百人一首百彩へのご招待

「百人一首百彩」へのご挨拶

三武 義彦

4月に入って新学期、百年近い右文書院の歴史は、スタートが「国文学出版」で、近年は高校の国語教科書専門の出版社として歴史を刻んで来ただけに、新学期となると今でも胸躍る思いがします。とくに、私自身が、小美濃講師、花見村長と若い時からの古文書研究会仲間で古典文学が好きですから、竹取物語、源氏物語、土佐日記、万葉集、平家物語、宇治拾遺物語、奥の細道、伊勢物語、徒然草、枕草子、百人一首などを手を変え品を変えて出版もし、自分も学ぶことになります。とくに、小倉百人一首を独特の文章と画風で仕上げた、文・海野弘、画・武藤敏の名コンビ作「百人一首百彩」には、その精緻な書画の迫力に圧倒されました。
ここ暫くは「連歌集・竹林の風」にお休み頂き、古典文学の傑作を新鮮に変えた「百人一首百彩」をお届けします。
ご案内は、文が海野弘さん、絵画が武藤敏さん、お二人共数多くの著作を持つ著名な作家です。

はじめに

武藤 敏(画家)

子供の頃、正月になりますとが百人一首のかるた取りをいたしました。
雪に閉ざされた山奥の小さな村々では、それが唯一の遊びであり楽しみでした。
こたつの上にひらがな十四文字の取り札を並べ、私はなぜかいつも読み手になり、絵のついた読み札を手にしていました。
束帯(そくたい)、衣冠(いかん)、狩衣(かりぎぬ)などといわれる様々な衣装を着た男の人達、袈裟(けさ)をまとったお坊さんなど。そしてきらびやかな十二単衣を羽織ったお姫さまが出てくると、どきどきしました。
いつの頃からでしょうか。この百人一首の読み札の雅(みや)びともいわれる世界を作品にしてみたいと常々考えておりましたが、十年程前にパリを訪れた友人から和紙を大量にプレゼントされたのを機に、制作を始めました。
私は、この百人一首の選者といわれる藤原定家についても、百人一首そのものに村しても、浅薄な知識しかありませんが、おおよそ八百年もの前から綿々と伝えられている百人一首の世界と、子供の頃のときめきの気持を、少しでも表現できればと、願いを込めて制作いたしました。多くの方々にみていただければ幸いに存じます。
----------
武藤 敏(むとう・びん)
1962年・武蔵野美術大学抽科卒、「夢土画廊」(銀座)にて個展、以後、新聞・雑誌、書籍・ポスターなどにイラストレーションを発表。196う年「中央画廊」(銀座)にて個展、1973年「紀伊国屋画廊」(新宿)にて企画展(おんな展第一回)、1974年・一年半渡欧、1975年 「真木画廊」にて画廊企画、同世代の版画展招待作品「三幸ギャラリー」(赤坂)にて企画展、1976年「紀伊国屋画廊」(新宿)にて企画展(おんな展第二回)、1977年渡欧、1978年郡上八幡にて作品展(郷土文化誌「郡上」主催)、1980年「かなめ屋画廊」(銀座)にて企画展
1982年「81美術館」(銀座)にて企画展、パリに移住、1983年・ギャラリー「MEDIANE-ELKO」(パリ)にて企画展、「紀伊国屋画廊」(新宿)にて企画展、1985年ギャラリー「カシーヌ」(毎日新聞社内)にて企画展。1986年「GALERIER22」(西ドイツ)にて企画展、SpACEDEIPHSALONPETITFORMT」(パリ)招待出品、1987年セネガル共和国ダカールにて企画展、1988年フランス領マルチニック島にて企画展(フランス教育省主催)、1989年ギャラリー「ACCUEILETRENCONTRES」にて企画展、1991年郡上八幡にて作品展、1996年小田急ハルク美術画廊にて個展、2000年郡上八幡にて作品展、「新岐阜百貨店美術画廊」にて個展