を見とどけた。『栄花物語』は彼女が書いたのではないか、といわれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*