61-伊勢大府輔(いせのたいふ)

百人一首百彩-61

海野 弘

61-伊勢大府輔(いせのたいふ)
詞花集 一条院御時、ならの八重桜を人の奉(たてまつり)けるを、其の折御前に侍りければ、その花を
題にて歌詠めとおほせごとありければ

いにしへの 奈良の都の 八重樺 けふ九重(ここのえ)に 匂ひぬるかな
〔いにしえの 奈良の都の八重桜、今日は、宮中で美しく薫っています〕

九重は、王城の門が九重にめぐらしてあるという意味で、八重桜が九重(宮中)で咲いている、ということばの遊びである。
詞書によると、一条院(在位九人六-一〇一一)に桜花を奉った人がいて、帝は、それについて歌を詠めといった。その時の歌である。したがって、古くからの桜が宮中(九重)で、また一段と美しく
咲きほこつている、と桜を通して帝を請えているのである。          、
伊勢大輔(生没不明)は、神祇伯祭主大中臣輔親(おおなかとみのすけちか)の娘。伊勢神宮の神宮でをる大中臣家の歌人群の                                    し上、つし
一人である。頼基、能宣、輔親と代々つづいている。上東門院彰子(道長の中宮)に仕えた。和泉式部、紫式部、赤染衛門、小式部内侍と共に、(梨壷の五歌仙)として道長の時代を飾った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*