62ー清少納言

62ー清少納言(せいしょうなごん)
後拾遺集 大納言行成、物語などし侍りけるに、内の物いみにこもればとて、いそぎ帰りて、つとめて、鳥の声にもよほされてといひおこせて侍りければ、夜深かりける鳥の声は函谷関(かんこくかん)のことにやといひ達したりけるを、立帰り、是は逢坂の関に侍るとあれば詠み侍りける。

 

夜をこめて 鳥のそらねは はかるとも よにあふさかの 関はゆるさじ
〔真夜中に、鶏のうそ鳴きでごまかそうとしても、逢坂の関は開かないでしょう〕

故事を知らないとわからない歌だ。詞書によると、藤原行成(ゆきなり)が訪ねてきて、おしゃべりをしていたが、内の物忌みがあるからと、いそいで帰ってしまった・。昨朝、鶏の声がしたので、夜明けと思って早帰りをしましたと言い訳の手紙が来た。それに対して、夜中の鶏の声というのは函谷関のことですか、と返事をすると、いや逢坂の関のことですといってきた。それに対する歌である。
「函谷関のこと」というのは、『史記』に出てくるもので、戟国時代、孟嘗君(もうこうくん)は三千人の食客を養っていたが、秦に捕われた時、鶏の鳴き声のうまい食客に鳴かせて、夜明けと思った関守に扉を開けさせ、脱出したという故事である。行成は、いやそうではなくて、あなたに逢いたいと思う逢坂の関のことですよ、と答えるが、作者は、鶏の声でだましても逢坂の関は開きません、と切り返す。
清少納言は生没不明。清原元締の娘。一条天皇の皇后定子(ていし)に仕え、その教養で男たちと競った。
紫式部には、したり顔で、さかしい (賢こぶっている)などといわれた。一〇〇〇年に定子が亡くなると、尼になったという。この歌をめぐる話は『枕草子』に出ている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*