63ー左京大夫道雅

百人一首百彩-63

海野 弘

63ー左京大夫道雅(さきょうのだいぶみちまさ)
後拾遺集 伊勢の斎言わたりよりまかり上りて侍りける人に、忍びて通ひける事を、おほやけもきこしめして、まもりめなどつけさせ給ひて、忍びにも通はずなりにければ詠み侍りける

今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで 言ふよしもがな
〔今はもう、思いを絶たないといけないのだが、そのことだけでも、人づてでなく、直接お伝えできたらいいのですが〕

詞書によると、伊勢の斎宮(さいぐう)であった人とひそかに逢っていたが、天皇にも知られて、守り女(番人)がつけられ、近寄れなくなってしまったことを嘆いた歌である。
天皇が即位すると、皇女を伊勢神宮奉仕に送る。その未婚の皇女を斎宮という。この話の斎宮は三条天皇の皇女当子(まさこ)であった。
左京大夫道雅は藤原道雅(九九二-一〇五四)で、儀同三司藤原伊周の子。儀同三司母の孫となる。
『栄花物語』には、道雅が三条天皇の皇女正子に通ったので、天皇は正子を尼にしたとある。
中の関白家といわれた伊周の家は道長との権力争いに敗れて衰えていき、道雅も世をすねたところがあったらしい。従三位右京大夫となつたが、悪三位とか荒三位といわれた。しかし晩年は、文人として静かに暮らしたようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*