学習障害の支援

すっかり秋が深まりましたが、暑い夏の疲れなのか
秋口の長雨のせいか、
皮膚炎が増えているように思います。
腸炎や、肺炎など感染症も増えています。

まずは体力の回復
台風や天候の変化での身体を整えるのが難しい時ですが、
よく寝ることが大切です。

先日講演会に参加してきました。
養護学校に入所する生徒が急激に増えているそうです。
教室を増やしたり、廃校を改造したりと対策がとられているそうです。
学習についていけない、
椅子に座っていられない
言葉で伝えることができない
共同作業ができない
など 学習障害の子供が増えているようです。

これまでは学習障害の原因が親のしつけだと言われていたのが、
脳の神経障害であることがわかりました。
しかし
その原因はまだはっきりしていません。
出産時の低体重時が増えていることとの関連性も指摘されています。

ダイエット志向や妊娠中の体重管理を厳しく指導されるのも、一要因という学者もいるようです。

神経の損傷は、回復 あるいは神経回路が補われることがわかってきました。
早期に気づき、障害に応じた隔週支援をして行くことで
成長して行くことがわかってきました。
我が子の障害に気づくこと、認めることは辛く、否定したくなることでしょう
しかし
早期に対策をとることで、回復して、社会生活を可能にします。
学習障害の支援は急速に進んでいます。
発達障害のホームページには多くの支援が紹介されています。

社会全体で支え、伸ばしていくことが大切ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*