NHK『紅白歌合戦』連続出場-1

1、ポピュラーの世界へ

NHK『紅白歌合戦』連続出場-1

めまぐるしく過ぎた昭和三十年(一九五五)も余すところわずかとなった十二月下旬のある日、前日に決まったらしいNHK 『紅白歌合戦』出演の話がとつぜん舞い込んできた。このころ年末に定着していた、恒例の行事も六回目を迎えており、徐々に人気が出はじめて、視聴率もウナギのぼりになっていた。
紅組・江利チエミさんの白組・対戦者として予定されていた、アメリカ人歌手が急にあちらでの仕事が延びたので日本に戻れなくなり、急きょ私に代わりに出てほしいという話だった。
そのころ人気絶頂だったチエミさんに対抗するのはちょっと気がひけたが、NHKからは丁重なご挨拶をいただいて、曲目は何でもいいからということなので出演することにした。まだシャンソンはレパートリーも少なかったし、紅白で歌うには地味だとも思ったので、進駐軍のキャンプでよく歌っていて、デビュー以前から歌いなれていたラテンの名曲「タブー」を選んだ。
しかし、この曲の強烈なラテンの色は出せず、むしろ静かな哀愁を感じさせるメキシコ民謡になってし、まった。
NHKでは年に一度のお祭り騒ぎということで、クラシックからは 「われらのテナー」藤原義江のほか、長門美保、柴田睦陸、大谷刺子(きよこ)、ジャズ畑から笈田敏夫、ぺギ一葉山、歌謡曲の東海林太郎、小唄勝太郎など、そして江利チエミに対抗して芦野宏が初めて選ばれたわけだから、デビューして日の浅い者にとってはたいへん名誉なことであった。司会は看板アナウンサー宮田輝、高橋圭三のお二人で、トリを取ったのは藤山一郎、二葉あき子であった。
クラシックからのおひと方、柴田睦陸先生は卒業以来ご無沙汰していた芸大の恩師である。
先生は「ラ・タンパルシータ」を完壁なスペイン語で、非の打ちどころのない発声で、タンゴのリズムに来って歌い上げられた。ごった返す楽屋の中で、私は先生にご無沙汰のお詫びを申し上げ、フランスのシャンソンをいま勉強していることを報告した。先生は「芦野君、よかったね。頑張りなさい」と励ましてくださった。
柴田先生は昭和六十三年(一九八八)、私が声楽のレッスンに通った成城のお宅で亡くなられた。私が学生のころ、絨毯の上に仰向けに寝かされ、重い本を腹の上にのせて腹式呼吸のやり方を教わった、そのあたりに先生の棺が置かれていた。私はだれとも話さなかった。胸がつまって声が出なかった。


シャンソン・ブーム -2

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

1、ポピュラーの世界へ

シャンソン・ブーム -2

私はデビュー当時、シャルル・トレネ(作詞作曲家、大歌手) に傾倒し、現在もなお崇拝しているが、イヴェット・ジローと出会ってから、さらにシャンソンに対する認識が深まり広がった。ダミアやエディット・ピアフ (今世紀最高、不世出の大歌手) を知って、シャンソン・レアリスト(現実的シャンソン)の偉大さは認めるが、自分の個性とは違っていることがわかっていたし、ティノ・ロッシ(1小雨降る径」ほか)や「聞かせてよ愛の言葉を」を歌うリユシュンヌ・ボワイエの甘さ、美しさにも魅了されたが、ジローが客に対して理解させようとする、努力を惜しまない、しぶとい芸能人根性は、若かった私の音楽人生に大きな影響を与えた。

私のレパートリーは、そのころから急速に増えはじめている。もともとアンドレ・クラヴォーの1パパと踊ろうよ」やトレネの「カナダ旅行」などを歌っていたが、ジローの「パパはママが好き」や「小さな靴屋さん」は子供たちに歌って聴かせるようなシャンソンだったし、彼女の大ヒット曲「あとさい娘」もおとぎ話の世界である。
シャンソン歌手は自分の個性をいちばん大切にしなければならないが、ジローの歌には温かい人柄がにじんでいて素晴らしいと思う。ジローさんとの交流は、その後もずっと続いて昭和五十七年(一九八二)、私の第一回の日仏親善パリ・コンサートにも来ていただいたが、その翌年ホテル・ムーリスで行った第二回のパリ・うンサートには、彼女が住んでいる南フランスールからピアノ伴奏のご主人マルク・エランさんと、わざわざとんで釆てゲスト出演してくださった。
彼女は親日家、そして勉強家で日本の歌をフランス語に訳して歌うことも試みているが、一緒に地方講演に出掛けたときは、私に似合うシャンソンを選んでくれたりする親切心もあり、私の音楽人生のなかでは恩人の一人だと思っている。平成八年(一九九六)十二月「日本シャンソン館」で彼女の八十歳を記念する引退公演が行われ、全国各地から集まったファンたちは別れを惜しんで感動にむせび泣いた。


シャンソン・ブーム -1

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

1、ポピュラーの世界へ

シャンソン・ブーム -1                         ー

ダミアの来日以来、日本にもシャンソン・ブームがわき起こり、日本人シャンソン歌手も脚光を浴びることになる。民放では、派谷のり子、越路吹雪、高英男、そして芦野宏も仲間入りして、ほとんど毎週シャンソンが歌われるようになった。
そして昭和三十年(一九五五)、イヴェット・ジローが来日して山菜ホールで一日だけのコンサートを開いて、さらにシャンソン・ブームをかき立てた。その少し前、石井さんもパリで活躍しているという噂が広まり、ますますシャンソン熱は高まる一方であった。
(注)
「シャンソン・ブーム到来」 の記事(森田潤)が挙げているシャンソン流行の現状
1 東芝レコードを主とした本場歌手のレコードがすごい売れ行き。
2 ニッポン放送が月・火・水に 『シャンソン・アワー』 『私の選曲』 『パリの街角㌔ ほかに『シャンソン・ド・パリ』(短波)、『パリ・東京ニーユーヨーク』 (ラジオ東京)。そして、各局ともシャンソンが音楽番組の二五~三〇%を占めている。
3 葦原英了のレコード・コンサートが毎週、山菜ホールで新曲解説、毎回満席。
4 日劇、国際劇場がシャンソンをどしどし組み込んで、大盛況。
本文の記述を引用で補うと「……ビショップ節子、中原美紗緒、深緑夏代といった歌手はショー、放送に引っ張りタコで、うれしい悲鳴をあげている。なかでも芦野は五月に五日間連続のリサイタルを開いて気炎をあげるなど……」(東京中日新聞、昭和三十一年七月十四日)。
また、アサヒ芸能新聞(右同日) も、中見出しに「シャンソン・ブーム到来か」として、各樺パリ祭(一一一ページ (注)参照)のほか、都内に「銀巴里」はじめシャンソン喫茶が出はtめたことなどを報じている。(参考・シャン、十字路、ジロー、ラ・セーヌ)


日劇出演と第一回リサイタル-5

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

1、ポピュラーの世界へ

日劇出演と第一回リサイタル-5

日劇出演の間をぬって、私は昭和三十一年四月から五月にかけて、五日間の連続リサイタルを銀座の山菜ホールで行っている。なにかパリのシャンソン小屋を思わせるような、定員五〇〇名程度の小さなホールで歌うことが気に入って、昭和三十二年、三十三年と続けて一週間ずつの連続リサイタルを行った。
(注)
連続五日間の独唱会 新記録めざす 芦野宏(産経時事、昭和三十一年三月十日)
「…‥毎年暮れに越路吹雪が三日間独唱会を催すが、芦野の五日間は新記録。しかもプログラムを三つ用意したという周到さ。『シャンソン・ルンバ・タンゴの夜』という会の名前をつけたように、曲目も「アマポ-ラ」「ジーラジーラ」「花に寄せて」「詩人の魂」「街角」「頭にいっぱい太陽を」「セ・カミニート」「星を夢みて」「ドミノ」「ボレロ」「パリの屋根の下」「ラ・ヴィ・アン・ロ-ズ」「ラ・メール」などのヒットソングに、「ボンボン・キャラメル」などの新曲を含めて約六十曲。……」。ただし、一日の曲数は三〇。
デビュー後二年間に放送などで歌った曲目をプログラムの巻末に「私のレパートリー」として載せて あり、シャンソンの一〇〇曲を筆頭にラテン・タンゴ、コンチネンタル・タンゴ、アメリカの歌、日本の歌など、全部で二〇〇曲ほど。コーラス、トリオ・ヴォラン(高毛礼誠、木村正昭、柳川語)。ピア ノは寺島尚彦、ギター国藤和枝。


日劇出演と第一回リサイタル-4

 

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

1、ポピュラーの世界へ

第一回「リサイタル」といっても、あのときはそれほど身構えたりしなかった。まわりの人からすすめられ、それまで歌ってきたものを改めて発表したというだけにすぎなかった。
構成・野上彰、演奏・ジャック滋野とシャンソン・ラ・ボエーム、酒井富士夫とアングルシア・ギター四重奏団、ほか。
第二回からはほとんどシャンソンが中心となっているが、やがて各種音楽鑑賞団体(労音、音協等)から連続リサイタルを依頼され、一年に二〇〇回以上も「リサイタル」と銘打ったコンサートが続くわけである。その間に、日劇のレヴューショーのなかでシャンソンを歌ったり、ラジオ番組のレギュラーを受け持ったりして、私も大衆という大きな味方を増やしていった。
(注)
昭和二十九年(一九五四)十二月、石井好子歓迎と「シャンソン友の会」発会記念フェスティバル(解説・葦原英了)開催。パリに腰を据えて劇場の長期契約、放送、フェスティバル、コンクール出演などで活躍の石井好子が一時帰国。淡谷のり子、葦原邦子、菅美沙緒、高英男らと共演し、声野宏はシャルル・トレネの1詩人の魂」1リオの春」、それに高木東六作曲の和製シャンソン「プンプンポルカ」を歌った。
                                           昭和三十年(一九五五)に入ると、新年早々また日劇からお声がかかり、石井好子さんの帰国ショー『街に花は咲く』に出演してほしいといわれ、舞台で初めでピアノを弾きながら「コクリコ(小さなひなげしのように)」を石井さんとデュエットで歌い、大好評を博した。大先輩・淡谷のり子さん、高英男さんともご一緒だった。
また、その年の日劇『秋のおどり』にはペギ一葉山さんと共演で一か月の出演。このときは共演者に四歳でデビューの童謡歌手もおり、のちにチャリティ・コンサートなどでも共演したが、今は大学で英語・英文学を講ずる小鳩くるみ(鷲津名都江)さんである。
さらに、その翌三十一年五月『巴里の屋根の下』(「巴里の屋根の下」「アデュー」「小雨降る径」「小さな靴屋さん」を歌い、共演は高英男さん、ビショップ節子さん、中原美紗賭さんら)、三十一年秋『巴里の何処かで』と出演している。


日劇出演と第一回リサイタル-3

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

1、ポピュラーの世界へ

日劇出演と第一回リサイタル-3

大編成の日劇オーケストラを休ませて、舞台の袖に立ってスポット一本で歌った。伴奏はギター一挺(ちょう)だけなので効果は抜群だったらしい。続いて「ラ・メール」はオーケストラ伴奏で華やかに歌い、どちらも万雷の柏手を浴びた。
終戦の年に、山形の霞城館で映画のアトラクションに出たからといって親類から横槍が入ったが、それとまったく同じことを、せっかく大学まで出ながらやっている自分がおかしかった。
しかし、もうだれも止めることはできない。なぜなら幕間の休み時間を利用して、マスコミからのインタヴューの申し込みも多く、全国の新聞や芸能雑誌、ラジオなどで、シャンソン歌手「芦野宏」の誕生を大々的に報じはじめていた。
この昭和二十九年(一九五四)七月の日劇デビューが好評だったせいか、同年九月の十六日から二週間、再び日劇で越路吹雪のシャンソン・ショー『シャンソン・ダムール』に、相手役としての交渉を受け出演し、「ラ・モーナ」「カナダ旅行」「マドロスの唄」「パリは恋の花盛り」を歌った。ほかに共演者は橘かをるさん、ビショップ節子さん、芸大後輩の中原美紗緒さんであった。
その年の十一月一日、第一生命ホールにおいて、記念すべき私の第一回リサイタル(独唱会)が開かれた。プログラムには著名なイラストレーター、長沢節先生の表紙絵・デザイン、東郷青児画伯の扉絵をいただき『芦野宏シャンソン・ルンバ・タンゴの夜』と書かれている。
曲目は「詩人の魂」「マリア・ラオ」「カミニート」など、それぞれのリズム(ジャンル)の代表曲を並べて歌った。たった一日のためか聴衆は長蛇の列をつくるほどの大盛況であった。


日劇出演と第一回リサイタル-2

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

1、ポピュラーの世界へ

日劇出演と第一回リサイタル-2

先生はエコール・ド・パリの画家・藤田嗣治の甥にあたり、慶応の仏文科を卒業後にフランスに留学され、シヤンソン、バレエ、サーカスなどを鑑賞・研究された。フランスに歌手をはじめ多彩な交友をもたれ、それらを『パリの街角』や『午後のシャンソン』など数多くの放送出演、執筆ほかの解説などで紹介・普及に尽くされた。わが国におけるポピュラーな芸能評論の草分けである。直接・間接、先生の教えを受けない日本のシャンソン歌手は一人もいないといっても過言ではあるまい。昭和五十六年に七十四歳で他界された。高橋忠雄先生ご逝去(六十九歳)のひと月後のことだった。
産原先生のシャンソン、オペラ、バレエ、サーカスなどに関する膨大なコレクションは没後、遺族から国立国会図書館に寄贈されているが、私が副会長を務める日本シャンソン協会(会長・石井好子)はその活動が評価され、第一三回産原英了賞(昭和五十七年設立)を受け(平成六年)、館長職にある「日本シャンソン館」(平成七年オープン)にも先生の遺影と著書などが飾ってある。
ところで、日劇の舞台に話を戻すと、「フラメンコ・ド・パリ」のフラメンコ・ギター伴奏は当時ナンバーワンと謳われた酒井富士大先生で、私もモンタンをまねて黒いシャツ姿でステージに立った。フランス語のほうはマスターしていたが、日本語でワンコーラスといわれ、急いで自分自身の訳詞で歌うことになった。

ひとり聞く あのギターの調べ
胸によみがえる ああモナミ、レ・スパニョール
遠いマドリード われはひとりパリの裏町


日劇出演と第一回リサイタル-1

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

1、ポピュラーの世界へ

日劇出演と第一回リサイタル-1                          一

デビューした放送界で活躍し、コンサートにもいくつか出演してきたが、本格的なステージ・デビューとなったのは昭和二十八年(一九五三)八月、ダミアの来日公演で伴奏もされた原孝太郎氏の渡仏記念コンサート(ラジオ東京主催、日比谷公会堂)であり、さらに大きな舞台は、なんといっても翌年七月、日劇『夏のおどり』で一か月の長期出演をしたときである。
(注)
「夏のおどり」などのレヴューが繰り広げられた日本劇場は、有楽町マリオンの敷地にあっあった。映画とレヴューの二本立てになっており、レヴューには歌謡曲のほか、戦後解禁されて花開いたポピュラー音楽、ラテン、タンゴ、ジャズ、シャンソンが織り込まれ、時代を彩る歌と踊りがあふれていた。ジャズ・フェスティバル、ウエスタン・カーニバル、フォーク・フェスティバルなども開催。
昭和五十二年(一九七七)、レヴューが四一年の幕を閉じる。
昭和五十六年、最後のウエスタン・カーニバル開催、日劇ミュージック・ホールも閉幕。
私の出演した季節は、七月の暑い盛りだった。
そんな季節にふさわしい「フラメンコ・ド・パリ」の二曲を一日三回、映画の上映をはさんた。
「フラメンコ・ド・パリ」は、蘆原英了先生が推薦してくださり、歌うことになった曲である。先生には以前から目をかけていただき、いろいろと教えを受けていた。イヴ・モンタンがこの歌を歌っているレコードを聴かせてくださったのは、もちろん蘆原先生である。そのときはモンタンが黒っばいシャツ姿で歌っている写真も見せてくださった。
渋谷・参宮橋にお住まいの先生のお宅で、私に合う曲を何曲も見つけていただいたものだ。


ダミアの来日-2

 幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

1、ポピュラーの世界へ

ダミアの来日-2

左隣におられた杉村春子さんとは、もっとよくお喋りをした。彼女はお弟子さんらしい女性と二人で来られたが、じつは杉村先生のお弟子さんの一人が私のところへ歌の勉強に釆ていたので、親近感があったのかもしれない。ダミアの歌のなかのしぐさが非常に計算されているものであることを、杉村先生がわかりやすく私に教えてくださった。
やがてダミアの登場である。小さな会場で聴くダミアは、また違った、まるで自分のためにだけ歌ってくれるような身近な迫力である。この日はあらかじめ曲目を知って、内容を勉強しておいたので、たいへんよくわかり、新たな感動をおぼえた。シャンソンというものの本質をかいま見たような気がして、まだほんとうに駆け出しのシャンソン歌手である私自身は、語る言葉もないほどに、ただただ感動していたのである。
私がその後たびたび連続リサイタルを行った「山葉(ヤマハ)ホール」は、この銀巴里から目と鼻の先で徒歩一分くらいで行ける。ダミアから受けた感動がまだ余韻としてあとを引いていたから、この会場を選んでしまったのかもしれないと、今ごろになって思っている。


ダミアの来日-1

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

1、ポピュラーの世界へ

ダミアの来日-1

さて、昭和二十八年二九五三)五月三日、私は初めてダミアの舞台を日比谷公会堂で聴くことができた。ちょうど私がラジオでデビューした年だった。産原英了先生からぜひ来るようにとお誘いを受けて二階席の正面に陣取り、初めて聴く本場のシャンソンに出合って感動した。
ダミアは、黒い袖なしのロングドレスに、真紅のスカーフを一本だけ使い、ピアノの前奏でとつぜん下手から現れた。万雷の柏手のなかで彼女はなんの愛想もなく、その赤いスカーフをなびかせながら上手のほうまで小走りに動き、舞台を大きく使って私たちの度肝をぬいた。バックはやはり黒のビロード風のカーテンだったから、いやが上にもダミアだけが引き立ち、彼女の手の動き、哀しげな表情が際立つのである。歌いながら中央に戻ったダミアは心をさらけ出すように歌いだす。シャンソン・レアリスト(現実派歌手)としての面目躍如である。言葉の意味がわからなくても、彼女の訴えている心情が伝わってくる。ダミアは、私が生まれて初めてじかに聴いたフランスのシャンソン歌手であっただけに、その強烈な印象は忘れることができない。
東京公演の翌日、私は銀座にあるシャンソン喫茶「銀巴里」で、ダミアが少人数のために歌ってくれる会に招待された。銀巴里はパリのシャンソン小屋風で数十人しか入れないから、産原先生のおかげで入場することができたようなものである。その夜、私は水谷八重子(先代)さんと、杉村春子さんの間の席でダミアを聴くことになった。私が音楽学校出身のシャンソン歌手の卵であることを知って、八重子さんはその隣に座っていた背のひょろりとした少女を紹介された。「娘の良重恵です。歌の勉強をしていますので、どうぞよろしく」と言われた。まだ十三歳くらいの水谷良重(現・八重子)さんはお行儀よく、ぴょこりとお辞儀をしてまた席についた。


民放各社にもレギュラー番組-6

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

1、ポピュラーの世界へ

民放各社にもレギュラー番組-6

番組は昭和三十二年秋に文化放送へ移るが、引き続きレギュラーとして出演した。初めての体験を生かした「芦野宏のパリ日記」を盛り込んだり、「芦野宏のサロン」を昭和三十三年末まで絞け、その後もゲストとしてたびたび出演して、昭和三十五年秋ごろまで続いた。
(注)
昭和三十一年(一九五六)、四月二日『シャンソン・アワー』(ニッポン放送、毎週月曜日、午後十時半~同50分)始まる。
初期のレギュラーはビショップ節子。初夏と初秋に芦野宏・初連続リサイタル、初渡仏送別リサイタルを放送。
昭和三十二年一月七日から芦野宏がレギュラー、毎回違った顔ぶれのゲストを迎える。
同年十一月、文化放送(毎水曜日、昼十二時~同十五分)に移る。「芦野宏のパリ日記」ほか、「芦野宏のサロン」に多彩なゲストを迎える。
昭和三十四年一月からゲストとして月に数回、年の半ばに再びレギュラーとなる。
昭和35年、ほぼ毎週ゲスト出演。十月二十六日、番組終了。
主な出演者(順不同)深緑夏代、喜多川祐子、高毛礼誠、太田京子、丸山臣吾(美輪明宏)、福本泰子、木村正昭、橘薫(かをる)、字井あきら、高英男、淡谷のり子、河井坊茶、沢庸子、越路吹雪、石井好子、旗照夫、田中朗、士口中圭子、木下清、中島(後藤)年子、安東緑、朝丘雪路、山本四郎、小海智子、島さち子、円山洋子、久木田千鶴子、杉浩、戸川昌子、工藤勉、美和陽子、中原英氏、寄立薫、戸川聡、岸洋子、島崎雪子、伊藤鷹志、中原美紗緒、浜木浩、鈴木昌子。


 民放各社にもレギュラー番組-5

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

1、ポピュラーの世界へ

民放各社にもレギュラー番組-5

「当学院学生寮にご出演いただき感謝いたします。お陰様で、はからずも、私の故国の情緒にひたる ことができて大変感動いたしました。かくも見事に私の国のシャンソンを解釈しえたあなたの技量には、敬服のほかありません。一フランス人として、このように立派に私たちの祖国の芸術を、日本の聴衆に鑑賞させてくださることに対して私はただただ感謝の念にたえません。……」   ジャン・ルキエ(東京日仏学院長)
しかし、ときにちょっと困ったこと(?)も起きた。毎週水曜日の夜八時半から放送されているラジオ東京の『花椿アワー』と文化放送の『モナ・キューバン・タイム』が同じ時間帯で、準レギュラーの私は裏と表の番組で同時に出演する回数が増えてきたことである。新聞のラジオ欄を見ると同時刻に芦野宏の名前が出ているのである。『花椿アワー』は二年近く続いたと思う。
ラジオ東京、文化放送より少し遅れて昭和二十九年 (一九五四)、日比谷に開局したニッポン放送ではシャンソン化粧品がスポンサーの 『シャンソン・アワー』 が始まっていた。レギュラー出演の話がきて、毎週月曜夜十時半から、私のピアノの弾き語りとナレーションで構成する、二〇分の番組である。なにがなんだかわからないほど忙しくなったが、私は相変わらずフランス語の先生について新曲の練習に余念がなかった。この番組では、弾き語りで、「失われた恋」「ラ・セーヌ」「ドミノ」「ミラポー橋」など、秋満義孝さん(ピアノ)の伴奏で、「ラ・メール」「詩人の魂」「ケベックの街にて」「マ・メゾン」「カナダ旅行」「パリ察」「パリの屋根の下」などなど数えきれないが、ポピュラーな曲はほとんど歌ったと思う。

 


民放各社にもレギュラー番組-4

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

1、ポピュラーの世界へ

民放各社にもレギュラー番組-4

「当学院学生寮にご出演いただき感謝いたします。お陰様で、はからずも、私の故国の情緒にひたる ことができて大変感動いたしました。かくも見事に私の国のシャンソンを解釈しえたあなたの技量には、敬服のほかありません。一フランス人として、このように立派に私たちの祖国の芸術を、日本の聴衆に鑑賞させてくださることに対して私はただただ感謝の念にたえません。……」   ジャン・ルキエ(東京日仏学院長)
しかし、ときにちょっと困ったこと(?)も起きた。毎週水曜日の夜八時半から放送されているラジオ東京の『花椿アワー』と文化放送の『モナ・キューバン・タイム』が同じ時間帯で、準レギュラーの私は裏と表の番組で同時に出演する回数が増えてきたことである。新聞のラジオ欄を見ると同時刻に芦野宏の名前が出ているのである。『花椿アワー』は二年近く続いたと思う。
ラジオ東京、文化放送より少し遅れて昭和二十九年 (一九五四)、日比谷に開局したニッポン放送ではシャンソン化粧品がスポンサーの 『シャンソン・アワー』 が始まっていた。レギュラー出演の話がきて、毎週月曜夜十時半から、私のピアノの弾き語りとナレーションで構成する、二〇分の番組である。なにがなんだかわからないほど忙しくなったが、私は相変わらずフランス語の先生について新曲の練習に余念がなかった。この番組では、弾き語りで、「失われた恋」「ラ・セーヌ」「ドミノ」「ミラポー橋」など、秋満義孝さん(ピアノ)の伴奏で、「ラ・メール」「詩人の魂」「ケベックの街にて」「マ・メゾン」「カナダ旅行」「パリ察」「パリの屋根の下」などなど数えきれないが、ポピュラーな曲はほとんど歌ったと思う。


民放各社にもレギュラー番組-3

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

1、ポピュラーの世界へ

民放各社にもレギュラー番組-3

文化放送で毎週水曜日の夜八時半から『モナ・キューバン・タイム』という番組があり、私はラテン・バンド、東京キューバン・ボーイズのリーダー見砂直照(みさこただあき)さんに気に入られて、こちらも準レギュラーのかたちで歌うことになった。アルゼンチン・タンゴではなく、〝中南米のボレロやルンバなどの曲で、私がスペイン語で勉強していた「マリア・ラオ」「タブー」「カント・カラバリ」「アマポーラ」などの曲が次々と電波に乗った。芸大を出てから高橋忠雄先生のところでいただいた珍しい曲ばかりである。これらはすでに勉強ずみの曲だったから一度のリハーサルでほとんど本番の録音がとれた。
ところが、同じころの別な番組で歌うシャンソンのほうはフランス語の勉強を始めたばかりだし、R(エ-ル)の発音や鼻音を上手に使うことに慣れていなかったから、一回でも多く練習
するよう心がけ、苦労は並大抵のものではなかった。こんなふうにして、私はだんだんシャンソン歌手として認められていったのである。
(注)
昭和三十三年(一九五八)春のリサイタルのプログラムには、次のようなメッセージが寄せられた。
「芦野さんはフランス語の発音がなかなかうまい。大阪でフランス人と叫緒に芦野さんのシャンソンを聴いたとき、その彼が『あの人のRの発音はいいですね』といっていた。フランス語では、いろいろ 難しい発音があるなかで、Rは難物中の難物なのである。
芦野さんは、いい発音をするために、人知れぬ苦心をし勉強している。そこがえらいと私は思う。私がやっているフランス語講座の放送でも何度か歌ってもらったが、いつもとはちがい、これは語学放送だからというので、芦野さんはその準備のため、フランス人二人について発音の稽古をした。一人の先 生だと、その人の癖があっていけないから二人にしたのだという。私はその誠実さにつよく打たれた。
芦野さんのみごとなパリの歌のかげに、そんな心づかいの流れていることを書きとめておきたい」
伊吹武彦(仏文学者)


民放各社にもレギュラー番組-2

 

 幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような

1、ポピュラーの世民放各社にもレギュラー番組-2

ディレクターの稲田植樹氏はインテリであり好男子であり、いかにも育ちがよく感じのいい人だったが、新人の私には厳しい注文をされた。新曲の楽譜を渡されて、それを来週歌ってほしいと言われたこともあり、私は池袋にお住まいの橋本正窮先生を訪ねてフランス語の発音と歌詞の正しい訳をお願いした。
橋本先生は、有名な日本画家・橋本開雪のご令息で、パリで育った方である。そのころ週に二回は池袋のアトリエまでレッスンに通った。たとえば1ル・ガレリアン(漕役刑囚の唄)」の譜面をいただくと、まずイヴ・モンタン(一九九一年嘩「枯葉」で有名な大歌手)のレコードを聴きながらカタカナで歌詞にしるしをつけてまねをしてみる。それから自分でピアノをたたきながら納得がいくまで歌い、再び意味を考えながら先生のお宅に伺って歌い、発音を直していただくのだ。

新曲をいただいたら発表するまでに少なくとも一〇〇回は歌ってみる。ちょっとでも疑問があれば池袋までタクシーをとばして、夜中でも先生の前で歌って直してもらう。
このころ、NHKの石川洋之ディレクターは月に一回はデビューした番組『虹のしらべ』に引き続き出演させてくださったが、ほとんどいつも新曲を望まれた。世間に認められている、立派に歌わなければという決意と、あの嫌いな戦争中、好きでもやれなかった勉強ができるという喜びが一つとなり、私は信じられないほどの努力をした。これまでのなかで、この時期ほ ど寝る間も食事する時間も惜しんで勉強したことはない。
まるでなにかにとり憑かれたように、次々と原詩を訳して発音を直してもらいにフランス人の先生を訪ねたりした。福沢諭吉のご子息の嫁にあたる福沢アタロヴィさんには、正しいフランス語で歌うレッスンをたびたび受けに行った。それまでフランス語で歌える曲は一〇曲ほどしかなかったが、またたくうちにレパートリーは増えていった。「君いつの日か」「フランスの日曜日」「わが若かりし頃」「待ちましょう」……。数えたら数百曲に達したが、一部を日本語でという要望も多かったから、訳詞のほうも忙しかった。夜中に薩摩思さんに釆てもらい、二人で考、え、二人で苦しみながら夜を明かしたこともたびたびあった。
ラジオ東京の 『花椿アワー』 では私の熱心さが認められて、準レギュラーのような待遇を受 け、私も仕事と勉強が一段と忙しくなった。


民放各社にもレギュラー番組-1

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

1、ポピュラーの世界へ

民放各社にもレギュラー番組-1

さて昭和二十八年(一九五三) 二月、四月とNHKで歌って以来、方々から歌番組やコンサートの出演依頼がきた。二年前に民間放送が始まっており、各局のゲスト出演ののち初夏のころろから文化放送のゴールデン・タイムで『歌の散歩道』というレギュラー番組をいただいた。
芸大時代、音楽の家庭教師をしていた東郷育児画伯の一人娘、たまみさんが事実上デビューすることになった番組でもある。
これは、今も伝説に残る名ディレクター呉正恭氏 (元・日大芸術学部教授、放送学科主任)が考え出したプログラムで、私に世界各国のポピュラーを歌わせ、まだ十六歳の少女、たまみさんを相手役に起用したのである。東郷たまみさんはこの番組に出てコロムビアから認められ、やがてレコード歌手となった。ステージでも活躍されたが、その後、絵の修業に専心されて歌
はお休みしているようだ。父・画伯の跡を継がれた画業のほうでは、優しい少女像を独特の画風で描くことにより、美術界で重要な位置を占める存在である。
芸大在学中から世界のポピュラー音楽に興味をもち、一人密かに勉強していた甲斐があって、レパートリーには不自由しなかったが、アメリカ編ではフォスターの曲を次々と英語で歌い、好評を得た。「懐かしのヴァージニア」「ケンタッキーのわが家」「スワニー河」「オールド・ブラック∴ンヨー」「夢みる人」、それに早口で歌う「草競馬」や「おおスザンナ」などである。
戦前、私は十代のころから『フォスター歌曲集』を持っていて、自分でピアノを弾きながら歌うことができた。
一つには英語の発音の勉強にもなることだし、応接間にあったピアノを弾いて自分で覚えたのである。父は男の子がピアノをたたくことが嫌いだったから、学校から帰ってから昼間のうちに弾くことにしていた。『歌の散歩道』 はこのようなアメリカの曲に、「アマポーラ」などのラテン、「ラ・メール」「パリの空の下」などのシャンソン、それにタンゴ、カンツォーネとい
った組み合わせで約一年ほど続いた。
昭和二十九年(一九五四)一月からはラジオ東京(現・TBSラジオ)で水曜日、夜の八時半から九時までのゴールデン・アワーに、資生堂がスポンサーの一流番組『花椿アワー』が始まった。シャンソンを主としており歌手は淡谷のり子さんと越路吹雪さんであった。そんなベテランに交じって、私は「バラ色のサクラと白いリンゴの花」「彼は恋心」「くよくよするな」「花祭り」など、数々のシャンソンを歌うことができた。まったく夢のようであった。


NHKラジオ・デビュー・6

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ
1、ポピュラーの世界へ

NHKラジオ・デビュー・6

原孝太郎渡仏記念コンサートで歌ったのも、シャルル・トレネ作「カナダ旅行」と「ラ・メール」であり、昭和二十九年(一九五四)、初めての大舞台・日劇恒例『夏のおどり』でも「フラメンコ・ド・パリ」とともに「ラ・メール」を歌った。さらにウエストミンスター.レコードでポピュラー界では日本人として初めて1Pレコードに吹き込んだもののメインもそれであり、昭和三十一年(一九五六)、初めての渡仏で実現したパリ・オランピア劇場での特別ゲスト出演でも「ラ・メール」を歌った。
その後も何度かパリで歌っているが、平成二年〈-九九〇)の九月にパラディ・ラタンの舞台で歌う前日、パリ市庁舎でシラク市長(当時)からヴュルメイユ勲章を授与されたとき、シラク氏のメッセージのなかに1一九五六年に初めてパリを訪れた芦野宏が『ラ・メール』を歌つて以来、数々のシャンソンを歌って日仏の交流を深めた」という一節があったから、やはり四〇年前のパリのステージ・デビューはいつまでも忘れられないし、忘れてはいけない。
余談だが、私が『虻のしらべ』で歌手デビューする当日、新聞のラジオ番組欄には「歌・芦野宏」と予告されていてびっくりした。私の本名は芦野広で、宏ではない。不審に思い、高橋忠雄先生に確かめたら、なんと先生が漢字を間違えてNHKに登録したとのこと。それにしても、名前が違えば自分でないような感じがして、初めは違和感があった。マスコミでは一部、本名で記されることもあったが、見慣れてくると宏のほうが本名よりやわらかくて芸名らしくよいように思えてきたので、私も意識して「宏」が定着し、それ以来ずっと「芦野宏」を芸名として使っており、こちらのほうが好きになっている。
(注)
ここで、放送の開始、開局などを略記しておく。
《ラジオ》
大正十四年(一九二五)、NHK(愛宕山)、昭和十四年 (内幸町)、昭和四十八年 (渋谷)。
昭和二十六年(一九五一)、中部日本、毎日、朝日、ラジオ東京など。
昭和二十七年、文化放送、ラジオ神戸。八月、NHKラジオ受信契約数一〇〇〇万突破。
昭和二十九年、ニッポン放送。
昭和三十二年、NHKFM。
《テレビ》
昭和二十八年(一九五三)、二月一日、日本テレビ(午前十一時二十分)、NHK(午後二時)。
この日のNHK夜十時のラジオ番組で芦野宏がデビュー。
昭和三十年、TBS。
昭和三十四年、NET(現二丁レビ朝日)(二月)、フジテレビ(三月)。
昭和三十九年(一九六四)、東京にチャンネル(現)テレビ東京。


NHKラジオ・デビュー5

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ
1、ポピュラーの世界へ

NHKラジオ・デビュー5

(注)
薩摩次郎八をモデルにした小説は御子丈六『但馬太郎治伝』、瀬戸内晴美(寂聴)『行きてかえらぬ』など、戯曲は有吉佐和子『日本人万歳!日本シャンソン小史》
昭和二年(元一石)、岸田辰弥作・演出の宝塚レヴュー『モン・パリ』で初めてシャンソンが取り入れられた。歌・奈良美也子、花組。日本シャンソン史上、記念すべきもの。
昭和五年、白井鉄造作・演出の宝塚レヴュー『パリゼット』で1すみれの咲く頃」が歌われる(天津乙女、月組)。
昭和六年、映画『巴里の屋根の下』本邦公開。田谷力三、レコード発売。
昭和八年、映画『巴里祭』本邦封切。
レコード・西百合江。佐藤美子「パリ流行歌の夕べ」(日本初のシャンソン・コンサート)開催。
昭和十一年、「暗い日曜日L淡谷のり子、十三年「人の気も知らないで」小林千代子。
レヴュー、レコード(と〈に輸入盤「シャンソン・ド・パリ」)などに放送も加わって、シャンソンがわが国に広まる。
そのシャンソン熟も日中・太平洋戦争中は敵性音楽として冷却を強いられる。
昭和二十年、敗戦。三十一年「もはや戦後ではない」(経済白書)。
昭和三十二年(一九五七)、このころ日本のシャンソン・ブーム璽同湖。芦野宏は音楽の室仙『シャンソン読本』の企画により、薩摩次郎八、佐藤美子と「シャンソンよもやま放談」。佐藤さんはフランス人を母親にもつ声楽家、のちに横浜市教育委員もされた方。それに新進シャンソン歌手として芦野が、鼎談の一人に抜擢。
薩摩さんと意気投合したのは、山田耕作先生と同じように日本語はイントネーション、音の上がり下がりによって意味が違ってくるので、そのことをいちばん大切にしていることであった。私も若かったし、彼も若い。二人は夜遅くまで、私の市ヶ谷の応接間でともに考え、ピアノをたたきながら、より良い歌詞を探し求めて苦労した。
たとえば1ラ・メール」の場合、最初の「海」という歌い出しは「う」が低く「吾が三度高い。これだと「膿(うみ)」というふうに聞こえて、海のイメージがこわれてしまう。だから「うみ」にはしたくないので、そのまま原語を生かし、次の原詩「コン・ヴォワ・ダンセ」に続くために原語に近い音感、そして喋り言葉になる「こころをゆする調べ」としている。
言葉が泉のごとくわき出る才能、しかも彼の作品はいずれも耽美的な優雅さがどこかにあって、花のパリで銀の乗用車を調達し、美しい奥様を乗せて万雷の柏手を浴びたという伝説の人、薩摩次郎八氏に近い感性を感じさせられることがしばしばあった。ともに苦しみながら仕上げた作品は数限りないが、とくにヒットしたものは、「風船売り」「パパと踊ろうよ」「メケ・メケ」「枯葉」「小雨降る径」「ラ・メール」「花祭り」「幸福を売る男」「カナダ旅行」「私の心はヴァイオリン」などなど、数えきれない。
そのなかで「ラ・メール」は正真正銘、私のNHKシャンソン・デビュー曲であり、この訳詞で歌うことも多く、いろいろな意味での転機に重要な位置を占めることになった曲である。


NHKラジオ・デビュー4

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ
1、ポピュラーの世界へ

NHKラジオ・デビュー4

(注)
『虹のしらべ』NHKラジオ第二放送、毎週、日曜午後十時~同三十分、放送開始は昭和二十七年(一九五二)十一月十六日。欧州と中南米の軽音楽を楽団演奏と歌で紹介。アルゼンチン音楽、ラテン音楽、シャンソン、コンチネンタル・タンゴ、スペイン音楽、ロシア民謡などの特集が組まれた。主な出演歌手は、淡谷のり子、高英男、芦野宏、ビショップ節子、中原美紗緒、クラシックの柴田睦陸、礁過大勲
(牧博)、中村浩子ほか。
昭和二十八年度のNHK年鑑には「特にシャンソンの芦野宏氏、アルゼンチンタンゴの牧博氏の進出
をみたことは注目される」と記されている。
芦野宏は三年間にラテン・タンゴで四回、シャンソンで一五回出演、それぞれ七曲、三五曲歌う。二
回のシャルル・トレネ特集に出、一人で各回全曲(甲五曲)を受け持つ。「新人としては異例の扱い
だった」とは、担当ディレクター石川洋之氏の述懐である。
同番組は何度か曜日と時間帯が変わり、のちに第一放送に移り、三十一年三月、好評裏に終了。
(日本放送協会放送史編集室『NHK確定番組』およびNHK年鑑より)
あとで出演することになる日劇はもちろんのこと、放送局などからも原語だけでなく、一部は日本語でという注文が出るようになってきた。私は薩摩思さんと何度も会って、「ラ・メール」をはじめたくさんのシャンソンの訳詞に取り組むようになる。薩摩さんはのちに室生犀星賞をはじめ、数々の受賞に輝く詩人であるが、あのころはまだ慶応義塾大学仏文税を出たばかりの青年であった。
薩摩次郎八氏といえば、日至の木綿問屋といわれた豪商の三代計であるが、小説や戯曲のモデルにもなった方で、フランス留学生のためにパリ大学国際都市に日本館を寄付し、藤田嗣治画伯のパトロンでもあり、バロン・サツマとして滞欧中のけた外れな豪遊や帰国後の質素で粋な生活ぶりなど、逸話は枚挙にいとまがない方である。
薩摩思さんは次郎八氏の従弟のご子息で、ご尊父は宝塚の演出家・白井鉄道氏の親友だったという。私は昭和二十八年十二月六日、日仏文化協定記念シャンソンの夕べで共演した橘かをる(薫〉さん(宝塚『モン・パリ』再演で初舞台、シャンソン歌手〉に紹介されて彼とお付き合いするようになった。


NHKラジオ・デビュー 3

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ
1、ポピュラーの世界へ

NHKラジオ・デビュー 3

冒頭に記したように、私は当時ポピュラー・ミュージックの熱心なファンが愛聴していた、NHKラジオ夜の看板番組でデビューを果たしたのであった。
テレビはNHKが私のラジオ・デビューと同じ年月日に東京エリアで本放送を開始しているが、受像機がゆきわたるのはまだまだ先のことだった。『虻のしらべ』 は聴取率も高く、たちまち「初めて聴く声です。この人をもう一度」というリクエストの葉書が何通かNHKに舞い込んだという。多くの人の要望によりデビューから二か月後、四月五日に私は再出潰することになった。
その後、民放各社でシャンソン熱が高まり、私はたちまちシャンソン界の新人として扱われるようになった。
NHK「虹のしらべ」でも「ラ・メール」「詩人の魂」を北村維章指揮、NHKシンフォニック・タンゴオーケストラの伴奏で詠うことになり、一躍シャンソン歌手としての地位を築くことになるのである。
「ラ・メール」は作詞作曲者シャルル.トレネが歌って戦後、世界的に大ヒットした彼の代表作の一つで、同じトレネ作の1詩人の魂」とともにフランス語で歌い通した。当時は、男性でシャンソンを歌っている人は、高英男さんだけであった。すでに大スターであった高さんのあとに続く新人として、世間が私にシャンソンを歌わせたかったのかもしれない。
リクエストによって放送局から曲の相談を受けたが、このあと『虹のしらべ』で「小雨降る径」「待ちましよう」を歌ったときは、淡谷のり子さんから電話があって、1よかったわよ、フランス語がよかった」と、あまりほめてもらえない先生から励まされたのは、とても嬉しかった。


NHKラジオ・デビュー 2

幸福を売る男

芦野 宏

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ
1、ポピュラーの世界へ

NHKラジオ・デビュー 2

音楽学校で教わったクラシックはほとんどイタリア語が多く、ドイツ語と英語も少しわかっていたので、スペイン語の歌は比較的楽に覚えられ、とても楽しかった。卒業後、高校で音楽の教師をしながら個人レッスンでも音楽の基礎やピアノを教えていたが、その合間をぬって週に一度、代々木の高橋邸でレッスンを受けることは待ち遠しかった。
昭和二十七年の秋も深まったころ、先生が推薦してくださり、今でもNHK出演の開門として厳しい審査を経たあと、レパートリーでいちばん合いそうな歌を選んでくださった。それがタンゴの名曲「ひとしずくの涙」と、本邦初演となる新曲「カント・インディオ」 であった。
このラテン・ナンバーは美しいボレロの曲で、ティノ・ロッシ(魅惑的な歌声のシャンソン歌手)が歌ったらぴったりと思われるほど甘いメロディーである。
この二曲をはじめ、ラテン、タンゴはデビュー後しばらくは歌いなれた原語だけで通していたが、あるときスペイン語だけでは外国人が歌っているのと変わらないので、一部日本語を入れてほしいという要望があった。すでに訳詞のある曲がけっこうあったので、のちにはスペイン語と半々でも歌うようになった次第。だが日本語だと、どこかしっくりこないものがある。
たとえば自分で訳を書いて歌ってみた 「ひとしずくの涙」の一節はこうである。「夢さめやらぬわが胸 今もなお燃えつつ。ゆめ忘れずひとしずくの涙 心に残して」。何度も自宅でピアノを弾きながら歌ってみたが、どうもアルゼンチン・タンゴのあの歯切れのよさが表現できず、よその国の歌になってしまう。どうしても気に入らない。のちにアルゼンチンでも活躍された藤沢嵐子さん(芸大先輩、歌謡曲、シャンソンからタンゴ歌手)とお話しする機会があったとき、彼女もほとんどスペイン語で歌っているのは、私と同じ理由からだということがわかった。しかし、あれ以来、訳詞と半々のこともあり、また原語だけで通すこともある。

 


NHKラジオ・デビュー 1

Ⅱ 夢のような歌ひとすじ

芦野 宏

1、ポピュラーの世界へ

NHKラジオ・デビュー

東京芸術大学声楽科を卒業して間もなく一年目という昭和二十八年(一九五三)二月一日、NHKラジオ『虻のしらべ』への出演が実現した。私の歌声が電波に乗り全回に流れて、新しい人生の船出となったのである。
その番組では、甘いボレロの「カント・インディオ(インディオの歌)」と、アルゼンチン・タンゴの名曲「ひとしずくの涙」をともにスペイン語で歌った。この二曲はいわば全国の皆さんに聞いていただいた記念すべき最初の曲である。
私がスペイン語で歌われるカンシオン(歌)に惹かれたのは、前にもふれたように、ちょうど芸大の卒業試験が近づいたころで、進駐軍放送で歌われていた歯切れのいいアルゼンチン・タンゴに出合ったからである。卒業はしたけれど、自分の進むべき道が見えなくて試行錯誤を繰り返しているとき、高橋忠雄先生と出会った。
高橋先生は初代三越社長の御曹司で、戦前、欧州・南米を旅行し、アルゼンチンには長く滞在されて、スペイン語が堪能、タンゴに精通され、ご自分でもピアノを弾いたり、バンドネオンを演奏しておられた。代々木の庸酒なお宅で、生徒に教えておられるという噂を聞いて門をたたいた。きれいな奥様はダンスがお得意で、三歳くらいのかわ.いらしいお嬢さんがおられたが、のちにお嬢さんはモデルとして活躍され、若くして結婚された。  。
先生はラテンとタンゴとダンスを研究され、NHK『夕べの音楽』『リズム・アワー』などの放送の番組や舞台の構成・演出、解説、それに編曲・指揮など中南米音楽の紹介と普及に八面六腎の活躍をされた。「原孝太郎と東京六重奏団」と双壁をなすオルケスタ・ティピカ東京(早川真平指揮)の基礎も作っておられる方でもあった。
私は週一回、先生のお宅でたくさんの歌を教えていただいた。「カミニート」「ジーラ・ジーラ」「グラナダ」「ポジエーラ (牧人)」「うそつき女」「サンフアン娘」「神の心」「マリア・ラオ」など。先生は惜しげもなくアルゼンチンの原語を私にくださり、レパートリーはたちまち一〇〇曲を超えるほどになっていた。


楽しかった教師時代-2

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

楽しかった教師時代-2

国府台女子学院の高等部では、教科書を使った授業を前半にやり、残った時間には自分の弾き語りで世界各国の曲を歌って聴かせた。これは自分自身の勉強にもなるから歌っていたのだが、生徒たちは大喜びだった。
「音楽はもともと自然に発生したものです。快い音をつづり、人々の心を和ませ、励まし、高揚させ、しだいに素晴らしい芸術にまで昇華しました。だから皆さんは改まって難しい音楽に取り組むという考えを捨ててください。いきなり難しいピアノ曲を弾きなさいとは、だれも言いません。音楽っていいなあと思う心が音楽を勉強する第一歩なのです。だから皆さんも先生の歌、聴いて好きになってください」
なんだか自分でも訳のわかったような、わからないようなことを言って、自分が授業中に歌うことを正当化しょうとした。また、一人ひとり歌わせるテストの時間には、教科書の楽譜を中心として、自分のいちばん歌いやすい音域に下げて歌わせることにしていた。これが私の提案する自然の発声、無理のない声をつくる第一歩だった。生徒たちはみんな音楽の時間を楽し
みにしてくれるようになり、しかつめらしい授業からは程遠いユニークなやり方に従ってくれた。
奉職してから新しい春を迎えて、卒業生を送る食事会のとき、私の隣のテーブルについた品のよい英語講師の松原先生が、「私、松原緑の母なんです」と名乗られた。芸大ピアノ科で私より一年下の緑さんは評判の美人で、学生たちの憧れの才女だったが、私の友人である大賀典推さんと結ばれ、現在はソニーの会長夫人であり、お母様同様、主婦であってもピアノの演奏活動を続けておられる、若々しい奥様である。
学期末の試験が終わったころ、この学期をもって学校を退職することを発表した。多感な高校生たちのなかには泣きだす生徒もいて、別れがつらかった。この一年間、高校教師は初めての経験だったが、生徒たちに自分流の発声法を教えた。試験の採点は全般的に甘かったが、音楽が好きでない生徒にもやる気を起こさせる効用があったと思う。逆に音楽が得意な生徒には、慢心を抑えるため少し厳しい点をつけた。
神田神保町の一橋中の生徒たちは、それほど別れを惜しんでくれるふうでもなかったので気が楽だった。こうして学校教師の仕事をやめた私は、今や歌による収入だけで生活しなければならなくなってきた。ちょうど一年間奉職した国府台女子学院には、私のいろいろな思い出がいっぱい詰まっていて、今でも昔の生徒が訪ねてくると嬉しくて仕方がない。

 


楽しかった教師時代-1

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

楽しかった教師時代-1

昭和二十七年、卒業して今後の方向を模索し、生活のためにあたふたと過ごしているうち声の調子も戻ってきたころ、芸大教務課の金子さんから電話がかかってきた。
「城多教授からのお願いなんですが、市川の国府台女子学院中・高等部で講師の先生を探しているので……」ということであった。吹き込み所通いばかりしていたので、経済的にも因ってきたころであった。
素直に教務課の指示に従った。ここで一年間、教師としての経験を積むが、甘い青春の思い出がいっぱい詰まっている、この教員生活は忘れ得ぬ青春の一ページである。
しかし、定職とはいっても講師なので月給は六〇〇〇円ほどであり、学生時代から教えていた個人レッスンもやめるわけにはいかない。日曜日に十数人教えて一万円になったが、自分のピアノがなかったので、借り代として三〇〇〇円を支払っていた。
そんなわけで、月曜から水曜までを国府台女子学院で、木曜から土曜までをもう一校、神田神保町の一橋中学校で教えなければならず、文字どおり一日の休みもなく働いたが、わずかな隙間をぬって自分の勉強をする時間を探すことも忘れなかった。
なにかにとり憑(つ)かれたようになっていた私は、学校への通勤の往復も自分の楽譜を離さなかったし、夜は十二時過ぎまでレコードを聴いて研究した。どんなに忙しくても、仕事と仕事の間のちょっとした短い時間でも、いつも頭の中に発声と発音のことがいっぱいに詰まっていて、食事中にも心の中で歌っていた。
卒業してからずっと、私は自分自身の声を求めて四六時中、模索し続けてきた。ところが在学中から家で敢えていた自分の弟子たちが、思いもかけず、芸大や私大の声楽科に次々とパスして、個人教授としての評価が高まり、入門志願者はあとを絶たないほどになってきたので、このままでは教師としての時間に押し流されるのではないかと危ぶまれた。


レコード会社オーディション-3

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

レコード会社オーディション-3

あとで開いた話だが、私の前に歌った少女は江刺チエミさんで、そのあと別のレコード会社のテストを受けたところ一度で気に入られ、初吹き込みの 「テネシー・ワルツ」と 「カモンナ・マイ・ハウス」 が大ヒットして、いちやく大スターにのし上がったそうである。チエミさんとは、第六回NHK『紅白歌合戦』に初出場したとき、彼女の相手役に私が選ばれ、その後も地方公演やNHKクイズ番組などでたびたびご一緒したが、あのときのオーディションで私が彼女の次に受けたことは知らない様子だったから、こちらも黙っていた。
淡谷さんのお骨折りにもかかわらず、レコード・オーディションは実らなかったが、放送などでのデビューのあと、北村維章と東京シンフォニック・タンゴオーケストラの伴葵により、渋谷道玄坂の映画館のアトラクションで淡谷さんのヒット曲である十小雨降る径」と「パリの
屋根の下」を歌うことになった。むかし山形の霞城館で毎日三回歌ったことをありありと思い出して多少抵抗があったものの、北村先生はNHKラジオ『虻のしらべ』で初めてのシャンソン「ラ・メール」「詩人の魂」を歌ったときに伴奏をしてくださった方であり、お断りするこ
ともできず出演することにした。
続いて大阪・産経会館に出演する話がきたので、受けることにした。慣れない映画館のほこりを吸ったせいか、風邪をひいて熱を出し、頭に水嚢(ひょうのう)をのせて寝ているところを淡谷のり子さんに見つかった。舞台では元気よく歌っていたのでだれも気がつかなかったのに、淡谷さんは楽屋を訪ねてきたのである。そして意外なことに、冷たい言葉を浴びせられ、思わず起き上がった。「芸能人は風邪なんかひいちゃだめよ。甘ったれんじゃないわよ」。このひと言はこたぇた。なんと意地の悪い女だろうと思った。しかし、この言葉の重さがしだいに、痛いほどわかってきたのは、大分たってからである。
昭和三十年(一九五五〉の年の暮れに、初めてNHK『紅白歌合戦』に抜擢されて以来、私のスケジュールは超過密になり、半年も前からの予約でいっぱいになっていた。風邪をひこうが熱があろうが、出演を断ればどれほどの人が迷惑をこうむるかよくわかってきたからである。
のちにフランスで聞いた話だが、パリのオペラ・コミック座に出ていたソプラノ歌子砂原美智子さんがオペラ『マダム・バタフライ』 の公演中に倒れたとき、予想外の違約金を請求されたとのこと、日本の興行はまだまだ人情がらみで甘いということである。
さて、大阪で淡谷のり子さんに叱られたことは、今でも身に弛みて、あれ以来、私は健康に気をつかい、少しでもおかしいと思えば、早めに処置をするようにしている。結局、病気によって人に迷惑をかける以上に、いちばん苦しんで損をするのは自分自身だということが、長い
芸能生活のなかで痛いほどわかってきたからである。シャンソンを歌える喜びとは裏腹に、歌う苦しみは常についてまわるものであるが、自分一人の仕事でないという責任感と意地が、いつの間にか自分自身をむち打って、自分が少しずつ変わっていくのがよくわかってきた。


レコード会社オーディション-2

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

レコード会社オーディション-2

ところが、喋りだすと淡谷さんは、とたんにお国なまりの言葉になり、気のおけない田舎の小母さんみたいな親しみをおぼえる。1あなた、シャンソンやりなさい」。これが淡谷さんの第一声だった。なぜですかと恐る恐る尋ねてみると、1あなたの喋り声聴いてわかるのよ。シャンソンやりなさい」というのである。1オーディション受けてレコード出しなさい。わたし言っておくから」。忙しい人だから決断も行動も早い。さっそく妹さんを呼んでコロムビアとビクターに電話をかけさせ、ディレクターと話をして、日取りを決めてくださった。「なんでもいいから声出して歌ってみればいいのよ。でも日本の歌、一曲入れなきやだめよ」と言われた。
そこで思いついたのが「雨に咲く花」だったのである。
帰りぎわに、私が手をつけなかった高価な栗納豆を包んでくださり、感謝と感激で胸がいっぱいになった。帰ってから、それを仏壇に供え、母と二人で一個ずつ味わいながらいただいた。
そんな贅沢な砂糖菓子は、絶えて久しく口にしたことがなかったのである。
レコード会社のオーディションは、簡単にすんだ。「ハイどうぞ」と言われてマイクの前に立ち、モニター室でディレクターが聴いてテープに収め、後日連絡します、というだけだった。
二日おいてから、もう一つのレコード会社のオーディションに行った。スタジオで小柄な少女が大声で二曲歌っていた。父親らしい人と一緒だったが、やはりテープに収められてすぐ帰っていった。ディレクターは淡谷さんのとくに親しい人だったが、私はマイクの前で一曲はフォ
スターの歌曲を、もう一曲は「雨に咲く花」を歌い、テープに収録されてすぐ帰った。
米軍キャンプのオーディションは、翌日すぐ返事があってスペシャルランクをもらっていたし、淡谷さんは「あなたの一声聴けばわかるわよ」と、いとも簡単に請け合ってくれていた。
しかし、一週間たっても一か月たってもなんの音沙汰もなく、ちょっとした慢心はあったものの、私は再び淡谷さんを訪ねる勇気もなく、いつの間にか諦めて、高橋忠雄先生のラテン、タンゴのレッスンに精を出していた。


レコード会社オーディション-1

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

レコード会社オーディション-1

「雨に咲く花」

詞 高橋掬太郎
曲 池田不二男

およばぬことと 諦めました
だけど恋しい あの人よ
儘になるなら いま一度
ひと目だけでも 逢いたいの

今日まで何度かリバイバルされ、歌われている古い流行歌である。声楽家の開種子さんが歌ってヒットした曲だった。
私は卒業演奏会を終わってから、いっさいクラシックから離れて世界のポピュラーをめざしていた。しかし、レコード会社のオーディションを受けるのに、一曲は日本の歌ということになると、この歌しか歌えないと思った。
じつは、私がアメリカ軍の将校クラブで歌えるようになったきっかけを作ったのは、ウエスタン・ランプラーズでの飛び入り出演からであった。ところが、そこでピアノを弾いていた女性が淡谷とし子さんといって、有名な淡谷のり子さんの実妹であった。楽屋でお話ししている
うちに、ぜひ姉のところへいらっしやい。姉もクラシック出身だし、きっとレコード会社を紹介してくれると思う、というのである。
当時、淡谷さんといえば多忙なスター歌手であったから、妹さんを通してやっとコンタクトをとっていただいた。昭和二十七年(一九五二) の春、陽気のよい日だった。洗足池の駅から歩いて程近いところに立派な門構えの邸宅があり、門標に 「淡谷」と書いてあった。玄関にお手伝いの若い女性が現れ、応接間に通されたが、なかなかお金いするこ.とができず、一時間ほど待たされたろうか。
とし子さんが現れて、姉は今お風呂に入っています。もう少し待ってね、といって当時では
珍しく贅沢な、菜の甘納豆を出してくださった。戦後、世の中の窮状がまだおさまっていない時代だったから、淡谷さんの生活ぶりはなにもかもとても贅沢に見えた。
さらに一時間ほど待たされたろうか。隣の襖(ふすま)があいて座敷に通されると、淡谷のり子さんが和服で現れたのである。白いきれいな肌がピカピカ光っていたことを覚えている。口紅は深紅でー○本の指をそろえて畳に手をつき、ひどくていねいなお辞儀をされてびっくりした。白い指の一本一本に唇と同じ深紅のマニキュアが施されていたのが目に焼きつくほど強烈だった。
私は動転して口もきけず、ただただ深く頭せ下げて自分の名前を告げるのがやっとだった。


幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

「谷間の灯」ー米軍キャンプで歌う-2

オーディションでは、「タブー」をスペイン語で、フォスターの1夢みる人」を英語で歌ったのだが、翌日バンマスから電話があって、スペシャルクラスがとれたということであった。
ランクはA・B・Cに分かれているそうだが、スペシャルは特別ランクでギャラも高いということである。
当時、私は生活のために個人教授の生徒を二〇人もとっていたので、いくらギャラのよい仕事がきてもスケジュールの合わない場合が多かった。それでも夏休みの間に、三回
ほどキャンプで仕事をした。
今度はウエスタンの伴奏ではなく、ピアノ、ギター、ドラム、ベース、それにヴァイオリンが一本という変わった編成で、将校クラブのサロンで歌わせてもらった。
ウエスタン・ランプラーズのときとは違って、将校たちは夫人同伴で静かに聴いてくれ、終わってからの柏手も日
本人とは違って大きかった。ほとんどが夜の仕事で、高収入だったが、母と二人の生活を維持するためには、月々の定収入が必要だった。


謹賀新年 「谷間の灯」-米軍キャンプで歌うー1

  明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。
日本シャンソン館は、1月2日(火)より営業します。
皆様のご来館を心よりお待ちします。
平成30年元旦
日本シャンソン館 館長・羽鳥功二

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

「谷間の灯」ー米軍キャンプで歌う

昭和二十七年(一九五二)三月、私が芸大を出て、短期間に私はいろいろなことに挑戦した。
中学時代、音楽好きの親友だった中野雅夫君(昭和五十五年投) の弟が、ウエスタン・ランプ ラーズという楽団でギターを弾いていることを知り、私は厚木のアメリカ軍キャンプに彼を訪 ねた。当時キャンプで仕事ができることは豊かな生活を保障されるようなものだから、興味が あったのである。
中野喜夫君(雅夫の弟)がバンドマスターに私を紹介してくれた。口髭をたくわえた、一見 こわそうな小父さんだったが、優しい人だった。私は英語で歌える曲はたくさん持っていたが、ウエスタン風にアレンジできそうなのは「谷間の灯」ぐらいのものであったから、一曲やらせ てくれるならこの曲にしようと思っていた。酒を飲みながらガヤガヤ騒いでいるアメリカ兵の 前で歌うのに、それでもなかなかバンマス (バンドマスター)は歌わせてくれなかった。
だが、楽屋で私のオーソドックスな歌い方をもっと崩すようにいろいろと指導してくれたあ と、三日目ぐらいにやっとバンドの前で一曲だけ歌わせてくれた。口笛が鳴ったり、柏手がき たりしたが、柄の悪い兵隊たちの反応は気にしなかった。歌い終わって楽屋でコーラを飲んで いるとき、将校が入ってきて話しかけてきた。バンマスは英語の達者な人だったから、間に立 って私に説明してくれた。「君がキャンプで歌いたいなら、審査を受けるように」とのことで、そのやり方、手続きを教わり、私は言われるとおり、二日ほどたってから再びキャンプを訪れ た。


卒業前後-4

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

卒業前後-4

卒業演奏会でのクラシックへの密かな決別の決心以来、1さあ、これで今までの発声法をくつがえし、もう一度ゼロからやり直すんだ」と決意していた。
卒業してからも私は前より頻繁に以前から馴染みの銀座のピアノ店にある吹き込み所に通って自分の歌を吹き込み、家に持ち
帰って聴いて、自分流の発声を研究した。それは自分の欠点を正直に教えるので、何度も絶望の淵に立たされたが、希望を捨てずに挑戦し続けた。四年間、芸大で勉強した発声法を根本からやり直し、自分の理想である喋り声を基本にした唱法に変えることは並大抵のことではなか
った。
自費録音による勉強は費用も相当かかり、新たに始めた週一度の高橋忠雄先生のレッスン代もばかにならなかったが、私は弱音を吐かなかった。その分しっかり働けばよいと思ったからだ。当時、吹き込んだSPレコードは今も手元にあり、「アヴエ・マリア」1花に寄せて」1ジ
ーラ.ジーラ」「三日月娘」など、音質はともかく機械さえあれば今でも聴くことができる。
いま思うと、あの歌えない六か月の試練の日々があったからこそ、シャンソン歌手・芦野宏が生まれたといっても間違いではなかろう。


卒業前後ー3

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

卒業前後-3

四年前の春とは違って、その年は桜の美しさも目に入らないくらい、自分の身辺が逼迫していた。友人たちはそれぞれの道を歩みはじめ、故郷に錦を飾って音楽教師になったり、芸大に
残って研究科に進む者もいたが、私はただ一人自分だけの道を探し求めて歩きはじめた。自ら志願して茨の道を選び、危険な戦場に向かって行くような悲壮な気持ちであった。苦労は覚悟のうえだったが、母と二人で生きていくためには収入のことも考えなければならない。これか
ら先の不安が大きく目の前に広がってきたが、やむにやまれぬ思いは制止することもできず、明日になれば必ずよくなると、明るい希望を捨てずに毎日を頑張るよりほかに道はなかった。
幼いころ、母がよく話してくれた。「みんな同じように勉強していても、毎日わずかでもより多く努力をすれば違いが出てくる。だからちょっとした時間でも利用して勉強しなさい」。
母は小学校の教師をしながら、父を大学にやり子供を育てた人である。母の言葉には真実の重みがあり、私はしっかりと胸に刻み込んでいた。それに私は上田蚕糸専門学校を勝手に退学し、好きな道を選んで音楽を志し、念願どおり卒業できた身である。ここで挫折したらどうなるか、自分でいちばんよく知っていたから、だれにもこぼさずに頑張った。
あれからあっという間に暗が過ぎて、平成二年二九九〇)秋の叙勲で紫綬褒立号をいただくことになり、宮中に参内して天皇陛下からお言葉をいただいたとき、私は芸大の奏楽堂で私の歌を聴いてくださった若き日の陛下の面影をありありと思い出し、四○年の歳月が走馬灯のよ
うに脳裏をかけめぐるのであった。


卒業前後-2

 幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

卒業前後-2

卒業試験の曲目は、柴田睦陸先生と相談の結果、イタリアの古典歌曲「イ・バストリ(羊飼い)」を歌うことになった。静かな美しい曲で、南ヨーロッパの風景が目に浮かんでくるような名曲であったが、そのころはもう半年も歌っていない。私は毎日その曲を練習しながら良い
成績で卒業できることを願っていた。
しかし結果は、なにか十分納得できる出来栄えではなかった。案の定、首席は女性で、四家文子門下の柴玲子さんであった。彼女は翌年、音楽コンクール(毎日新聞社・NHK主催。昭和五十七年、日本音楽コンクールと改称)で優勝された。無理のないことである。在学中、アルバイトに追われて十分な勉強もできなかった身である。今は音声障害を乗り越えることができただけでもありがたいことである。ただ、あれほど親身になって指導してくださった柴田先生に申し訳ないと思っていた。入学のとき、あんなに将来を嘱望されていた私は、負け犬みたいな気持ちでうろうろしていた。
卒業演奏会は由緒ある上野の奏楽堂で行われた。音楽学校に入ってから奏楽堂の舞台に出た経験は、「第九」のコーラスで出演したくらいだから、卒業演奏会で独唱することが決まったときは、それまででいちばん緊張した。まして大勢の聴衆のほぼ中央に皇太子殿下(現・天皇
陛下)をお迎えしてのステージだったから、晴れの舞台で歌ったという充実感があった。私は卒業試験のときと同じ「イ・バストリ」を柴田先生に選んでいただき、力いっぱい歌った。涙がにじんで会場の殿下の表情もわからなかった。
これで、クラシックはもう歌わないことを心に決めていた。それには、発声のことより疑問に思っていた理由もある。クラシックは伝統的な曲想で歌わなければならない。自分が心に思いついた曲想で歌える音楽はポピュラーの世界にしかないのではないか。そう思っていたから
である。
希望と夢をもって四年開通いなれた上野の音楽学校、そしてこの古い奏楽堂ともこの曲で別れることになると思うと、胸が痛み、精いっぱい歌ったつもりでも上手に歌えなかった。発声がまだ安定していないという不安もあったからである。卒業後、研究科に残る者と教職に就く
者とに分かれたが、私はそのどちらにも属さず、納得するまで自分自身の発声を研究するつもりになった。ろくに勉強もせず、アルバイトばかりして卒業したくせに、首席でなかったことはやはり残念だった。


卒業前後-1

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

卒業前後-1

歌えない日が続いてスランプに落ち込んでいたころのこと、私は渋谷道玄坂上にできた「日本ジャズ学校」に通った。先生はティーブ釜苑
さん(歌手かまやつひろしの父親)、ナンシー梅木さん、そしてジャズの好きな少女であったペギ一葉山さんもよく遊びに来ていた。学校といっても、ポピュラー音楽の場合は遊びに来てその雰囲気を身につけるといったほうが妥当で、ワイワイガヤガヤ話したり歌ったりしているだけだった。こんな学校もあるものだとわかっただけで私は十分だったから、まもなくやめた。

学校生括の前半は久我山の兄の家でダンス教室をしながら学校に通ったから、物質的苦労はまったくなかったが、後半、三年生からは市ヶ谷の小さな家に移り、母と二人の生活になった。
兄嫁と母との折り合いは神戸時代からよくなかったが、久我山の生活で爆発した。兄夫婦の世話になり、十分な小遣い銭を稼いで学生生活をエンジョイしていた私も、年老いた母一人を市ヶ谷の小さな家で生活させるのを見るに忍びず、久我山の広い家を出た。
もともと覚悟のうえでとび込んだこの道だったから、貧乏もこわくなかった。小さな家は、市ヶ谷の高台にあったわが家の焼け跡に建った。見晴らしは昔よりもさらによくなり、すぐ近くに焼け残った靖国神社の大屋根が見えた。100坪あった土地の半分を二〇万円で売却し、
それで小さな家を建てた。昔わが家に住み込んでいた大工の西村正之助氏(渋谷の西村建設会長、創業者)が母のために精魂こめて造ってくれたものだが、六畳と三畳の二間だけ。玄関ホールの三畳くらいのところにレンタルのピアノを置いて生徒をとっていた。
母が久我山を出る覚悟をしたのは、市ヶ谷に土地があったからで、久我山で世話にならなくてもやっていけるという意地を見せたのだ。母はもう七十歳を過ぎていた。私も自分の意志で久我山を出たので、ダンスの収入もなくなり、音楽を教えることだけに専念したが、をかなか
たいへんであった。土曜、日曜は自宅で声楽志望の生徒をとり、また、ハイツと呼ばれるアメリカ人住宅では小学生にピアノを教え、母の知り合いのお宅では生徒を集めていただき出張教授をした。そんな忙しさのなかで、私は音声障害というものを経験したのだから、やはり体力
的な無理もたたっていたにちがいない。音声障害をかかえ、生活苦と闘いながら、私は卒業期を迎え、やがて卒業試験に臨んだ。


自分なりの発声法-1

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

自分なりの発声法-1

音声障害といっても、私はまだ喋ることができる。この喋り声を歌声に持っていけばよいのだ。喋る声と歌う声の区別がない自然な発声法である。そうすれば喋れるかぎりは歌えるわけである。これなら何時間歌っても疲れることもないだろう。歌うことを禁止されていた六カ月
の間に、私は柴田先生から教わったあらゆることを復習し、参考にしてクロスピーの歌を聴いた。喋る声とまったく変わらない自然な発声。改まって咽喉の奥を開き、腹の底から声を出す
ように教えられていたころは、身体全部を楽器と考えて、いかに骨格を利用して声を響かせるか、ヴォリュームをもたせて遠くまで聞こえるようにするかに専念し、ほかに耳を貸す余裕すらなかった。
私は、喋り声をもとにして歌えば、声が疲れたり音声障害を引き起こしたりすることがなくなるのではないかと思うようになり、三年かかって取り組んだ声を元に戻し、自分自身の自然の発声を考え出そうとしはじめたのであった。咽喉は自然のままで頭蓋骨の共鳴を利用し、音
を前方に持っていき、胸の共鳴も利用して呼吸法で息を整える。つまり、自分の骨格に響かせ
て頭声 (頭にひびかせる声)と胸声(胸にひびかせる声)をうまく使い分ければよい。これが私の歌声の基本となり、苦しみを乗り越えて獲得した努力の結晶だと思っている。
私は歌えない時期に、自分の勉強法が間違っていたことを覚り、新しい発声法に目覚めた。
柴田先生が教えてくださったことはもちろん正しいのだが、私は自分で声をつくっていたことに気がついたのである。先生を尊敬し、先生に傾倒すると、学生は先生の模造品になるものである。私は心から先生を尊敬していたから、知らず知らずのうちに、先生と同じ声になりたいと願っていたのだ。今にして思えば、低音に魅力のあるバリトン歌手が高音を主にしたテノールに似せようと努力することは、初歩的な誤りであることがわかるが、青春の真っ只中にいて馬車馬のように走っていた音楽学生にはわからなかったのである。
在学中、音声障害を起こして歌えなくなって以来、発声に疑問をもちはじめていたころ、私はレコード吹き込みに熱中しはじめた。その当時はテープレコーダーが開発されていたらしいが、まだ一般には普及しておらず、銀座四丁目の辻を築地方面に向かって、次の角にあった「小野ピアノ店」には、二階に吹き込み用の部屋があって、三分間のSPレコードを作ることができた。初めは同級生のピアニストに伴奏をつけてもらって、何枚もレコードを作り、すり切れるまで聴いて勉強した。薄い金属の円盤に蝋(ろう)を塗った粗末なものだったから、三〇回くらいで完全にすり切れてしまう。それでもこりずに小遣いがたまると、また吹き込み所に行くのだった。私はのちに歌手デビュー後、国内レコード数社のほかフランスやアルゼンチンでも録音したが、初めてレコード吹き込みをしたのは、芸大在学中、ここにおいてだった。自分の声を客観的に聴きたくて、小遣いを節約して自費で録音したのである。私が高い費用を支払ってまで録音して勉強したのは、小学校のときに果たせなかったレコード吹き込みの夢をもち続けていたせいがあるかもしれない。
(注)
昭和二十五年、東京通信工業(ソニー)がテープレコーダーを発売。同三十一年ごろにはオープンリール・デッキが普及。


歌えない日々-4

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

歌えない日々-4

もちろん英語で歌われるから発音・発声が一体となっていて、日本語で歌う場合と異なるのだが、高音の 「ビューティフル・ドゥリーマー」と、低音で歌う同じ言葉の部分の粒がそろっているのだ。私はこのクロスピーの歌に憧れた。喋る声と歌う声が同じなのである。苦労して芸大でたたき込まれた発声法は、改めて身づくろいをしてからおもむろに声を出すという歌い方であった。だからこのときは目から鱗が落ちる思いで胸がときめいた。
この時期にはまた、こんな一幕もあった。暗い雨の日だったが、私はある流行歌手の歌声をラジオで聴いて、頭を殴られたように思った。喋り声をそのまま歌にしているからである。自然の発声だから言葉もよくわかり、細かい情感が出せることに気がついて、思ったらすぐ行動に移すたちなので、流行歌手の発声は参考になると思ったからである。
雨の中を同級生の部屋を訪れて私の考えていることを率直に伝えた。
ところが彼の反応は、ひどい剣幕で思いもよらない方向にいった。
「君を見損なった。いくらなんでも流行歌手と同じ発声はひどいぜ。ぼくらは何年もかけてやっとここまで到達したんだ。人に教える立場にこれからなろうという人間が、それはないだろう」。
私は「いや、ちょっとした迷いだったのさ」と言って引き下がった。私は間違ったことをしたと後悔していた。
相談する相手を間違えたのである。まして卒業演奏会を半年後に控えて、お互いにしのぎを削り合っている仲間の勉強に水を差すようなことをしたのだ。それにひきかえ、まだ曲目も決まっていない自分の惨めさ、哀れさをいやというほど思い知らされて、すごすごと雨の中を一人歩いて家路についたのだった。


 歌えない日々-3

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

歌えない日々-3
そのころラジオではアメリカの音楽が毎日のように流れ、進駐軍放送にダイヤルを合わせるとオペラからポピュラーまで、いろいろな歌を聴くことができた。この米軍向けの番組には、魅力的なプログラムがいっぱい詰まっていた。私はしだいに世界のポピュラーに目を向けてい
くようになり、スペイン語で歌われるカンシオン、ポルトガルのファド、フランスのシャンソン、アルゼンチンのタンゴと耳をそばだてて聴いた。「ピョン・ザ・シバ】という英語の題名で、「ラ・メール」を聞いたことがあるのを、ずっとあとになってから思い出すことになるが、シャンソンという意識もなく、軽やかなソフトな歌として聞き流した。この「ラ・メール」が私のシャンソン・デビュー曲になろうとは、そのころは夢にも思っていなかった。
それらのなかで、とりわけ衝撃的だったのはビング・クロスピーの滑らかな歌声で、彼の歌う「夢見る人(夢路より)」や「懐かしのヴァージニア」にことさら惹かれた。クロスピーは一日に何回も出てきて、素晴らしい声を聴かせていた。私はビロードのように美しい彼の声に
魅せられ、毎日ラジオから耳を離さなかった。そのうち、クロスピーの声が喋り声そのままを歌声にしていることを発見して胸をときめかせた。

「夢路より」
訳 津川主一
曲 フォスター
夢路より帰りて 星の光仰げや
さわがしき真昼の わざも今は終わりぬ
夢見るは わが君
開かずや わが調べを

ビング・クロスピーの歌うこの歌は、涜れるような美しい自然の発声が心をとらえて離さず、四年前に初めて聴いた中山悌一先生の「紅いサラファン」以来の衝撃であったといってもよい。


歌えない日々-2

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

歌えない日々-2

柴田先生はテノールであるから、バリトンで声域の低い私が上手に先生のまねをして歌うことはできなかったが、なんとかして追いつきたく思って努力した。しかし、入学試験のときに歌ったのが二曲ともイタリア古典歌曲であったためか、一日も早く本格的なドイツ・リートを
勉強させてもらいたかったのに、なかなか先生からお許しが出なくていらだっていた。
そのうち、ドイツ・リートも習うようになったが、その発声とイタリア歌曲のベルカント唱法を両方ともあまり熱を入れすぎて勉強に励んだためなのか、なにが真因かは判然としないが、私の声帯に微妙な変化をきたして、ついに音声障害を引き起こしてしまった。
軽い症状は以前にも何度かあった。しかし、今度のはやや重い。ハイ・バリトンとテノールは紙一重の違いだから、高音さえ出れば貴重なテノール歌手が誕生したかもしれなかったが、私は失敗したのだ。
三年生の後半、深刻に悩んでいた冬のこと、先生は私を音声学の権威である楓田琴次先生のもとに連れていってくださったり、湯河原の別荘で静養させていただいたりした。楓田先生から当分歌うことを止められてからは、苦しい毎日であり、つらい経験であった。それでも私の
声はよくならず、無理をして歌い続けるとほんとうに声が出なくなるぞと言われもした。
こうした歌えない、苦しい六か月が続き、卒業試験もあと半年後に迫っていた。この、まさに卒業を間近に控えた大切なとき、今ごろになって悩み続けている自分はいっろうとつくづく情けなく思い、あの入学したときの輝くような喜びの日々が、なんなんだか遠いものになっていった。歌うことがあれほど好きで、明けても暮れてもピアノに向かっていた自分が、ドクターストップを受けて声のない日々を送り、悩み、苦しみ、悶えて、なにも目に入らない心境だった。
そんなとき、私の耳に入ってきて衝撃を与えたものがあった。


歌えない日々-1

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

楽しい生活-2 つづき
世の中が少しづつ変わってきて豊かになりはじめていたが、それでもまだまだダンス教室は珍しい時代で夜の七時から九時までは初心者が釆て賑わった。
若かりしころの小玉光雄画伯(二科会〉も私の生徒だったし、ファッション・デザインの伊東茂平教室の先生方もたくさんみえた。
私は小遣い銭にも困らず、いつも仕立ておろしの上等な服を着て学校に通った。今でも毎年六月に同窓のクラス会があり十数人は必ず集まるのだが、「あのころの芦野さんは一人だけおじさんみたいで、同級生の感じがしなかった」と言われている。
歌えない日々-1
学校は楽しかった。しかし、なにもかもうまくいっているわけではなかった。
入学してまもなく、中山悌一先生がドイツへ留学されることになったからだ。
しかも夫人同伴で何年になるかわからないという。門下生たちは額を集めて悩んだが、どうしようもなかった。
大賀典雄さん(現・ソニー会長)は中山先生から折り紙つきの有望なバリトンで、将来を嘱望されていたから、ほんとうに失望した表情で「中山先生以外にはつきたくないんだ」と私にこぼした。私だって受験勉強でお世話になり、心から尊敬していただけに思いは同じだったが、せっかく入学できた学校をやめるわけにはいかない。私は中山先生から同じ二期会創立メンバーの柴田睦陸(むつむ)先生を紹介されて、学校で個人指導を受けることになった。
今まではバリトンの中山先生の声を模倣することから始めた勉強だったから、とつぜん声域の違うテノールの柴田先生に代わったとき、初めはなかなか馴染めずに困惑し苦しんだ。
柴田先生は発声法の大家といわれている方であり、じつに懇切ていねいに指導してくださる。学校のレッスン日に先生が都合で休まれるときは、成城のご自宅まで出かけて、まず呼吸法から教わった。下腹部に手を当てて歌わせることはまだ初歩の段階で、床の上の絨毯(じゅうたん)に仰向けに寝かされ腹の上に分厚い重たい本をのせて、その動きを見ながら歌わせる。
そのような腹式呼吸法を指導してくださったり、発声についてはもっと厳しく、咽喉の奥を開くこと、そのためには割り箸で舌の根を押さえて腹の底から声を出す訓練に特別に長い時間をかけてくださる。
声を頭蓋骨に響かせて前に響かせる歌い方、いわゆる頭声の出し方、あるいは胸に響かせる胸声の出し方。先生ご自身が体験されたことを忠実に、ちょうど親鳥が雛に餌を与えるように教えてくださるのである。まったくの初心者であった私にとっては、珍しくてびっくりするこ
とばかりであった。奥様はソプラノの久保田喜代子さんで、そのころはまだ研究科に籍を置く有望な新人であった。
「おい、喜代子、芦野君の歌、一緒に聴いてくれよ」と言っていつも一緒に指導してくださるような仲の良いご夫婦だったが、先生は学生の一人ひとりに、まるでわが子のような愛情を注いでおられた。


楽しい生活-2

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

楽しい生活-2
入学式のあと、私はクラス総代を命じられた。
みんな私よりだいぶ年齢が下だったから、その点では適任だった。
クラスは声楽が一二名、ピアノ科が八名、作曲科が八名、弦楽器三名、管楽器三名、邦楽三名、パイプオルガン二名、といった分け方で、学生数は四〇名足らずの少数精鋭主義教育であった。
それぞれ専門の先生には一週二回個人指導を受け、一週一度は副科、つまり声楽科ならピアノの個人指導があり、専門以外の合同授業は、音楽理論、対位法、外国語、美学、西洋史などがあった。
クラスに留学生が二人いた。中国からの陳貞麗(現・徐貞麗)さんと、インドネシアからのムハマド・エスフ君である。二人とも声楽科で、エスフ君は田中伸枝門下のバリトンだった。
彼は日本語があまりうまくなかったので、私が合同授業のとき隣の席に座ることにした。
難解なことは辞書を片手に英語で説明してあげたが、休み時間も昼食も一緒だったから、私としては英会話の勉強になり、卒業してからもたいへん役に立った。
陳貞麗さんは日本語が上手で授業には支障がなかったが、やはり田中伸校門下の伊藤礼子さんと仲良しで、われわれを含めたこの四人はいつも一緒に行動することが多かった。
留学生二人はダンスが好きで、毎月一度わが家で開くダンスパーティーには必ず来てくれた。
田中先生も、当時の教授としては珍しくダンスがお好きで、門下生を五、六人引き連れてわが家のパーティーに参加してくださったものである。お弟子さんたちはみなロングドレスで参加するので、久我山のアトリエは色とりどりの花が咲いたように華やかになり、評判になった


楽しい生活-1

幸福を売る男

芦野 宏

3、音楽学校と卒業後

楽しい生活-1

重たい衣服をぬぎ捨てて軽やかな足どりで街を歩くと、みんなが自分にほほえみかけてくれる。
世の中が一変してバラ色に輝き、私の新しい人生が始まった。
昭和二十三年(一九四八)四月、憧れの音楽学校に入学できて、春欄漫の上野の杜(もり)を歩きながらの実感は、今でも鮮明によみがえってくるのだ。春の桜がこんなに美しいものと思ったことはない。上野は公園にも学校にも桜があり、そこは別天地であった。
戦前・戦中の抑圧された暗い毎日から解放されて、やっと自由を勝ち得たといっても、食糧や資源不足のため決して明るい毎日ではなかった。戟後三年たったこの年でも、一月に配給物資の横領事件が起こり、帝銀事件や美唄炭坑の爆発事件などがあった。
しかし、音楽だけはだれからも邪魔されない自由があったのである。
学校の食堂はうす汚れた古い校舎の一部だったが、キャッスルと呼ばれ、そこには学生たちに交じって有名な演奏家や教授の顔がすぐ近くにあり、長い間憧れていた音楽の世界にやっと入れたという喜びは、たとえようもないものであった。
この年私は生まれ変わった。そういっても過言ではない。
上野の学生であるということだけで、世間では信用してくれたし、なによりも今や疎開先の映画館で「波浮の港」や「谷間の灯」を歌ったとき大反対した親戚たちも、これからは文句のつけようがない。
陶を張って堂々と音楽の勉強ができると思うと、天にも昇る気分であった。だれにも気兼ねしないで、音楽の世界にどっぶり浸ることができるようになったからだ。


東京音楽学校受験-5

幸福を売る男

芦野 宏

東京音楽学校受験-5

しかし、この夜の出来事は兄と義姉にショックを与えた。
雨の中を先生が自ら知らせに釆てくれたことで、私に対する信用はいっペんに高まり、親戚中ただ一人の「ならず者」というレッテルがはがされるきっかけとなったのだ。
三日目の専門は「ヴュルジン・トウツト・アモール(聖処女)」を歌った。
その日は審査員のお顔をゆっくり見ながら歌えた。
城多又兵衛、矢田部勁吉、酒井弘、H・ウーハーペーニヒ、四家文子、田中伸枝、浅野千鶴子、ネトケ・レーベ、柴田睦陸、平原寿恵子、それに恩師である中山悌一の諸先生方であった。
そのほかに、顔を見ても知らない先生方が五人ほどおられて、全部で一五人くらいだと思った。
四日目の学科はらくらくであった。英語と国語、それに当時流行していた知能指数のペーパーテストである。
五日目の面接も、はっきり覚えていないが、簡単なものであった。
もう必ず合格すると思っていたから、気持ちにも余裕ができていた。
合格発表は見に行かなかった。
研究科を最優秀で卒業された石田栞先生が、電話で知らせてくれたからである。


東京音楽学校受験-4

しあわせ
幸福を売る男

芦野 宏

東京音楽学校受験-4
こんな夜中にどうして、と思うのは当然である。心配して奥から出てきた兄と義姉が、ずぶ濡れの先生を見てとりあえず招じ入れたが、先生は固辞して用件だけを伝えた。「明日の試験は必ず出るように。昨日の声楽の点が最高点だったから、自信をもって途中で放棄しないように」 ということであった。
じつはあとでわかったことだが、ピアノの試験の途中で「カーン」と鐘をたたかれたのは、それまででよいという合図で、ハイこれで落第という意味ではなかったそうである。
私がすっかり悲観して今年の入学を諦めている様子を、近所に住む石田先生から聞き、同級の石津先生が心配して審査に当たった田中伸枝先生に開きに行ったところ、第一日日の成績がトップであることを知り、あわててとんできたというわけである。
石津先生は石田莱先生と同じく田中伸枝先生の門下生で、バリトンのホープとして母校に残されている注目の新人であった。私も石田先生の紹介で二、三度レッスンを受けたが、当時二十三歳くらいで、私にとっては一〇年も二〇年も先輩のように感じられた。それに六尺豊かな
大男である。ずぶ濡れだったのは、自転車で鷺宮から久我山までを突っ走ったからだという。
それにしてもなぜ、あんなにまでして釆てくださったのか。電話でも十分に間に合うことなのこ‥‥‥


 東京音楽学校受験-3

しあわせ
幸福を売る男

芦野 宏

東京音楽学校受験-3
少し歩くと「星の流れに身を占って……」という歌が‥…・。
次の角を曲がると、「港が見える丘」が流れてきて、戦後の日本は流行歌にあふれていた。
一度は映画館のアトラクションで流行歌手のようなことをした自分だったが、今は違う。やはり学校で音楽を勉強したいという気持ちに変わっていた。粗末な建物が並び、アメリカのものを中心に細かい商品があふれている、活気のある路地裏を、値段を見る気もなくゆっくり通り抜けて、御徒町の駅から国電に乗り久我山へ向かった。
父が亡くなってから、めまぐるしく変化してきた自分の環境。徴用、徴兵、復員、流行歌手のまねごと、かつぎ屋、ダンス教師。戦争は終わったが、私の戦争はまだ終わっていない。受験に失敗しても、しなくても、私は負けない。負けてたまるものか。胸を張り、空を仰ぎながら堂々と歩きだした。あいにくポッポッと雨が降りだしてきたが、気にもせずわが家に帰り着いた。
今でもそうなのだが、いちいちその日の出来事を家に帰って報告しないくせがある。自分の心の中で燃えているものを吐き出すと、意欲がそがれるような気がするのだ。何かをやろうとする意欲が高まっているとき、逆に失敗のあったとき、自分の心の中で処理してしまいたいと思うのだ。だれに相談したって、解決できるのは自分自身だけだと思うからだ。母はなにも聞かなかった。
その日は雨にもかかわらず、ダンス教室のほうは十数人も来て忙しかったが、八時半ごろには終わり、明かりを消して奥へ引っ込んだ。それから雨はだんだん激しいどしや降りになってきたようである。しばらくしてから、二回ほど玄関のブザーが鳴った。だれか忘れ物でもしたのかなと思ったが、もうあれから一時間もたっている。私は不審に思って玄関の明かりをつけてみると、ずぶ濡れの大男が立っているではないか。アッ、石津先生だ。どうしたことか、そこには石津憲一先生が立っておられたのである。


東京音楽学校受験-2

しあわせ
幸福を売る男

芦野 宏

東京音楽学校受験-2

上野の試験は、なんと数日間続くのである。一日目が専門の歌、二日目がピアノ、三日目が専門の二曲目、四日目は学科、五日日が面接であるが、二日目で落ちたら、もう三日目以後は釆なくてよいことになる。
さて、二日目は私のいちばん苦手なピアノである。
子供のころあんなに好きで夢にまで見たほどなのに、10年も弾かずにいると自己流のくせが出てよくないものである。
朝倉靖子先生のところで一週に一度レッスンをしていただいていたが、指定曲・モーツァルトのソナチネを二ページ目に移るところでミスタッチしてしまった。落ち着いてすぐやり直せばなんのことはなかったのに、もう一度弾いたらまた音をはずしてしまった。
さらにもう一度少し前から弾き直したが、また同じところで引っかかり、頭に血がカーつと上ってもうなにがなんだかわからなくなり、口は渇き目はかすみ完全に舞い上がっていた。
カーンと鐘が鳴り、それまでで終わりという合図を受けた。
申し訳なくて、審査員席の朝倉先生のほうを見る余裕もなく、肩を落として退室した。
中山先生と初めて上田でお会いしたとき、一年くらいの勉強じゃ合格は難しいぞと言われた言葉を思い出しながら、無理に自分を落ち着かせて帰路についた。
しかし、まっすぐ家路につく気持ちにはなれなかった。
ブラブラと公園の坂を下りていくと、有名なアメ屋横町があった。
スピーカーから笠置シズ子の「東京ブギウギ」が流れていた。


 東京音楽学校受験-1

しあわせ
幸福を売る男

芦野 宏

東京音楽学校受験-1

昭和二十三年(一九四八)、呑まだ浅い受験当日、私はいつものように朝早く起きて仏壇に向かって父の霊に報告し、この日のために母が古い毛糸で編んでくれたベストを上着の下に着た。母が一針ずつ祈りをこめて編んでくれたベストは、あまり体裁のよいものではなかったが素直に着て出かけた。
心配をかけている母の心は、痛いほどわかっていたからである。
朝は早いので井の頭線は空いていた。久我山から吉祥寺へ出て中央線に乗り換えた。中央線はいつも進行方向の左側が見えるように乗る。市ヶ谷の堀を隔てた向こう側の高台に、私が育った懐かしい左内坂が見えるからだ。
さらにお茶の水と秋葉原で乗り換えて、上野駅公園口で下車し、公園を突っ切って学校に向かった。
1時間10分かかった。
1時間目は専門の歌唱で、『コールユブンゲン』のなかの1曲をその場で指定されて歌った。
そして、イタリア古典歌曲のなかから高1ソン・トウツタ・ドゥオーロ(嘆かわし)」を歌った。
なにしろ一人ずつ教室に入って歌わせられるのだが、審査の先生が十数人もいて、いずれも有名な声楽家の先生ばかりだから、あがらないほうがおかしいが、私はなぜかあまりあがらずに素直に歌えた。
終わってお辞儀をして出るとき、ちょつと中山先生のほうを見たら、先生が立ち上がって赤い顔をしているように見えた。きっと心配してくださっていたにちがいないと、申し訳なく思った。


しあわせ
幸福を売る男

芦野 宏

上野をめざす-2

私は再び神戸へ戻ってきた。
案の定、母宛に叔父から手紙が来ていた。絶対に戻ってくるようにと書いてあった。叔父に言えば必ずだめになることがわかっていたので、私は黙って急いで帰ってきたのだが、あの叔父の温顔を思い浮かべると、申し訳ない思いでいっぱいだった。
しかし、自分の決心はもうあとには戻れなかった。
私の決意を知った兄夫婦は、神戸を引き払って東京への移住を考えてくれた。そうすることが家族の全員に好都合だったのである。これをいちばん望んだのは義姉で、千葉の実家が近くなること、子供たちを東京の学校で教育すること、また私の母親も子供たちが全員東京周辺に集中していたから、願ってもないことだった。
私にとっては上野の受験があったから、なおさらである。ただ、神戸の造船所を離れなければならない兄だけが、家族のためにいちばん大きな犠牲を払った。
兄が探して決めた東京の家は、杉並区久我山であった。有名な画家の建てた家で、大きなアトリエがあり、部屋数も十分だった。二科会の東郷育児郎から折れて奥に入った静かな住宅地で、向かいの島崎邸は島崎藤村の令息で画家の鶏二氏がアトリエとして使っていた。三月までに引っ越す予定だったが、遅れて五月ごろになった。広いアトリエのそばに応接コーナーがあ
り、そこにドイツ製のピアノが運ばれた。義姉は女子美術大学で油絵を習っていた人だが、この大きなアトリエはダンス教室に使う目的であった。
ここで私が神戸の家で先生に習ってきたダンスの基礎を初心者のために教えた。昼間は遠慮なくピアノの練習ができ、一週に一度、歌を世田谷の中山悌一先生のお宅までレッスンに通い、ピアノは奥様である朝倉靖子先生に習った。夜はレコードをかけてダンス教室を開いたが、時代の波に乗って大繁盛し、神戸の家でやったときよりずっとうまくいった。
義姉の考えた計画が予想以上にうまく当たって、私はダンス教室のアイドル的な存在になり、休憩時にはピアノを弾いて歌った。ダンス教室は私の学資稼ぎのためという錦の御旗を立てていたが、私は毎晩の収入を全部渡して兄からその一部をもらっていた。それだけでも相当な金額になっていたし、進駐軍のエレメンタリー・スクールで子供にピアノを教えたりして、けっこう小遣い銭には因っていなかった。
久我山には文化人が多く住んでいて、歩いて五分くらいのところに上野の研究科に籍を置くソプラノの石田莱先生がおられ、ときどき基礎の勉強を見ていただいたが、彼女の紹介で同級の石津憲一先生にも見ていただいた。あのクラスは有名な先生方が多く、作曲家の圏伊玖磨さんや声楽家の伊藤京子さんもみな石田先生の同級生であった。東京に出てきて、私は昼間は
音楽の勉強、夜は自宅でダンスのアルバイトという生活が続き、やがて音楽学校受験という大きな山場を迎えるわけである。

 

 


上野をめざす

しあわせ
幸福を売る男

芦野 宏

上野をめざす

上田市公会堂で独唱会を聴いてから、胸の中でなにかが激しく変化していくような気がした。
もう私の決心はついた。
中山先生に私が声楽科を志望しでいることを桑原さんから話してもらうと、先生は意外と簡単に教えてくださることを約束してくれた。しかし、一年くらいの受験勉強では無理だから、できるだけ早く上京するようにとのご忠告もいただいた。
上田にいても、足が地につかない毎日だった。ここにいたら受験勉強ができないからである。
十一月二十三日、秋の大運動会が行われ、私は学生代表で実行委員にさせられた。一年下級生の上野君は音楽大好き人間で、彼のお姉さんは「からたち合唱団」のメンバーであり、ピアノも弾ける人だった。それで彼にお願いして、お姉さんにピアノを受け持ってもらい、私が作詞作曲した「秋空晴れて」という曲を開会式典のあとで歌うことにした。
′だれにも言わず密かに決心していたこと、それはこの歌を思いきり大声で歌い、これを最後に学校と別れることだった。
運動会は盛大だった。好天に恵まれ、学生たち有志によってこの歌が歌われた。
「常田(ときた)の丘に 秋空晴れて いま若者よ とび立て自由の大空へ」
大して良い歌ではなかったが、これでお別れだと思ったから声の限りに歌った。
翌日、ひっそりと私は上田を去った。退学届は封筒のまま教務課に出してきた。


 中山悌-との出会い

しあわせ
幸福を売る男

芦野 宏

中山悌-との出会い

昭和二十一年(1946)十一月の未、中間試験の終わったころだったが、長野県上田市の公会堂で中山悌一独唱会が開かれた。
上田城跡の隣にあるその建物は、古びた木造の二階建てでゴザを敷いた二階が会場である。
聴衆は自分の履き物をそれぞれ持って階段を上っていく。
「走らないで下さい」と大きな紙に書いて貼ってあるのは、建物が揺れると天井が抜けたりして危険だからである。実際、急いで歩くとユサユサ揺れたりする不気味な会場だった。
戦後まもないころ、音楽芸術に飢えていた人々が集まり、私はいちばん前に座って固唾(かたず)をのんで聴き入り、本物の芸術にふれた思いだった。その感動はいまだに忘れることができない。
初めて聴く本格的な声楽、全身に電流が走ったようだった。曲目はシューベルトやブラームスの歌曲で、比較的ポピュラーな曲が多かったが、朗々と歌い上げて聴衆を圧倒した。アンコールにはロシア民謡の「紅いサラファン」を日本語で歌われた。完壁な発声と発音はすべて素晴らしく、ぞくぞくするような感動をおぼえた。高音から低音まで粒がそろっている。しかも歌詞によって、すなわち口のあけ方によって音色が変わらず、淡々として無理のない、ほとばしるような声、これこそ芸術だと思った。これこそ私の探し求めていた世界だった。
中山先生の前座に、上野を卒業したばかりの新人歌手としてオペラのアリアを歌った桑原瑛子さんは、同じ小学校の一年上級で、しかもたいへんな美人。私と同じように学芸会で毎年歌わせられていたが、彼女は学芸会のスターだった。私も四年生のときレコード吹き込みの申し出にあったが、同じころ桑原さんも申し込みを受けたようで、NHKのラジオからは彼女の歌声が流れていたのを思い出す。その桑原さんが立派に上野を卒業され、注目の新人として上田に来る。私は胸をときめかせて、その日を待っていたのだった。
終演後、高嶋る胸をおさえて楽屋を訪ね、桑原さんから中山先生を紹介してもらった。そして上京したら入門させていただくことを約束され、私は小躍り七た。
(注)音楽、美術関係の話で「上野」とは東京音楽学校、東京美術学校のこと、昭和二十四年五月に東京芸術大学音楽学部、美術学部となる。通称「芸大」のこと。


インフレのなかで-4

しあわせ
幸福を売る男

芦野 宏

インフレのなかで-4

義姉が一軒ずつ電話をかけてくれた。
「モシモシ、じつは主人の弟が信州から帰ってまいりまして、ハムを持って釆ましたの。アルバイトですので助けてやってくださいませ」といった調子である。兄によく似た私が学生服を着て運ぶのだから、信用しないわけはない。おもしろいようによく売れた。こんどは単価が高いから儲けのほうも大きかった。
二か月近い夏休みも、そろそろ終わりに近づいていたが、義姉はさらにもう一つの計画を心に描いていた。それは自宅を開放して、社交ダンスの教室にすることであった。私が帰る前にということで、八月の半ばから先生を招いて私も生徒になり、兄も義姉も、そして近所の人や知り合いの人も遠方から釆た。そういうことに飢えていた人たちが大勢釆たので大繁盛だったが、まさか兄や義姉が受付に座るわけにはいかないから、客から集金するのは私の役目だった。
私は自分の夏休みを延ばす決心をして学校に届けを出し、十一月の試験までに間に合うよう帰ることにした。
神戸の家はドイツ人が建てただけあって、・フローリングがしっかりしていたが、間仕切りに段差があり、ドアを開けてもダンス教室には不都合だった。それでも週末にダンスパーティーと称して一般公開すると、五〇人以上の人が集まり、一人わずかな金をとっても一晩で相当な金額になり、ばかにできない。
汗水流してかつぎ屋をすうりずっと割がよかったのである。
なぜこんなことまでして、私は働いたのか、普通の生活をしでいれば平凡に生きていけたものを‥‥‥。
じつは白状すると、私の心の中にはいつもモヤモヤした不満が渦巻いていた。ぬるま湯につかったような生活はもうまっぴらだった。信州に帰ったらだれもが優しく迎えてくれ、黙っていても卒業でき、平凡なサラリーマン生活が待っている。
叔父は、そんなに好きなら音楽を趣味にしてやりなさいと言ってくれた。
松尾町の兎束春子先生の主宰する「からたち合唱団」にも紹介してくれた。
若い女性たちと一緒で楽しかったが、それでもまだモヤモヤした不満は解消しなかった。


 インフレのなかで-3

しあわせ
幸福を売る男

芦野 宏

インフレのなかで-3
懐中電灯の細い明かりでは、私が体いっぱいに飴を隠していることがわからず、汽車はやっと走りだした。
もう釆ないだろうという同乗のかつぎ屋の言葉を信じ、私はまた元のようにリュックに飴を納めると、ぐつすり眠ってしまった。
朝早く神戸に着いて、私はすすだらけの顔で悪臭のしみついた衣服のまま、わが家の裏口から入っていった。
高い石垣の上に立つハイカラな洋風の邸宅に入るところを人に見られたくはなかった。しかしあれ以来私は、いわゆる問屋、かつぎ屋といって非難する気取った人種よりも、恥を恐れず体当たりで生きようとする人たちのほうに共感をおぼえるようになった。ほんとうにあのころは、みんな一生懸命に生きていた。食べるために働き、傷つきながら生きてきたのだ。
ダンス教室の手伝い′銚子からすすまみれになって神戸に帰ったとき、胴巻きの中に残った大金と大量の芋飴はすべて義姉に渡した。義姉から教わったことを実行しただけで、自分一人でこんなことができるわけはない。身近な周りから、こんなにまでしなくてもという非難の声も聞こえたが、私は尊い経験をさせてくれた義姉に心から感謝している。自分だけではどうしても思いつかないこと、まして声野家のどの一人をとってみても、こんな大胆な発想はわいてこない。さすが大里庄治郎の長女だけはあると思った。
芋飴がすっかり売れたので、義姉はさらに別のことを考えた。知人からハムを仕入れて売ることである。賛沢に慣れている神戸のお金持ちの人たちが、それをほしがっているのを知ったからである。
今度はボロ服を着たかつぎ屋の役ではなく、私は学生服を着ていればよかった。