女は三界に家無し

東北地震から六年が経ちました。
東北地震の直後医療班として、ボランティア活動に希望を出しましたが
その頃の勤務地が成り立たないと師長から止められ
やっと4ヶ月がたった8月に行かせていただきました。
それでも声が出せないほどの惨事で
涙が溢れてきていたのを思い出します

当時は瓦礫の処理に追われ
積み上がった瓦礫の頂上に大きなプーさんの縫いぐるみが、置かれていました
診療所には瓦礫処理による腰痛や、疲れ
合わない靴による靴づれ

稼働していた病院では急性期の患者さんの診療に追われ、
原因がはっきりしない発熱など 慢性期の診療までは手が出ない現状でした

避難所で一週間近く発熱を繰り返す方が、体育館の隅で寝かされていました
膠原病が疑われますが、
比較的体力もあるので、
判断が難しいのでしょう

ボランティアで遠くからバスで来られ
バスの中での腰痛や
お酒の事故などもありました

もうあれから6年
直接災害にあっていない私の日々は
すっかり災害の事を忘れています
未だ多くの方が避難所での不自由な
寒い毎日を送られていること
ご家族を亡くされて 寂しさから立ち直れない方
PTSDで苦しんでおられる方
原発事故による健康障害を受けられている方

追悼式典での
総理大臣の言葉と
秋四ノ宮様の言葉とを
皆さんはどのように聞かれたでしょうか

体験のない私たちは、災害の惨事を忘れないように
努めていくことがだいじなことだとおもいます

災害は忘れた頃にやってくる
災害避難準備を怠らないように努める
体験されたことから多くの事をしっかり学ばないといけませんね

さて
昨日は転出届を出してきました
子供の仕事の都合で、短期間の引越しだと思っていたので、住所変更してこなかったのですが
少なくとも私はもう帰れない覚悟をしました

女は三界に家無し

とはよく言ったものです
浜松に津にと住宅ローンに追われた毎日でしたが
終了とともに
その家も子供を世帯主として届けてきました

子供たちに囲まれた幸せな生活ですから
まだまだ子供たちのために
私らしく生活していきたいです

手作りに挑戦中


2月ももう少し
弥生月が押し寄せてきては
「まだまだ」と肩を怒らせて踏ん張っている
この頃です
時々生暖かい風が吹いたかと思うと
コートの襟を立てて前かがみで歩くこともあり
なんとも身体の調整が難しい時です

わたしの学んだ東洋医学では
この時期を一番大切に過ごします
「芽吹きどき」
身体が緩み始め
良い体に整える いい時期でもありますが
体調を崩すのも早い時期でもあります

頸、手首、足首を冷やさないように気をつけてお過ごしください
今月の初めに引いた風邪の影響で未だ咳が止まりません
おそらく食べ過ぎで 身体を冷やしたように思います
今は生姜入りの野菜スープを作って
身体を温めています

甘いものが好きですから
一人で子供の帰宅を長時間待っている間に
ついついと
手と口が卑しくなってしまいます

最近はおやつは手作りを基本にするようにしました
小豆を炊いて
白玉粉をレンジでチンとして大福も作りました

手で丸めながら お皿に乗る前に口の中に入っていきます

もう一つはアップルパイ
リンゴをシナモンとてん菜糖で煮て
小麦粉と強力粉 バターでパイ生地

生地も上手にできるようになりました

手作りですから 体に良くないと言われる白砂糖は使いません
時間をかけて
保存料や添加物のないおやつが出来上がります

間食はしないのがいいのですが
少しでも
体にいいものを

やってみれば意外と簡単にできるものですね

知らずに来た世界を垣間見て

立春が過ぎ 名古屋は日差しがまばゆくなってきました
しかし
春の定義の一つに
もう寒さに戻らないというのがあるそうですが
昨日から寒さ厳しく
明日は雪の予報が出ています

もう少し寒さとのおつきあいも必要です

恩師から声をかけていただき
とりあえず週一回
精神疾患のある方の犯罪離脱プログラムに参加させていただいています

そこで警察官OBの講演を聞かせていただきました
裁判や刑法の仕組み
また受刑中の生活も面白く話していただき
受講生からの実体験など発言があり和やかな雰囲気でした

みなさん受刑者の刑務所生活1日いくらほどかかるかご存知でしょうか?
警備官のお給料も入れてです
もちろん刑務所の収容人数などによっても異なるのですが
おおよそ1万円かかるそうです

受講者から「12年だといくらですか?」

4000万円税金を使って言うぞと言われ
そんなには返せないと嘆いてました

受講生は家族からも見放され住むところもない人たちですから
グループホームに入所して施設の食堂などでリハビリ中です

再犯予防のために何ができるか
何をやればいいのか
公的委託事業です
しっかりしたガイドラインがあるのでもなく
指導員の方々は真剣に話し合いを持っています

対象者も千差万別
様々な背景に
能力の差も大きいです

夫々の講座終了後にカンファレンスがもたれ
反省と計画が共有されます
その途中途中一人の青年の就職が決定して
涙浮かべて拍手が出ていました
また一方では警察から呼び出しもありました

このような世界があることを教えていただいています
わたしに何ができるかが問われています

最も寒い時です 水分補給と気温差に気をつけてください

寒い日が続きます
もっとも大寒ですから、この時期が過ぎて梅のほころびが楽しめます

各地で大雪のニュースも聞こえ
毎日のように雪かき
外には出れないと仲間からお知らせをいただきます

名古屋でもセンター試験の時でした
大雪が降りました
早くからスタットレスタイヤに変更していましたが
夜中の娘の帰宅じの迎えには車を走らせるどころか
ウインドウの氷を取ることもできなくて
歩いて迎えに行きました

その雪も3日間積もっていました

インフルエンザも今年は早くから猛威をふるって
未だ元気に活動しているようです

わたしの血圧も寒さのために高くなっています
そのため主治医は用心深く
血圧の薬を出してくれます

冬は血管が収縮しやすく
血圧が上がります
心筋梗塞や脳梗塞予防です
乾燥もしていますので水分補給はこまめにしています
夏だけではなく
年齢とともに水分が蓄えられなくなりますので
水分補給は気をつけたい自己管理です

血圧が高めで高脂血しょうなど指摘されている方
心筋梗塞や狭心症の既往症がある方は
脱衣場やトイレの室温に気をつけていただきたいです
気温差が血管を収縮させます

ちょっとした自己管理で元気に過ごしていきたいものです

話は変わりますが
先日30年ぶりに恩師から電話をいただきました
ぶらぶらしているわたしの噂を聞いて
もう少し働いてはとお誘いをいただきました

ありがたいことです
看護師ではなくカウンセラーをされている先生です

障害のある犯罪者を再犯予防と自立支援活動での働きかけをされているようです
貧富の差がますます厳しくなる社会情勢
軽犯罪による社会支援は厳しいもののようです
社会適応も障害があると二重の弊害

今まで考えたこともない活動に参加させていただきました
公的には継続支援が困難なために
民間に委託しての活動
職員は非常に熱心に会議が進められていました
仕事としてやれるかはまだ結論が出ませんが

身体的健康問題しか見てこなかったわたしには
こうして視野を広げてくださることに感謝です

今年も宜しくお願い致します

今年も宜しくお願い致します。

松が明けてからのごあいさつ遅れて申し訳ありません
今年は比較的穏やかなお正月でした

とはいえ
長女は年中無休の職場で、年末年始忙しく
帰宅は午前様
出勤は午前中

こんな生活でしたので
我が家はお正月様を歓迎できなかったかもしれません

でも 働かせていただく仕事があり
笑顔で出勤する健康が与えられ
家の中でも家族が平穏に過ごすことができたこと

感謝です

年末に渡辺和子シスターの訃報が入ってきました
広く深い愛を教えていただいたシスターです
たくさんの著書がありますのでご存知の方が多いのではないでしょうか

シスターは人生について 次のように書かれています

人生は 決してきれいなものでも、美しいものでもない。
それを美しいものにするのは、他ならない「私」である。

心に「花」をそだてたい。
その種子や水は、日常生活の中にある。

むしろ棘のある言葉や、思うままにならないことこそ、

栄養、肥料となるのである。

ありがたいことではないか。

人生とはきれいなものでも美しくもありません
だからといっていい加減に生きていいものでもありません
よくするのも
悪くするのも
「わたし次第」

肥やしにするか
農薬にするか
それを選ぶのもわたしですね