60ー小式部内侍(こしきぷのないし)

百人一首百彩-60

海野 弘

60ー小式部内侍(こしきぷのないし)
金葉集 和泉式部、保昌にぐして丹後国に侍りけるころ、都に歌合のありけるに、小式部内侍歌詠みにとられて侍りけるを、中納言定頼つぼねのかたにまうできて、歌いかがせさせ給ふ、丹後へ人はつかはしけるや、使はまうでこずや、いかに心もとなくおぼすらむ、などとカはぶれて立ちけるを、ひきとどめて詠める。

大江山 いくのの道の とほければ まだふみも見ず あまのはしだて
〔大江山に向かう幾野の道は遠いので、さらにその彼方の天の橋立は見たこともなく、そこからの手紙も来ません〕

一つの物語のような長い詞書がついている。和泉式部が藤原保昌(やすまさ)と再婚して、夫の赴任した丹後に行ってしまった。都に歌合があり、娘の小式部内侍(ないし)が呼ばれた。すると藤原公任の息子の定頼がやってきてたわむれた。彼は軽薄な才子といわれていた。歌はどうしました。丹後にいるお母さん
に頼みましたか。まだ歌はとどいていませんか、などとからかったのである。
それに対して、この歌を詠んでみせた。大江山の彼方の天の橋立 (丹後) は遠いので、行ったこともないし、歌なんか頼んでいませんよ、というのである。
幾野(生野) には(行く)が掛けられ、「ふみも見ず」は、文(手紙)も見ずと踏みもみず(行った
こともない)が掛けられている。私だって、母に頼まなくても歌が詠めますよ、と切り返している。
小式部内侍(九九九?-一〇二五)は、和泉式部と橘道貞の子。母とともに中宮彰子に仕えた。道長の子敦道(のりみち)をはじめ多くの男に愛されたが、母より先に亡くなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*