ブルック大尉にみる武士道

 

 ブルック大尉にみる武士道

花見 正樹

ジョーン・ブルック大尉の名が知られるようになったのは、明治31(1898)年の日刊新聞・時事新報に連載された頃からとされています。福沢諭吉は、蘭学で師事していた医師・桂川甫舟に頼み込んで、甫周の義弟にあたる咸臨丸提督・木村摂津守の従者という形で咸臨丸乗船に成功します。
その福沢諭吉執筆の「福翁自伝」に載った咸臨丸の渡航状況では、ブルック大尉の貢献度を低めに評価してjますが、木村提督の報告や咸臨丸乗船船員らの証言から、ブルック大尉の指揮なしでは咸臨丸渡米の快挙は成し得なかったことが明らかになっています。
ブルック大尉が最初に日本を訪れたのは、咸臨丸渡米の5年前のことです。
ペリー提督と幕府が日米和親条約を締結してから約一年後の1855(安政2)年5月、アメリカ海軍の全世界海洋調査団の指揮官としてブルック大尉は世界の海を渡り歩いて日本にたどり着いています。測量や天文観測も出来る海洋学者の海軍士官のブルック大尉は、調査船団の旗艦・ヴィンセンス号上に乗組む科学者達の指揮を任されて南太平洋から香港経由で艦隊を組んで沖縄、九州南部を測量しながら下田に入港、初めて日本の土を踏みます。
ブルック大尉は、旗艦に積んだ長さ約9mのボートを帆走ボートに改造して、食料や測量器具を積んで日本の太平洋沿岸を函館まで測量し、函館で本隊と合流した後に、ベーリング海調査を終えてサンフランシスコに帰港します。
次に日本を訪れたのは1858(安政5)年の海洋調査の折りです。この調査は、日本近海島や岩礁、危険水域の詳細位置の調査にありました。
ブルック調査隊は、マリアナ群島や各地の岩礁を調査しながらグアム島を経由して香港、沖縄、種子島と日本沿岸測量にかかり、8月13日、開港直後の神奈川に到着します。
ブルックは16日、ハリス公使に会うため、江戸麻布のアメリカ新公使館のある善福寺に向かって馬で出発します。
その留守中、神奈川沖に停泊中のブルックの測量船・フェニモア・クーパー号が強風の嵐に襲われて碇ごと引きずられて岩礁に激突して難破、沈没してしまいます。
アメリカに帰る船を失ったブルック調査隊は、横浜で一時滞在しますが、日本遣米使節を送るため来日するポーハタン号に便乗して帰国する手筈を整えていました。そこに降って湧いたような、幕府からの要請です。
それは、咸臨丸でアメリカに行く事になった軍艦奉行・木村攝津守が、渡航にはアメリカ海軍の操船技術が欠かせないと考え、勝海舟らの反対を押し切って幕閣に要請したために、それを受けた水野筑後守と永井玄蕃頭がハリス公使に依頼したところ、自分の船を失ったブルック調査隊の存在を知ったのです。ハリス公使やドール領事の意を受けたブルックは、日米友好のためと自分達の能力を生かすために、日本海軍の軍艦への乗船を考慮し、直ちに咸臨丸の性能などを調べて、問題点を補修するなどして渡航に問題なしとしてから乗船を受諾します。
ブルック隊11名を加えた総勢107名の大所帯を乗せた咸臨丸は、 1860年2月7日(安政7年1月16日)、横浜を出港、浦賀で最終的な出航準備を整えた上でいよいよ太平洋の荒海に乗り出します。
この咸臨丸に関する情報は、この同じ「歴史の舘」内の宗像善樹講師による「咸臨丸物語」が今までのいかなる咸臨丸作品以上詳しく、よりリアルですので是非、ご一読下さい。今回のテーマ「ブリック大尉が、武士道とどう関わるか? ここからは、宗像善樹講師の著書から一つの事件をお借りして説明します。
太平洋上での飲料水の消費が予定以上に速まってしまいます。そこで水の補給にハワイに寄港する案も出ますが、結局、水不足対策に、飲料以外には水を使わないことを取り決め、全員でそれを再確認しました。
ところが、アメリカの水夫の一人がその取り決めを無視して、その貴重な水で自分の下着を荒ったのがバレました。それを知ったブルック大尉は、敢然と「規律を破ったこの者を直ちに撃ち殺してください」と日本側に通告します。
下記文章は、宗像善樹講師の名文をそっくりお借りしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
木村摂津守、福沢諭吉、ジョン万次郎を始め、咸臨丸の日本人乗組員は全員、元測量船フェニモア・クーパー号艦長ブルック大尉の毅然とした態度に驚嘆した。なぜなら、それは、日本の武士が武士道を貫く態度に似ているように思えたからだった。
--------------
この一件だけでなく、ブルック大尉が咸臨丸の太平洋横断を成功させたエピソードは数限りなく残されています。
ブルック大尉にみる武士道・・・納得して頂けましたでしょうか?


芹沢鴨にみる武士道

芹沢鴨にみる武士道

花見 正樹

芹沢鴨(せりざわ かも)は、天保3年(1832年)に真壁郡芹沢村に生れました。
前名は下村嗣次(継次なども)、出自には諸説あり、どれもが明らかになっていません。
一説によれば、芹沢家の先祖は室町時代に常陸国行方郡芹沢村(現茨城県行方市芹沢)に定着した豪族で、関ケ原の戦いの戦功によって行方郡富田村(現行方市富田)に知行百石で定住、水戸藩上席郷士(士分)となります。
嗣次は、その芹沢家の出身で、多賀郡松井村(現北茨城市中郷町松井)の神官・下村祐の婿養子になったとの説もあります。
安政5年(1858年)の戊午の密勅返納阻止事件に関り、万延元年(1860年)には玉造勢に入って暗躍します。
玉造勢は、玉造村の文武館(現茨城県行方市玉造)に拠点を置き、横浜で攘夷を決行するために近郊の豪商から資金調達を始め、嗣次は弟分の新家粂太郎(後の新見錦か?)と共に資金集めに奔走します。
この強引な資金集めが代官から幕府訴えられ、首謀者の武田耕雲斎が江戸に呼び寄せられて調べられた結果、文久元年(1861年)2月、「不法の者召し捕り」の命が出て、玉造勢の下村嗣次、新家粂太郎らも捕縛され入牢となります。
ところが、水戸藩内の政変で力関係が逆転し、恩赦による特典で入牢していた嗣次らは釈放され、武田耕雲斎も藩政に復帰します。
下村嗣次は芹沢鴨と名を改め、出牢して約一か月後に清河八郎の周旋で、将軍警護の名の元に集められた浪士組に、弟分の新見錦・平山五郎・野口健司・平間重助等を引き連れて参加します。
そこで、試衛館の近藤勇や土方歳三。沖田総司や山南敬助らと知り合い京都へと行動をともにします。

ところが、浪士組発案者の清河八郎が、将軍警固役から一転して、勤皇攘夷への転向を表明、上奏文を朝廷に提出したところ何とそれが受け入れられため、浪士組は朝廷直属の武術集団となってしまいます。
それを知った幕府は、攘夷決行を餌に浪士組を江戸に戻すように命じます。
文久3年(1863年)2月13日のことでした。
清河八郎は幕府までも自分の存在を認めたことに満足して得意満面であったことと思います。
清河八郎は直ちに新徳寺に浪士組全員を集め、攘夷決行のために江戸帰還を宣言します。
これに反対して京都残留を決めて清河八郎と決別したのは、芹沢派5人と近藤派8人の他に殿内義雄や根岸友山らだけです。
京都に残った残留組は、芹沢の口利きで会津藩に嘆願書を提出し、会津藩「御預かり」となることに成功します。
京都残留組は、八木家、前川家、南部家などに分散して寄宿し「壬生浪士」と称しますが、すぐ内部抗争が始まります。
殿内義雄が何者かに暗殺されたのを機に根岸友山仲間と離脱し、壬生浪士は芹沢派と近藤派だけになります。
その後の話し合で、芹沢鴨が筆頭局長、近藤と新見が平局長となります。
芹沢鴨は酒癖女癖の悪さでの悪行三昧で、会津藩から暗殺の命が降って自滅します。
しかし、酒さえ飲まなければ明るく豪胆で剣技も強く礼節もわきまえたひとかどの武士でした。
その死は、武士にあるまじき惨めな死にざまで、殺されてなお汚点を残しました。
秋雨の冷たい夜、島原の角屋での宴会から平山五郎、平間重助らと早めに宿舎の八木家へ戻って、待たせてあった女達(芹沢はお梅、平山は芸妓・桔梗屋吉栄、平間は輪違屋糸里)と飲み直してれ酔ったままそれぞれが同衾します。それを待っていたかのような覆面に黒装束の数人の刺客が、白刃をかざして斬り込み、平山を殺害し、芹沢に斬りつけました。驚いた芹沢は飛び起きて刀を取りますが、戦う間もなく斬り立てられて裸同然の姿のまま、八木家親子が寝ている隣室に逃れますが、文机につまづいて転び、そこで惨殺されます。
事件は長州藩士の仕業とされ、数日後、芹沢と平山の葬儀(平間は遁走)が盛大に執り行われました。
武士とは思えぬ卑劣で無謀な悪行ばかりが遺されている芹沢鴨・・・武士道からは逸脱していますが、そこに漂う人間の弱さや人間らしさ、そこに共感を感じているのは、私だけなのでしょうか? 芹沢鴨よもって瞑すべし・・・。


上杉鷹山などにみる武士道

上杉鷹山などにみる武士道

花見 正樹

ここで以前、川中島の戦いで武田信玄の本陣に斬り込み、馬上から信玄めがけて太刀を振るったのは上杉謙信ではなく謙信の影武者・荒川伊豆守長実(ながざね)あるとのべました。この勇猛果敢な荒川長実の猛攻を辛うじて逃れた信玄は命からがら川中島から撤退します。
上杉謙信の部下にはこの荒川長実の他に、もう一人傑出した武将がいます。それが、賢将で知られる直江兼続(なおえかねつぐ)です。上杉謙信は、これら優秀な部下に恵まれて越後の龍として君臨できたのです。
時代は下って上杉家が越後から転じて出羽の国・米沢に移って代を継ぎ、日向国高鍋藩主・秋月家(現・宮崎県児湯郡高鍋町)から米沢に養子に入って米沢藩第九代藩主になったのが、上杉治憲(はるのり)こと後の鷹山(ようざん)公です。
幼くして上杉家に養子入りした治憲は上屋敷(千代田区霞が関)で過ごし、藩主として初の米沢入りは19歳の時でした。
治憲が藩主になった時の米澤潘は借財が約20万両(約160億円)で破産寸前、その理由は禄高15万石で家臣千人が妥当なのに、昔の120万石の大大名だった時代の6千人の家臣を抱えていたのと度重なる奥羽地方の天災による農作物壊滅と飢饉、それに加えて江戸屋敷での贅沢な暮らしぶりなど、過去の藩主の中には領地返上寸前だった者もいるほどの窮状でした。
その米沢藩の危機を救い、莫大な負債を完済に導いたのが、新たな藩主の治憲です。
治憲はまず江戸屋敷の改革から始め、奥女中50人を9人に減らし、年間経費を1500両から209両に切り詰めます。
その治憲が米沢入りしてからの藩主としての行動は、領民にとって思いがけず衝撃的なものでした。
まず率先して着衣を木綿として華美を戒め、一汁一菜の粗食、家来と共に領民の手助けに田に入って働いた記録もあります。
さらに、領民の飢餓対策に、食せる野草や山菜を求めて山谷を駆け巡って書物に載せて配布したり、垣根に食用となるウコギを用いるよう奨励したり、と倹約と勤労の実践と奨励を藩是として進めます。
かくして巨額な借財もいつしか完済するに至ります。
昭和の時代、軍神と呼ばれた山本五十六の訓に、「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」という有名な一文があります。
その文は、かつて上杉鷹山が伝えた「してみせて 言ってきかせて させてみる」から採った言葉と言われています。
上杉鷹山が遺した言葉に「成せばなる 成さねばならぬ 何事も 成らぬは人の 成さぬ成けり(上杉文書)」があります。
これは、中国の古典「書経」からの引用で武田信玄が遺した「為せば成る、為さねば成らぬ成る業を、成らぬと捨つる人のはかなき」から、と言われています。
と、すれば、上杉鷹山は、藩祖・謙信の宿敵の座右の銘を用いていたことになります。
さらに、甲斐・武田軍団の軍師・山本勘助の子孫の養子である山本五十六も、祖先を戦死させた敵の子孫の言葉を借りていたことになります。
アメリカの元大統領のジョン・F・ケネディが、一番尊敬する日本人に挙げたのは上杉鷹山です。
これは、ケネディ元大統領が、新渡戸稲造の「武士道」を愛読していたからです。
さらに、私(花見)は「ケネディ会」の会員でした。
だからといって私とケネディ元大統領が直接の知り合いではありません。
米沢との関りは私が「米沢新聞」の元東京支社長で現・顧問ゆえ、ケネディ元大統領とは一族の因縁からです。
上杉鷹山の質実剛健を貫いた武士道も立派ですが、ここに登場した人物、上杉謙信、武田信玄、山本勘助、山本五十六、ケネディ、荒川長実、直江兼続とそれぞれが立派に武士道を貫いています。
あと一人、花見が抜けていますが、これは今すぐ「花見とケネディ」で検索願います。これで花見一族の武士道の一端に代えて頂けますと幸いです。


荒川伊豆守長実にみる武士道

 

 

 

 

 

 

荒川伊豆守長実にみる武士道

花見 正樹

 

 

上杉謙信といえば越後の龍、武田信玄といえば甲斐の虎。
この二人の名が出れば、川中島の一騎打ち・・・どちらも常識です。
これを、上杉謙信を米沢の龍と言い直してもピンときませんが、山形県米沢市では謙信は米沢の人なのです。
平成7年(1995年)の1月初旬、私は雪深い山形県米沢市を訪れた際、謙信公の墓前に訪れました。
それ以前、昭和の頃から私の事務所の一隅を米沢新聞社東京事務所に貸してはいましたが、私が推薦して東京支社長に推薦していた釣友が突然辞職、そこで仕方なく私が東京支社長をやらざるを得なかったのです。
新年の挨拶で米沢をれた私は、赤湯温泉(南陽市)での新年宴会の翌日、故清野社長に米沢市内を案内して頂きました。
米沢城址、米沢に伝わる著名な工芸品「笹野一刀彫り」の名人宅を訪れて土産を頂いたり米沢牛の店などを歴訪した最後の仕上が上杉神社でした。
社務所で求めた線香に火を点けて墓前に供えながら故清野社長が言います。
「ここは上杉家の菩提寺で代々の藩祖が眠っている、謙信公も鷹山公も合祀されていますでな」
これは間違い、上杉鷹山は、明治35年(1902年)に建てた摂社「松岬神社」に移ってここにはいません。
謙信公の霊に合掌してご冥福を祈ったあと、沢山ある寺宝の中のほんの数点を特別に拝観させて頂きました。
長巻、刀剣、甲冑、装飾品の一部ですが、中には家老・直江兼続所用の浅葱糸威二枚胴具足や兜がありました。
帰路、また故清野社長が自慢げに言うのです。
「いま見せて貰えなかったが、川中島の戦いで信玄と一騎打ちで斬りつけたとき謙信公が被っていた白頭巾も遺されてますよ」
ここでまた口には出しませんが、「えっ?」と疑問符です。
上杉謙信と武田信玄が5度も戦った千曲川の「川中島」で、二人の一騎打ちが著名になるのは4度目の合戦です。
私の手元にある「甲陽軍鑑(こうようぐんかん)(武田方の史料)」の控えでは、謙信が馬上から幾度となく激しく太刀を振るうのを信玄が鉄製の軍配で防ぎ切った、と記述れてされています。
ところが、知人から見せて頂いた「上杉家御年譜・第一巻、謙信公(米沢温故会著)によると、信玄に一騎討ちを挑んだのは、謙信の奉行で直江兼続と肩を並べる「荒川伊豆守長実(あらかわいずのかみながざね)」らしいとなっています。
となると。荒川伊豆守は服装からして、謙信(当時は政虎)の影武者だったことになります。
荒川伊豆守は、永禄4年(1561)の「第4次川中島の戦い」で、謙信(政虎)軍1万3千と共に、武田軍が立て籠る海津城を眼下に見下ろす妻女山(西条山とも)に布陣します。
武田信玄はすかさず2万の兵を率いて妻女山を囲んで上杉軍の退路を断ち、自らの本陣は川中島を挟んで設営します。
両軍が睨み合って約半月後の9月9日の夕、謙信から「今宵、山を下る」の命が出ます。
謙信は、海津城の炊煙が異様に多いのを見て、武田軍が夜陰から早朝にかけてに妻女山に攻め登るとみて、その前に山を降りて下で待ち受ける武田軍を壊滅させる策に出たのです。
武田軍としては、妻女山を奇襲すれば、上杉軍は慌てふためいて敗走して山を下る、それを待ち伏せて殲滅する策ですから余裕があります。
晴れた日の夜明けの川辺は霧が出ます。この日(9月10日)の夜明けも濃霧でした。
その霧が夜が明けてゆくにしたがって晴れて見通しがよくなっています。
武田軍の軍師・山本勘助にとって一生一代の過ちがこの「きつつき戦法」です。
武田軍が間近に迫った上杉軍を眼にして陣形を立て直す間に、上杉方の先鋒・旗本騎馬隊が迎え討つ武田の将兵を蹴散らしてまっしぐらに本陣めがけて襲い掛かって来ます。
その真っ先で長刀を振るっている甲冑に白頭巾姿の武将が、荒川伊豆守だったのです。
伊豆守ら精鋭部隊は必死の形相で刀を振るい、まっしぐらに武田軍の本陣めがけて激しく攻め進みます。
夜中の奇襲を掛けたつもりが、逆に不意を突かれる形となった武田軍は、大混乱となりました。
この時の激しい戦闘で武田軍の山本勘助、信玄の実弟・武田信繁ら主だった武将が次々に討ち死にします。
戦況不利とみた信玄は、八幡原の本陣を撤退し、下流から川を渉るべく移動を始めます。
それに気づいた伊豆守らは一団となって武田軍の本陣に襲い掛かりました。
信玄を守る親衛隊も懸命に反撃に出ますが、その厚い壁を突き破って伊豆守が信玄めがけて太刀を振るいます。
信玄が刀を抜く間もない鋭い太刀先に、思わず信玄は手にした鉄製の軍配で防ぎます。
伊豆守が三太刀振るったところに邪魔が入って防戦となり、信玄をとり逃した上、自分も手傷を負ったのでその場から脱出しますが、その悔しさもまた想像できます。
その川中島での一騎打ちは、謙信と信玄の一騎打ちとして語り継がれましたが、伊豆守は一言もそれに反駁(はんばく)していません。
主君・謙信の命に従い敵中で命がけで戦い、凱旋後も名を捨てて「義」を守った荒川伊豆守長実もまた武士道の鑑(かがみ)と讃えることが出来ます。
しかし、歴史の世界は表に出ているのが真実、この現実を最近ではイヤというほど実感しています。
荒川和泉守長実殿、以て安らかに瞑すべし・・・


楠木正成にみる武士道

楠木正成にみる武士道

花見 正樹

楠木正成(くすのきまさしげ)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の武士です。
生誕は永仁2年(1294年)で死没は延元元年(建武3年)5月25日(1336年7月4日)が定説になっています。
幼名は多聞丸、長じて兵衛尉から正成となっています、
官位は、従五位上、検非違使、左衛門少尉、河内国・和泉国・摂津国の守護、贈正一位などです。
生涯を後醍醐天皇に仕え、兄弟子供ら楠木一族を上げて後醍醐天皇を奉じて鎌倉幕府打倒に貢献します。
建武の新政では、足利尊氏らと共に後醍醐天皇を助けますが、尊氏が北朝を奉じて反抗した後は、新田義貞、北畠顕家と共に
南朝側の武将として後醍醐天皇軍の一翼を担いますが、湊川の戦いで尊氏の大軍に敗れて自害して果てます。
単純にいえば、以上の通りですが、悪党と呼ばれる河内の土豪(大阪府南河内郡千早赤阪村)の家に生まれて、歴史の表舞台に登場し、死後は「大楠公」とも称されて忠臣の鑑とされ、かつては教科書にも登場していました。
「太平記」によると、正成は河内金剛山の西にある、大阪府南河内郡千早赤阪村に居館を構えていたとあります。
楠木正成の初戦は、元亨2年(1322年)、北条高時の命により、摂津国の要衝淀川河口に居する渡辺党との闘いで、渡辺党を壊滅し、次いで紀伊国安田庄司の湯浅氏を討ち、さらに南大和の越智氏をも撃滅して連戦連勝の戦功を挙げています。
湯浅氏とは領地問題、越智氏は六波羅役人殺害で幕府に所領没収で対立、北条高時は斎藤利行らを派遣しますが、毎回、越智氏らのゲリラ戦法に敗れていました。
そのため、六波羅は正成を起用し、正成は越智氏を討つことに成功します。
無名だった楠木正成が、幕府が手こずっていた渡辺党、湯浅氏、越智氏を討幕したことで幕府内、六波羅、世間の間に強烈な印象を持たれ一躍有名になります。
その後、正成は幕府被官でありながら後醍醐天皇の倒幕計画に加担することになります。
正成は河内に戻り、赤坂城(下赤坂城)で挙兵します。
倒幕に集まった有力武将は正成を除くと少数で、大軍を擁する幕府軍は一日で決着がつくと考え、直ちに攻撃を開始します。
笠置山に籠もった後醍醐天皇の本陣はたちまち陥落、後醍醐天皇らは捕えられますが、赤坂城に籠もった正成軍は幕府軍と戦って、少数で多勢の幕府軍を再三再四撃破します。敵が山頂に近ずけば弓矢や大石で応戦し、城壁に吊るした偽の塀を切って落とすなどで敵を退け、敵が楯を用意して攻めれば熱湯をかけて追い払うなど奇策を用いて幕府軍を翻弄します。
しかし、難攻不落と思われた赤坂城も急造の山城ですから、食料や水の備蓄にも限度があり、長期戦には適しません。そこで、正成は夜陰に紛れて敵兵の死体を集めさせ、大きな穴を掘って死体と薪を積み、城諸共火を放って裏山伝いに全員で逃げます。
赤坂城が炎に包まれたのは元弘元年(1331年)10月21日の夜です。
翌朝、幕府軍が山に登ると、焼け落ちた大穴に見分けのつかない焼死体が数十体、正成以下の楠木軍が「もはやこれまで」と一族全員で死を選んだ、とみて意気洋々撤退、同年の11月はに関東へ凱旋します。
赤坂城および正成の旧領は、正成と因縁深い湯浅宗藤が幕府によって派遣され、城を守ることになります。
元弘2年(正慶元年・1332年)4月3日、正成軍は湯浅宗藤軍の兵糧運搬集団(約500人)を襲って蹴散らし、食料を奪って隠し、その集団に化けて武器を食料に見せかけて隘路に入って蜂起、、城外の軍勢も同時に木戸を破って雪崩れ込み、湯浅軍は成すすべもなく降参、正成は戦うことなく赤坂城を奪還しました。
楠木軍は湯浅氏の軍勢も自軍に引き入れ、勢いづいて和泉・河内を制圧、5月には摂津の住吉・天王寺に進攻し、正成の奇略も生かして六波羅探題軍を打ち破ります。
その状況を知った北条高時は9月下旬、30万以上の幕府軍を派遣します。
これを知った正成は、赤坂城の背後に千早城を築き、さらに、金剛山一帯に点々と要塞を築きます。
元弘3年(1333年)2月以降、幕府軍と正成軍は激しい戦いを繰り広げている間に、後醍醐天皇が隠岐を脱出します。
後醍醐天皇の活躍と、後醍醐天皇の皇子・護良(もりなが)親王と組んだ正成らの活躍に各地に倒幕の機運が各地に広がり、赤松円心らに次い、で5月には足利高氏(のち尊氏)が後醍醐側に寝返って六波羅を攻め落とします。
さらに、幕府から多額の献金を求められた新田義貞の反逆で、ついに鎌倉幕府は壊滅、北条一族は舘に火を放って自刃します。
こうして醍醐天皇が京に凱旋、建武の新政が始まり、戦功第一の正成は、記録所寄人、雑訴決断所奉行人、検非違使、河内・和泉の守護、河内守(国司)と重要な職務を兼ねた上に、河内の他にも土佐安芸の荘、出羽、常陸など多くの所領を与えられます。
正成は、建武の新政までは後醍醐天皇の絶大な信任を受けていたのです。
その後、護良親王が謀反の嫌疑で捕縛されたのを機に、護良親王側近の正成は建武政権の役職を辞しています。
さらに、足利尊氏が、鎌倉で後醍醐新政に離反して反抗ののろしを上げま、それを追討すべく派遣された新田義貞が箱根・竹ノ下の戦いで敗れて京へと逃げ戻り、これを追う尊氏は京へと迫り、それを迎え討つ後醍醐軍に楠木正成は、北畠顕家や新田義貞軍と合流します。
この合戦で、尊氏に一度は京都を制圧しますが、義貞、顕家、名和長年、千種忠顕らの総攻撃に加えて、正成の策略と奇襲によるって尊氏軍の大軍を撃退し京都奪還に成功、その後の戦いで、尊氏の軍を九州へと駆逐します。
この合戦後、尊氏に好意をもつ正成は、後醍醐天皇に尊氏との和睦を進言しますが、一笑に付されて拒絶されます。
この時、正成は、尊氏と義貞の私憤が争いの元とみて、義貞の首を以て尊氏と和睦との説を提言します。
後醍醐天皇側近の公家達の意見を重視する天皇は、反旗を翻した護良親王側近の正成の意見を重用しなくなっていたのです。 そして、正成に最期の時が迫ります。
足利尊氏が九州を出て各地の有力武将を集めて大軍で再び京に迫まります。
それを迎え討った義貞軍が、大軍に一蹴されて兵庫に退却したという早馬が届くと、後醍醐天皇は直ちに正成を呼び出して、一刻も早く義貞軍と合流して尊氏軍を迎え撃つように命じます。
正成は冷静に、勢いづいた尊氏の大軍に対して、新田と楠木両軍を合わせた小勢では確実に負け戦になる、新田軍を京に呼び戻して総力を結集して淀川口で迎え討てば勝機はある、と進言します。
この正成の必勝の策も後醍醐天皇には容れられず、「即刻兵庫に急ぎ義貞軍に合流せよ」との命が降りました。
これは、後醍醐天皇が側近の古参の公卿・坊門清忠の意見を尊重したからです。
この絶望的な状況下で死を覚悟した正成は、息子の正行に「今生にて汝の顔を見るのも今日限り」と、再起を図るように言い含めて桜井の宿から河内へと息子を帰します。
湊川の戦いでは、多勢に無勢で正成と義貞の軍はたちまち敵軍に包み込まれて引き離され、あったため、正成は弟の正季(まさすえ)に「もはやこれまで」と言い、菊水の旗を翻して700余騎の軍勢で、足利軍の主力・足利直義の大軍に突撃して奮戦し、足利方の大軍を蹴散らして退却させ、直義をも敗走させます。
それを見た尊氏は、新手な軍を投入、吉良、高、上杉、石堂軍の総勢6千余騎が湊川の東に駆けつけて、楠木軍と戦うことになります。その後も3刻(6時間)の合戦で楠木軍は100騎にも満たない少数に激減、しかも全員が満身創痍、これ以上は無理とみた政面の合図で、楠木軍は囲いを破って疾駆して戦場を離脱、一軒の農家を見つけ無人なのを確かめてて馬を捨てて香駆け込み、正成は鎧を脱ぎ捨て、同行70余の部下に正成が死出の挨拶、弟の正季が兄の気持を代弁し「7度生まれ変わって朝敵を滅ぼさん」と述べて家に火を点け、正成と刺し違えて自害して果てます。続いて橋本、宇佐美、神宮寺、和田ら一族郎党が差し違えて炎の中に倒れ込みます。
やがて南北朝の争いが、足利尊氏が率いた北朝側の勝利に終わると、南朝側武将の正成は朝敵とされます。
しkし、永禄2年(1559年)に正成の子孫・楠木正虎の赦免嘆願が認められ、正親町天皇の勅免が出て正成は朝敵ではなくなります。楠木正成はその生涯を後醍醐天皇のために「義」を貫きます。
これもまた武士道の鑑として讃えるべきと私も信じます。


柏木総蔵にみる武士道

||
柏木総蔵(左)と江川太郎左衛門英龍(右)

柏木総蔵にみる武士道

花見 正樹

私の幕末史は、まず伊豆韮山の代官・江川太郎左衛門英龍(ひでたつ)から始まります。
この江川英龍抜きでは幕末内乱は語れないのです。
徳川家の民政を代行する代官として相模・伊豆・駿河・甲斐・武蔵の天領を任され、最終的には約26万石にも及ぶ広大な地域を任されています。
江川家の歴史は古く、千年以上も遡るとその祖が清和天皇の皇孫で臣籍降下した源経基(みなもとのつねもと)で、そこから分家した大和源氏の祖とされる源頼親(みなもとのよりちか)が初代であることまで確かめることが出来、幕末に名を馳せた「世直し大明神こと江川太郎左衛門英龍は36世孫になります。
平安時代、江川家の祖先は大和国(奈良県)に一大勢力を築き、大和守(やまとのかみ)を名乗り、現在でも直系ご子孫は「大和将軍四十X世孫」という印を持っているそうです。
と同時に、太郎左衛門を世襲名としました。したがって、英龍の父は太郎左衛門英毅(ひでたけ)、英龍の子も太郎左衛門英敏、太郎左衛門英武となります。
その江川家の旧姓は宇野、平安時代に奈良から伊豆に移住した折に江川と改姓しています。
その後、源頼朝の伊豆旗揚げに参加し、鎌倉・室町幕府に仕えて、イ伊豆ヤマキの豪族として勢力を伸ばします。
16代江川英親(ひでちか)は、突如として世に現れた日蓮に帰依し、江川家は今日に至るまで日蓮宗の熱烈な支持者になっています。
室町幕府崩壊後の江川家は。北条早雲の伊豆入りに呼応して、23代英住(ひでずみ)が早雲の重臣となり、以後、後北条氏に仕えて韮山の地で代官を任されました。
天正18年(1590年)に豊臣秀吉による小田原攻め際、北条方代官の江川家28代英長が徳川家康の軍門に下って従来通りに韮山での代官および領地を安堵されます。
それ以降の江川家は、享保8年からの35年間を除いて幕末までの間、徳川家を代行して相模・伊豆・駿河・甲斐・武蔵の天領の代官として民政に当たることになります。
伊豆を拠点とした江川家は、酒造り、農地の改良、新たな作物の栽培、人材の発掘など天領の発展に尽くします。
とくに、36代江川英龍は、江戸3剣聖の一人、斎藤弥九郎と並ぶ神道無念流の達人の上に海外事情に詳しい文化人で、洋学の導入、民政・海防の整備に実績を残し、日本で最初にパンの製造に成功した人物としても知られています。
さらに、幕末期の江川家は、伊豆韮山の屋敷だけでなく、江戸屋敷も解放して「江川太郎左衛門鉄砲調練所」として諸藩の武士の軍事調練にあて、各藩から預かった弟子の総数は4千人を上回ったとする説もあります。
万延元年(1860)に咸臨丸(木村摂津守喜毅提督)で渡米した江川家手代、江川塾関係者は、中浜万次郎、小野友五郎、肥田浜五郎、松岡磐吉、吉岡勇平、根津欽次郎、福沢諭吉(桂家推薦・木村喜毅従者、江川家とも縁あり)、齋藤留蔵(鼓手・江川家が木村喜毅に従者に委託)などです。
なお、江川英龍が解放した韮山の軍事訓練所は、通称「韮山塾」として世に知られ、日本の近代に欠かせない多くの人材を輩出したのです。佐久間象山は英龍の弟子で、その門下生に吉田松陰、西郷隆盛、大久保利通、桂小五郎などがいます。
黒田清隆、大山巌、久坂玄瑞らも名を連ねています。
また、江川家の手代として剣友の斉藤弥九郎、アメリカ帰りのジョン万次郎などがいて、武術、砲学、語学などの学習に加えて、大砲(青銅製)や小銃製造なども本格的に学べるとあって東西各藩から選ばれた人材が集まって大変な賑わいでした。
その江川英龍を補佐して東翻西走、超多忙な陰の人物がいます。
それが、表題の柏木総蔵(忠俊・文政7年3月25日(1824年4月24日)~明治11年(1878年)11月29日)です。
柏木家は代々、江川太郎左衛門家の手代を務めてきた家柄です。
総蔵は父・柏木平太郎の三男として生まれ、14歳のときに江川英龍の中小姓兼書役見習となり、4年後の18歳で手代(公事方に進んで江戸詰となり、英龍の秘書的存在となって陰で活躍し、英龍に替わって諸方との折衝に当たったり、砲術・航海術・蒸気船製造、医学の習得までも目的とする長崎遊学をして、江川家のために働いています。当然ながら韮山反射炉や品川台場の築造に従事したり、江戸屋敷でパン製造を行ったり、と英龍の手足となって働き、その温厚で寡黙な人柄と並外れた実行力は、英龍の子等をも支えます。
代官・江川家に尽す柏木総蔵の隠れた名声はその人望と共に誰もが認めるところです。
その柏木総蔵が鳥羽伏見の戦いが勃発した直後、38代江川英武の出席も得て手代番頭を招集し緊急会議を開きます。
各藩を巻き込む内乱が勃発した今、江川家はどうすべきか議論は沸騰、手代の大半は幕閣に参加した先代英龍の義を守って幕府に殉ずるべきである、との説が過半数を占め、若い英武が亡き父の片腕でもある総蔵に決を仰ぎます。
それまで、瞑目して夫々の意見を聞いていた総蔵が決然として言い放ちます。
「江川家は新政府側に付く。徳川家に恩義はあれど、将軍が敗走して謹慎蟄居された今、幕府に利あらず」
総蔵は断腸の思いで江川家存続の道を選び、それに猛反発して激怒する齋藤新九郎らと決別を宣言します。
「江川家は戦いには出ぬ。双方に江川家に学んだ將がいての戦場に人は出さぬ」
その上で総蔵は、幕閣や各地各藩の資金力や士気、武器、意欲、信念、改革への意気込みなどを分析し、彼我の差から天朝を表面にして官軍を装う薩長連合に義はなけれど勝利への執念あり、準備整わず足並みの揃わぬ幕府軍に粘り抜く力なし、と分析し勝敗の行方を読み、江川家への義を守って主家の没落を防ぐ策を選んだのです。
その背信行為に対して、当然ながら手代、手付から怒りが爆発します。それを宥めたのが若い江川家当主・英武です。
「総蔵の言は、父の言葉と思え、これが父の遺言です。私は異論はありません」
江川家はいかなる逆境にも耐えて「生き残る」、これが文字にない家訓として伝わるからこそ千年の歴史があるのです。
これに反発して江川家を去って幕府軍に合流した手代もいますが、江川家の方針は総蔵の決断で決まりました。
坦庵の死後、江川英敏・江川英武を補佐し、維新時にはこうして素早く朝廷に帰属して江川家を守り、芝新銭座の大小砲習練場(江川塾)の土地は、幕府瓦解と共に、総蔵が長崎遊学時から親しくする福沢諭吉に払い下げて慶應義塾の教場に提供します。


その後も総蔵は江川家と地元のために尽し、足柄県設置後は参事から権令、県令へと進み、学制頒布に伴う教員養成のため講習所を設置、現在の静岡県立韮山高等学校の基礎を築きます。
総蔵は、旧門人の木戸孝允(桂小五郎)らの勧めを断って終生新政府に出仕することなく、福澤諭吉、木村喜毅ら旧幕臣との交遊を深め、主家の江川家を援けて伊豆の民業育成に尽くします。
柏木総蔵もまた神道無念流を学んだ武人として江川家への「義」に生きた傑物の一人です。


太田道灌にみる武士道ー2

 


太田道灌にみる武士道ー2
(義に生きた漢(おとこ)

花見 正樹

東京都荒川区のJR日暮里駅東口広場には、騎馬姿の堂々たる大田道灌の銅像があります。
銅像の名称は「回転一枝」で、製作は橋本活道氏、企画推進は文芸評論家の村田一夫氏(開運道顧問)です。
ここ日暮里地区には道灌山の地名や小学校名が存在し、太田道灌の勢力拡大の勢いを示しいます。さらに、さいたま市岩槻区にも太田という地名があり、岩槻市の芳林寺にも道灌の騎馬像が建立されています。
さらに、そこから東にある千葉県柏市には太田道灌の名を冠した小字(こあざ)の地名が9ケ所も実在していて、太田道灌が境根原合戦でここまで勢力を拡大していたことも、道灌が人々に好かれていたこともよく分かります。
江戸城を築いたほどの太田道灌ですから一国一城の城持ち大名かと思うとさにあらず、相模国守護大名・扇谷(おうぎやち)上杉定正の家宰(筆頭重臣)です。家臣でありながら主君以上の力量や人気があり、いつでも主家を乗っ取って併合することも可能でしたが、道灌はあくまでも筆頭重臣として主君を支えます。
扇谷上杉家を代表する存在の道灌は、鎌倉公方4代の足利持氏と本家筋の山内上杉家が対立して激しい戦い永享)の乱)でも真っ先に駆けつけて山内上杉家に味方して持氏を滅ぼしています。さらに、その後の享徳3年(1453年)以降は、持氏の遺児である古河公方・足利成氏との長期の戦い(享徳の乱)でも本家・山内上杉家のために一命を賭して戦っています。
その戦功もあって道灌の名声と勢力は、主君・扇谷上杉定正や本家・顕定を遙かに超えるようになっていきます。
その後も戦いは起こりますが、道灌の軍はよく主家の危機を援けて連戦連勝、ますます道灌の名声は大きくなるばかりです。
文明9年(1477年)には、前年に反乱を起こした山内上杉家の重臣・長尾景春が主家と扇谷家同盟軍が籠る五十子陣を急襲、
定正と顕定は完敗で命からがら上野国へ敗走、長尾軍の追撃で上杉同盟軍は最大の危機に陥ります。それを知った道灌は軍を率いて両軍主力と主君の救出に向かって長尾軍を撃破、立ち直った定正も転戦して勝利を収め扇谷家本拠の河越城を守ることが出来ました。
その後、主家の扇谷上杉定政が本家・上杉顕定とが、古河公方との和睦を巡って対立、道灌の仲介で和睦はなりますが、道灌の勢力が主家を遙かに凌いだことで周囲の妬み警戒から周囲の讒言(ざんげん)を買います。
扇谷定正は、本家の策謀に煽られて、山内上杉家重臣・長尾景春反逆の例から道灌の裏切りを恐れて道灌誅殺を決意します。
文明18年(1486年)7月26日、道灌は主君の扇谷定正から、「戦勝を祝う」と相模の糟屋館に招かれ、いて暗殺されます。
死に瀕した道灌が、主命により仕方なく道灌を刺した刺客が詠んだ上の句に、苦しい息の下から上の句に応え、さらに血を吐くように呻いた一言が遺されています。
「当方滅亡!」
命がけで主家の安寧のために戦い続けた道灌が、ついに主家の扇谷・上杉定正を見放した瞬間です。
そのまま道灌は息絶えます。
長期に渉っての冷遇に耐え忍びつつ「義」に生きた太田道灌・・・55歳の人生でした。


安倍晋三総理にみる武士道

安倍晋三総理にみる武士道

花見 正樹

上杉謙倍は武田信玄と14年間、お互いに好敵手として戦っていますが、 その信玄の死を知った謙信は「敵ながらもっとも優れた將だった」と人目も憚らず働巽したといいます。 その謙信と信玄は、お互いに通じ合うものを感じていたのは間違いなさそうです。
信玄の領地・甲斐の国は、海から遠く離れた山国で塩が取れず、それまでは東海の覇者・北条(氏康)氏から供給を受けていました。ところが、この頃は西の織田信長も勢力拡大を図っていて、北条も余力がありません。一説によると信玄の勢力を弱めたい、と願って塩の供給を拒絶したとも伝えられています。
それを知った越後の上杉謙信は、敵である信玄の窮状を間諜から聞き、自領で取れた多量の塩に書状を添えて送ります。
「我、公と争ふ所は弓箭にありて米塩にあらず。請、今より以往塩を我国に取られ候へ」
その後、越後の塩商人も決して暴利をむさぼることなく甲斐に塩を運んだそうです。
この例をとった新渡戸稲造は、ローマの將・カミラスの言葉を添えています。
「われらは金をもって戦わず。鉄をもって戦う」
ニーチェは「おのれの敵を誇れ。されば汝の敵の成功は汝自身の成功となる」
との言葉に重ねて新渡戸稲造は、武士の心情にも触れています。
この例からみて、「よき敵、よき友」と戦ってこそ勇気と名誉に価値があることに気づきます。
となれば、平時においても共に友人として価値ある人物のみを友としてこそ「仁」も「義」も知ることが出来るのです。
それに引き換え、一国の長である安倍晋三総理の人間関係の希薄さは哀れなほど惨めです。
森友学園の理事長で国粋主義仲間の籠池泰典氏などもその一例で、右翼仲間の旧友ながら今や友情の欠片も見えません。
これからも国会や検察を巻き込み、衆人監視の下で戦うのですが、これは聖戦など意義ある戦いではなく、限りなく醜い泥仕合です。
森友事件の闇は、これからが本番で、双方から汚い膿が流れ出します。
学園側からも財務省(総理側)からも死者はすでに2名づつ出ていますが、財務省の女性職員が一人自殺未遂ですから総理側がスキャンダルで一歩リードです。ただし、学園側の土砂搬入業者は殺されたのではないか? との疑いも出ています。
安倍総理が是非開校をと切望していた「瑞穂(みずほ)の国記念小学院(一部では安倍小学校と呼びます)」は、ついに籠池理事長が設置認可申請を取り下げた上で学園理事長も退任するそうです。
しかも、真相を語るどころか、メディアと右翼に対しては籠池氏の長男・佳茂氏が「全保守の皆さん、日本を愛する皆さん、安倍晋三総理以下、皆様方、森友学園の今後の行く末をどうぞよろしくお願いします」と頭を下げて幕引きを宣言して戦いを放棄しました。
これは、固唾を飲んで成り行きを見守っていた国民の期待は裏切りましたが、保身(命乞い)と考えると納得です。もはや経済的にも破たんしている籠池一家が生き伸びるには、この戦いから身を引く以外に道はありません。
したがって、この幕引き宣言は賢明だったとも言えます。
ただし、検察に武士の情けが通用するのか? これは疑問です。
さて、誰が見てもこの事件の本丸は安倍総理夫妻、それを疑う者など誰もいません。
怜悧で冷酷な安倍総理は、周囲の人間が総理を庇って自殺し始めたのにも動じず、盟友で親類の麻生財務相切りも厭いません。ここで、さらに自分の妻の証人喚問まで認めてまで保身を図ろうとするなら「武士道」の風上にも風下にも置けません。
国民にも国会議員にも「武士の情け」はあります。
安倍総理は、新渡戸稲造の「武士道」に学び、潔く真実を語って妻の分も謝罪して直ちに引退されることを勧めます。
それでもなお検察が追及するとは思えません。
安倍総理がなお私欲に拘って逃げ切りを図ると、やがて底なし沼に引きずり込まれて身動きがとれなくなります。
次の死者が出る前に真実を述べて引退を・・・です。


真に勇気ある者は死に際しても平静である。

真に勇気ある者は死に際しても平静である。

花見 正樹

勇気を精神面で表現すれば、冷静沈着さ、すなわち、いざという時の落ち着きです。
そのために日頃から心を鍛えるために禅の修行などで、緊急時でも平静さを保てるように努力します。
平静さとは、緊急時における勇気の証拠であり、勇敢な行為の表現でもあります。
勇気ある者は、常に落ち着いていて、いざという時にも冷静に最善の判断ができます。
勇気ある者は戦場の修羅場でも、最悪の状態で死に瀕した破滅的状況でも心の平静さを保っているのです。
新渡戸稲造の「武士道」にも載っている逸話があります。
初期の江戸城を築城した太田道濯は文武両道の達人でしたが、北条早雲の陰謀によって。風呂から出たところを刺客の曽我兵庫に襲われ槍で急所を刺されます。
道濯が歌の道において達人であることを知る刺客は、止めを刺す前に上の句を発します。
「かかる時こそ生命の惜しからめ」
道灌は致命傷にもひるまず息絶え絶えながら下の句を続けます。
「かねてなき身と思い知らずば」
これは「小田原北条記・巻一」に記述されている逸話で、それを新渡戸稲造は引用したのです。
そのやりとりの意味は、「このような時、どんなに命が惜しいだろう」「前もって元から存在しない自分と悟っていなかったならば」と伝えられています。
真に勇気ある者は、死に臨んでも「余裕がある」一例ですが、天災人災でいつ災難に襲われるか分からない私達も学ぶべき価値があるはずです。


「心身の鍛錬」も武士道の根源です。

「心身の鍛錬」も武士道の根源です。

花見 正樹

勇気だけで武士道を全うできると考えると、誤った義理のために命を落とす場合があり得ます。
義理は、しばしば偽善と知りながらも従来のしがらみから抜け出せずに、本意ではない行動をとらざるを得なくします。
「武士道」を正しく理解すれば、いざという時に鋭敏な感性が果敢な勇気を呼び覚まし、理性と忍耐力で窮地を脱して義理掛けによる犬死の愚を免れることも出来ます。
孔子の論語の中に、「義をみてせざるは勇なきなり」という一言があります。
勇気は、義によって発動される。これでなければ、武士道による徳行の価値はありません。
孔子は論語の中で、命題をあきらかにする方法で勇気の意義を示しています。
この格言を肯定的に受け止めると、「勇気とは正しいことをすることである」となり、正しくないことにまで命を投げ出すのは「勇気」の本意ではないことになるのです。
武士道では、「大義の勇」と「匹夫の勇」を区別しています。
勇猛果敢、忍耐強さ、豪胆などを含む「勇気」こそがいざという時に真の正義を守るものとなるのです。
武士道に関する武士の家庭教育は、母からも容易におしえられています。
幼な子が転んだり争いごとで怪我の痛さに耐えかねて泣いた時、母は「これくらいで泣くなんて何という臆病者ですか! 戦さ場で腕を切られたり、切腹を命じられたらどうするのです? いちいち泣くのですか?」と子を叱ります。
歌舞伎の[先代萩]の中で、まだいたいけな幼君・千松が、小鳥が餌を突くのを見てひもじさに「われも早う飯が食べたいわい」と口にすると、実母の政岡が我が子の餓えに悲しんで心の中では泣きながら強く叱る場面があります。
「小鳥を羨むなど何とはしたない。小さうても侍ぢや」
こうして、幼少期から忍耐の精神と勇敢さは教育されてゆきます。
時には、親の所業は残酷ともみえますが、このような苛烈な手段も子供達の胆力の錬磨には必要だったのです。
食物を与えられなかったり、朝食前に冬の寒い中を薄着に素足で寺小屋に通い、素読の稽古をしたり、しばしば、少人数で集まって、処刑場、墓場などをめぐることもありました。
さらに、斬首が公衆の前で行われる時は、幼い少年にもその光景を見せ、真夜中、そのさらし首に自分の印をつけた布を巻いて来るという度胸試しも行われています。
ともあれ「胆を練る」ことが武士には必要なことで、その反面、人に対する優しさも育てないと真の武士にはなれません。
これらは現代では無用なのでしょうか?
新渡戸稲造が触れていない現代でも、この胆力鍛錬は、いざという時に役立つのは間違いありません。
形は変わりますが、私は若い時から渓流釣りで夜中から山奥での独り歩きには慣れていて、物音に対する警戒心や恐怖心が他人とは少々違うような気もします。それがいいのか悪いのか、これから結論がでるような気がします。