67-周防内侍(すおうのないし)

百人一首百彩-64

海野 弘

67-周防内侍(すおうのないし)
千載集 二月ばかり月のあかき夜、二条院にて人々あまたゐあかして、物語などし侍りけるに、内侍周防よりふして、枕をがなとしのびやかに言ふを聞きて、大納言患家是を枕にとて、かひなをみすの下よりさし入れて侍りければ詠み侍りける
たまくら

春の夜の 夢ばかりなる 手枕に かひなくたたむ 名こそをしけれ
〔春の夜の夢にしかすぎない手枕のために、浮名が立ってしまうのは割が合いませんし、残念です〕

詞書によると、二月ごろ、月夜の晩に二条院に集まっておしゃべりをしていた。周防内侍は横になり、「枕がほしい」といった。すると大納言忠家が簾(みす)の下から手を入れて、これを枕に、といったのに答えたものだ。
そんな冗談のような手枕をしたりすれば、本当の恋でもないのに噂になってしまって、評判が悪くなるのはごめんですよ、というのである。
周防内侍は生没不明。後冷泉、白河、堀河に仕えたという。本名は平伸子。
二条院は後冷泉天皇の中宮章子である。大納言忠家は、藤原道長の孫で、歌人として知られ、そ
の家系は御子左家(みこひだりけ)と呼ばれ、藤原定家につながる。