謹賀新年 「谷間の灯」-米軍キャンプで歌うー1

  明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。
日本シャンソン館は、1月2日(火)より営業します。
皆様のご来館を心よりお待ちします。
平成30年元旦
日本シャンソン館 館長・羽鳥功二

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

「谷間の灯」ー米軍キャンプで歌う

昭和二十七年(一九五二)三月、私が芸大を出て、短期間に私はいろいろなことに挑戦した。
中学時代、音楽好きの親友だった中野雅夫君(昭和五十五年投) の弟が、ウエスタン・ランプ ラーズという楽団でギターを弾いていることを知り、私は厚木のアメリカ軍キャンプに彼を訪 ねた。当時キャンプで仕事ができることは豊かな生活を保障されるようなものだから、興味が あったのである。
中野喜夫君(雅夫の弟)がバンドマスターに私を紹介してくれた。口髭をたくわえた、一見 こわそうな小父さんだったが、優しい人だった。私は英語で歌える曲はたくさん持っていたが、ウエスタン風にアレンジできそうなのは「谷間の灯」ぐらいのものであったから、一曲やらせ てくれるならこの曲にしようと思っていた。酒を飲みながらガヤガヤ騒いでいるアメリカ兵の 前で歌うのに、それでもなかなかバンマス (バンドマスター)は歌わせてくれなかった。
だが、楽屋で私のオーソドックスな歌い方をもっと崩すようにいろいろと指導してくれたあ と、三日目ぐらいにやっとバンドの前で一曲だけ歌わせてくれた。口笛が鳴ったり、柏手がき たりしたが、柄の悪い兵隊たちの反応は気にしなかった。歌い終わって楽屋でコーラを飲んで いるとき、将校が入ってきて話しかけてきた。バンマスは英語の達者な人だったから、間に立 って私に説明してくれた。「君がキャンプで歌いたいなら、審査を受けるように」とのことで、そのやり方、手続きを教わり、私は言われるとおり、二日ほどたってから再びキャンプを訪れ た。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*