69-能因法師(のういんほうし)

 69-能因法師(のういんほうし)
後拾遺集 永承四年内裏歌合に詠める

  嵐吹く 三室(みむろ)の山の もみぢ葉は 龍田(たつた)の川の にしき成けり
〔嵐の吹く三室山の紅葉は、散り落ちて、龍田川の錦になった〕

 三室山は奈良県生駒山のことという。歌枕である。龍田川はそのふもとを流れる。嵐で散った紅葉が川を錦のように彩っている、という視覚的な歌で、在原業平の歌と似ている。
能因法師は生没不明。俗名は橘永憶(たちばなのながや)。藤原長能(ながとう)の歌道の弟子となつた。長能は道綱母の兄である。歌道の師弟関係が結ばれ、歌道の家がつくられていてはしりであるという。
能因は若くして出家し、摂津国古曾部に住み、歌僧として活躍した。深い信仰があったというより、むしろ僧体の方が自由に旅をして、歌作に専念するのに便利であったかららしい。だから歌には宗教色がない。
能因法師は、見たこともない奥州の白河の関の歌を都にいてつくつたという話があるが、これは伝説らしく、実際は二度ほど奥州に下っている。日本中を旅して、その風景を詠むというのもこの時代の新しい傾向なのだ。(歌枕)が確立されてくる。能因は、旅の風景を詠み、地方に都の和歌のつくり方を広めることに大きな役割を果たしたのではないだろうか。