月別アーカイブ: 2010年3月

原田左之助の愛

 どうやら、東京に新名所が出来たようです。  墨田区東向島にある私の会社(化学関連)の応接室からは、いま話題のスカイツリーが、かなりの至近距離で見えます。  昨月曜日の朝9時過ぎ、社員とお茶を飲みながらのミーティング中、 … 続きを読む

カテゴリー: 6、気まぐれ未分類 | コメントする

龍馬から新撰組へ

  お元気ですか?  前回までは、坂本龍馬の女性関係を書きましたがここで一段落です。  私の別ブログで連載中の「坂本龍馬異聞」が、4月末に右文書院という教科書主体の堅い出版社から出版されます。  でも、それだけなら、龍馬 … 続きを読む

カテゴリー: 6、気まぐれ未分類 | コメントする

理想と現実

 この数日、めっきり春めいた陽気になりました。  弥生3月もはや中旬、春の香りがあちこちから馥郁と匂い立って来る気配があります。  ところが、この21日は思いがけず雨と風に見舞われ難儀しました。3月1日の渓流解禁の誘いを … 続きを読む

カテゴリー: 6、気まぐれ未分類 | コメントする

別れないペアは?

 水ぬるむ季節になりましたね。  山奥の雪解け水の清流にはイワナやヤマメが嬉々として相方を求めて泳ぎ、街のあちこちでは若い男女が恋を囁いてイチャイチャし、それを屋根上のカラスがアホーアホーと妬き喚きます。  男と女の結び … 続きを読む

カテゴリー: 1、恋愛・結婚・家庭, 6、気まぐれ未分類 | コメントする

見合い婚の長所と欠点

「女と男」、見合い婚の長所と欠点は?   私は長年にわたって銀座で結婚相談所も経営していましたが、そこに集まる男女の生態はさまざまです。  10万人を超えるリストから選ぶのですから誰でも迷います。一般的には、まず顔写真、 … 続きを読む

カテゴリー: 6、気まぐれ未分類 | コメントする

恋のゆくえ

 テーマを「女と男」に絞ると、話題は尽きることがありませんね。  なにしろ人類が始まって以来、永遠に謎に満ちたテーマだからです。  人生相談でも、人の悩みの根源には常に男女の愛情問題が絡んでいます。  金銭問題、就職や転 … 続きを読む

カテゴリー: 6、気まぐれ未分類 | コメントする

趣味仲間との恋・・・

 前回はおさな馴染との恋愛について語りましたが、今日は同じ趣味仲間との恋愛について触れます。  テレビの「龍馬伝」では龍馬の女好きが明かされていますが、これは事実です。龍馬が最初に江戸行きを果たしたのは19歳の時ですが、 … 続きを読む

カテゴリー: 6、気まぐれ未分類 | コメントする

おさな馴染みの恋・・・

 今日(月曜日)発売の某週刊誌から、永田町で流行っているというジョークを借りました。 「日本には謎の鳥がいる。中国から見るとカモ、アメリカから見るとチンキ、日本の有権者から見るとサギだが、自分はハトだと思っている」。さら … 続きを読む

カテゴリー: 6、気まぐれ未分類 | コメントする

1場所、2餌、3に腕

3月のカレンダーをめくってはや6日目で、「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と古典にある通り、春の気配が地中にも地上にも満ち満ちてくる啓蟄(けいちつ)の日です。と、同時に生物のほとんどが活動的になり餌を … 続きを読む

カテゴリー: 6、気まぐれ未分類 | コメントする

女の視線、男の視線

  冬季オリンピックが終わって、プロ野球のキャンプ情報やオープン戦がテレビ画面にチラホラ登場しています。  大相撲も、一人横綱の大阪場所が14日(日)から始まります。  本場所の初日がいつからか? これは、誰でもカレンダ … 続きを読む

カテゴリー: 6、気まぐれ未分類 | コメントする