1、人間関係のストレス対処法-1

キャッチフレーズ、村長の一言は、上部にありますのでクリックしてください。

「楽しく長寿・ストレス発散」

花見 正樹

1、人間関係のストレス対処法-1
 長寿の秘訣は、1にも2にも「ストレスを溜めない」ことです。
前々回は「腹式呼吸法」で自律神経を穏やかにし、前回は「睡眠時仮死法」で、死んだ気になって怖い物なしの心境になりました。今回はストレス発症の原因として尤も多く取り上げられる「対人関係」についての対処法の1例です。
人間関係の陰湿なトラブルは、ストレス高じてウツになる可能性があるだけに安易に見過ごすことは出来ません。
人間関係からウツ病になった人が完治すると、二度とあんな目に遭いたくないと、交際する人も慎重に選ぶようになります。
人は「オギャー」と生まれた瞬間から親子関係、兄弟姉妹、親類や家族の友人知人を始め多くの人の目に晒され、保育園や幼稚園、小中学校や高校などの学生生活で人間関係で揉まれ、社会人になると嫌でも様々な階層の人との交流が待っています。
こうして社会人としての対人交流術を身につけてゆきますが、その過程で結婚など家族単位の新たな環境が生まれたりします。
人は生まれてから天寿を全うして墓場に入るまでには、ごく普通の人でも数千人との接触があり、多かれ少なかれ人間関係の摩擦で生じるストレスと戦いながら生きるという宿命は避けて通ることが出来ません。
自分が関わる全ての人と、つねに円滑に協調できる人がいたとしたら、よほどの聖人か、要領のいい偽善者か、無神経な人間か、そのどれかに該当するに違いありません。普通の人なら必ず、何となく相性が悪い人の一人や二人はいるものです。
なぜなら、人間には必ず自分と波動(脳波)の合わない人がいるからです。
人間関係の機微や好き嫌いを現す言葉を考えてみてください。
「気が合わない」「虫が好かない」「うまが合わない」「反りが合わない」「肌が合わない」「波長が合わない」「性(しょう)が合わない」「考え方が合わない」と、日常的に用いていますが、この中で論理的なのは「波長が合わない」ぐらいのもので、「虫が好かない」などはまるで説明がつきません。
ところが、この世の中、第一印象から「虫が好かない」人がいるから不思議です。しかも、こちらが「虫が好かない」人は、相手からも「虫が好かない」のですから、その溝は時間をかけて努力しても埋まるものでもないだけに厄介なのです。
例を挙げて恐縮ですが、私の親友でもある日本の心霊研究の第一人者のK氏(開運村HPで各地のパワースポットを紹介中)は、某テレビ局制作部長時代、この「虫が好かない」同僚と同じ部屋でデスクを並べた経験があります。
そこでK氏が考えて、「虫が好かない」同僚に出した提案は、お互いに「虫が好かない」相手が感心するほど理に叶っています。それは、「お早う」以外は一切口をきかず、用件は全てメモ書きで済ます、というもので、口をきかなければムカつくこともないのを知っている大人の対応です。


1、長寿の秘訣ー4

300708分

キャッチフレーズ、村長の一言は、上部にありますのでクリックしてください。
下の絵は仙台市在住の村上画伯の作品です。

「楽しく長寿・ストレス発散」

花見 正樹

1、長寿の秘訣ー4

長寿の秘訣はストレスを溜めないこと、これに尽きます。
したがって、今回もストレス解消法に触れます。
前回は、ストレス解消の第一歩は「腹式呼吸」にあり、と。体の使い方から申し上げました。この呼吸法で心を落ち着かせて自律神経の正常化を図ろうという策ですから、受験生、武術家、アスリート、俳優、政治家、冷戦中の夫婦などありとあらゆる人々の役に立つのが、この腹式呼吸です。
ところが、この腹式呼吸は臨時の現場対応策ですから、ストレス解消の本丸退治にはなりません。
そこで、自分を見直してストレスの原因を根元からバッサリと伐採して廃棄か消却処分しなければなりません。
時には荒療治も必要な場合もあります。
私の場合、「村長の一言」でも触れたことがありますが、挫折の人生そのものですから、ストレスが生きてきたようなものです。本来なら、とっくに胃潰瘍や心臓発作などで死んでいてもおかしくないはずなのに、こうして毎日を楽しく生きているのですから、世の中は全く妙なものです。これも、ストレス学の大権威・藤井尚治師のお蔭であるのは間違いありません。
前回の「腹式呼吸」は身体の遣い方でしたが、これに続くストレス解消法の第二弾は心の問題です。
心の問題で解決できたら、もうストレスで苦労することが消えますから、このコーナーは不要になります。
でもストレスは多種多様、手を替え品を替え姿を変えて私達に襲いかかってきますから油断はなりません。
ましてや前述の如く「挫折の人生」をよろよろ歩き続けている私ですから、ストレスの克服法は生きるためにも絶対に欠かせません。そんな私の転機となった出来事がありました。
昭和53年、私が人生で最も多忙だった42歳の後厄の年、寝不足で心身共にガタが来たのを機にM記念病院の一泊人間ドッグにお世話になりました。そこで見つかったのが心臓の右脚ブロック(血行停止)です。
診断解説の若い医師はこともなげに言い放ちます。心の準備もありましょうから、と前置きした後、言い放ちました。
「余命5年、心がけと運が良ければもう少々は長生き出来ると思います」
その瞬間、頭にガーンとハンマーで殴られたような衝撃が走ったのを今でも鮮明に覚えています。
なにしろ本業(花見化学)も多忙、副業の音楽制作、占術家、結婚相談所、テレビやラジオのレギュラー出演などに加えて、弓道や渓流釣りの趣味も入り混じっての殺人的スケジュールでしたから、医師の一言は死刑宣告にも等しいものでした。
それからの日々は身辺整理に明け暮れ、残りの人生をどう生きるかを考えましたが、思いは千々に乱れて結論は出ません。
禅の師匠・北鎌倉円覚寺の朝比奈宗源師は「自我を棄てること」と禅問答めいた助言で応じますし、友人の富家孝医師は、「左脚なら数年で死亡、右脚ブロックは左脚を太くすれば大丈夫」と全く気にもしません。
富家医師は、このコーナーと同じ「お休み処」内で「死に方格差社会」の連載をしていて、格闘技の世界では知らぬ者のない有名人です。かつては新日本プロレス所属のコミッションドクターでした。かつての試合でアントニオ猪木の背後から、新人のハルク・ホーガンが必殺技のアックスボンバーを炸裂させ、アントニオ猪木はマットに倒れ、舌を出したまま失神するという醜態をさらけ出し、この瞬間からアントニオ猪木最強神話は音を立てて崩れ堕ちました。その時、マッドに上がって応急処置をしたのが富家医師です。富家医師は70歳の今でも慈恵医大の相撲部の総監督を務めています。
このアントニオ猪木失神事件は、新人のハルク・ホーガンが功を焦って台本にない行動に出た結果とも言われています。
なお、富家医師の著書「医者いらずの健康法」でも、予防医学としてのストレス解消の重要性を熱く語っています。
なお、藤井尚治医師によれば、ストレス解消のコツは、ストレスに強くなること・・・これも一理あります。
さて、ここで先に結論を申しあげます。
私が実践した方法は、昔の武士の鍛錬にもある「死んでみる」ことです。
これは眠りに入る前に、毎晩「この世とお別れ」するのです。入眠と死、目覚めと蘇生、これを繰り返すのです。
この繰り返しの中で、いつかは蘇生がなくなりますが、それは明日かもしれないのですが、一応、目標は百歳超えですから、あくまでもくんれんとしての臨終体験ですが、それでも朝の目ざめは「今日も生きていた!」という喜びにつながります。
私は、この「臨死入眠」によって開き直って心臓欠陥を忘れ、毎朝、生きている喜びを堪能してストレスも克服しました。
人間は死んだ気になれば・・・の論からすれば、少々のストレス如きは気にもなりません。
「腹式呼吸」の次が「臨死入眠」のお勧めでは異質過ぎるとお思いかもしれmなせんが、まず今夜から死んでみてください。
眠る前に、このまま死んだら、と真剣に考えてみることが大切です。
この際、「このまま一緒に死んでもいいと・・・」の歌の文句はきっぱりと忘れてください。
本気で一緒に死んでくれるひとなど、そうやたらにはいないものです。あなたは例外? ご馳走様です。

ともあれ、今日からは「腹式呼吸」と「臨死体験」でストレスは激減します。
次回は、対人関係のストレスについて考えてみます。

 


1、長寿の秘訣ー3

キャッチフレーズ、村長の一言は、上部にありますのでクリックしてください。
8月は文月、絵手紙はいかがですか?
下は仙台在住村上画伯の絵です。

「楽しく長寿・ストレス発散」

1、長寿の秘訣ー3

花見 正樹

長寿の秘訣の第一は、ストレスを溜めないことです。
前回は、ストレス・チェック20項目でしたが、いかがでしたか?
第一問の、「家庭内問題(義父母、父母、夫婦、子供等)で悩みがある」、これは、嫁と姑(しゅうとめ)問題など厄介な永久課題を含めて、夫婦の浮気問題など、なかなか話し合いだけでは解決出来ない感情的な対立があり、イライラは増幅しがちです。そのストレスもこれから学ぶストレス克服法で軽減させないと心身の健康に悪影響をもたらします。
家庭内問題解決の最善方法は、時期を待っての話し合い、これが一番です。家族や親族に付き物の盆や正月、冠婚葬祭や誕生祝いや入進学や就職・転職、転居など様々な機会を生かしての急接近出の話し合い、これに尽きます。普段は没交渉、当らず触らず我慢と忍耐、知らんぷり、これに徹底して衝突を防ぎ傷口の拡がるのを抑え、チャンスとみたら一気に話し合いに持ち込むのです。では、日頃のストレス解消法は? それが今日のテーマ「腹式呼吸法」です。
まだストレス・チェックをされてない方は、是非お試しください。
健康で長生きして人生を楽しく過したい方は、まずストレスを溜めないことです。
NETでも話題になっていましたが、北海道大の村上正晃教授(免疫学)のチームのマウスを使った実験の研究結果が科学誌に発表されています。それによると睡眠不足などの慢性的なストレスを与えたマウスを二つに分けて、一方には、自分の神経細胞を攻撃してしまう免疫細胞を血管に入れたところ、そのマウスの約7割が1週間ほどで突然死したとあります。その死因は、ストレスによる胃腸障害だけでなく脳内にも炎症を発症しているそうですから、過度のストレスが命にも拘わることは明らかです。
ただ、その実験に耐えて生き残ったマウスがどうなったのかは知りませんので、速断は出来ませんが、過度のストレスが寿命に悪影響を及ぼす野だけは間違いありません。これは人間でも他の動物でも同じような気がします。
では、ストレスの原因が分かってもすぐ解決できない場合の対処法は?
緊急時のストレス解消法には、様々な方法があり、どれが一番ともいえませんが、手っ取り早いのは呼吸法です。
人は誰でも呼吸をしますが、その呼吸を少し意識するだけで、ストレス解消法、美容健康法、自立訓練法など様々に活用できるから便利で簡単、しかも無料です。
腹式呼吸は読んで字のごとく、吸った空気を腹部まで吸い込む要領で体に入る酸素を深く大量に入れ替える呼吸法で、そのコツは最初に体内の汚れた空気を全部吐き出すことからスタートすることが大切です。
開運道の自己啓発講座では「美しくスリムになる開運コース」がありますが、その基本も呼吸法、私がいま緑内障&視野狭窄症克服に用いているのも呼吸法、先日テレビで拝見した米軍精強部隊「グリーンベレー」の特殊訓練の一つが呼吸法です。
その呼吸の基本の第一歩が腹式呼吸です。腹式呼吸法は、自分の感情をコントロールする自律訓練法の基本となる大切なものですから、是非、今から複式呼吸法を意識してみてください。
ふつうの呼吸は、誰でも日頃から意識せずに実践しているだけに、改めて腹式呼吸法を学ぶには多少の抵抗があるのは止むを得ません。しかし、ヨガでも武道でもスポーツ選手でも、歌手や芝居の世界でも腹式呼吸法を大切にするのは、それなりに重要な意味があるからです。初対面の人と会う前に緊張しているのを感じたら深く腹式呼吸するだけでも心は落ち着きます。
以上から、腹式呼吸法がストレス解消に役立つことはご理解頂けたと思います。
ストレス解消の第一歩は腹式呼吸、二歩目は? それは次回のお楽しみに・・・

 


開運道式 ストレス・チェック

開運道式 ストレス・チェック

花見 正樹

今回は、開運道式ストレス・チェックです。
ストレスの原因には多種多様、さなざまな要因があり、人それぞれの感性や性格の違いで感じ方も違います。その中でもストレスの原因を調べると、大きく分けて5種類に分けられます。

1・愛情問題と人間関係の悩み
2・学業や仕事、学校や職場の悩み
3・心の健康と体の健康の悩み
4・現在の経済面や将来の経済問題の悩み
5・その他(不慮の出来事など他の全て)の悩み
以上の5種類をさらに細分化すると、また幾つかに枝分かれすることも分かってきました。そこで、下記に開運道式・ストレス・チェックを用意しました。
20項目中、あなたはいくつ「イエス」がありますか? いま現在でお答えください。
下記の出題に「イエス」「ノー」でお答えの上、「イエス」の数を記憶してください。

1、家庭内問題(義父母、父母、夫婦、子供等)で悩みがある。
2、なかなか自分に合った仕事や趣味が見つからない。
3、肩こり、背中の違和感、腰痛、体のどこかに違和感がある。
4、最近、天災、人災を含めて突発的な事故に遭遇した。
5、将来の経済的なことを考えると、急に息苦しくなったりする。
6、職場や私生活での人間関係で悩みがある。
7、仕事(自営、勤務など)が自分に合わないような気がする。
8、お腹の調子が悪かったり、目が疲れたり、風邪気味だったりする。
9、家族や友人にも言えない秘密の行為がある。
10、義理付き合いで出費が多いのが嫌になる時がある。
11、好きな人との愛情面がうまく噛み合っていない。
12、最近、仕事が何をしても悪い方向に向かっているような気がする。
13、寝つきが悪く、寝不足で体がだるく、やる気が出ない。
14、最近、甘い話で騙されたり貸し倒れなどで金銭的な失敗がある。
15、衝動買い、浪費癖でいつもお金が貯まらない。
16、異性が気になり、愛情面の欲求不満で落着かない。
17、最近、仕事に気が乗らず、一日中楽しくないことがある。
18、つい食べ過ぎて肥満気味になり、努力してもスリムになれない。
19、経済的に余裕がないことで日常的に落着かない。
20、将来のことを考えると不安になる。

質問に対する結果の判定です。
1、「イエス」の数が17以上の人は、治療が必要と判定します。医師の診断を受けてください。
2、「イエス」の数が13~16の人は、ストレス過多です。何らかの処方が必要です。
3、「イエス」の数が9~12の人は、ストレス予備軍です。ストレス解消法を身につけてください。
4、「イエス」の数が5~8の人は、意識してストレス解消を心がけることが大切です。
5、「イエス」の数が0~4の人は、正常でストレス耐性もあり心配は要りません。

ストレス過多が病気をもたらすことは誰でも知っています。
私(花見正樹)は、ストレス学の権威である藤井尚治師(財団法人東京ストレス研究会初代理事長)に出会うまではストレスという言葉すら知りませんでした。ただ、無一文の25歳で起業(花見化学)していて月末になって金策に苦労すると腹部に激痛が走る奇妙な現象を續け、医師から十二指腸潰瘍と診断されたことがあります。その後、仕事が順調になるとその症状は二度と出なくなりました。
後年、藤井尚治師の高説を承って、あれがストレスだったのかと自分の実体験でストレスの恐ろしさを省みたものでした。
これらを省みた上で、築地の開運道・花見サロンを「ストレス解消・癒しサロン」としての活用を思い立ちました。
この一文をみて、病院にはまだ行かなくてもいい軽症のストレス持ちさんは、遠慮なく村長(masaki94581@nifty.com花見)にご相談ください。
ともあれ、ストレスは誰でも感じますが体内に溜めてはいけないのです。溜めると言う意味はそこに停滞させることですから素寒貧(すかんぴん)で大食いの居候が居座ったようなもので百害あって一利なし、体が蝕(むしば)まれるだけです。
身体に溜めてはいけないのはストレスの他に、疲労と老廃物(便秘も)、これが病気の元であるのは論を待ちません。
ましてや、長寿の民間研究で「痩せ馬の先っ走り」だった私が、長寿の敵として絶対に許せない三悪人がこの「ストレス・疲労・老廃物」であることは声を大にして断定できます。
だいたい「溜める」という言葉の響きが気に入りません。
この三大悪者「溜める」にもう一つ体外での「溜める」を加えるとしたら、それは間違いなく「お金」です。
昔からお金の正しい使い方は「金は天下の回りもの」ですから、貯めるのは使うためであって、溜めてはいけないのです。
お金を溜めた人の末路は得てして幸せとは縁遠いのです。近くは週刊誌やワイドショーの餌食になっている紀伊のドン・ファン殿の哀れな末路がその一例です。
お金は自分の生活に合った最小限だけ稼げばいいのです。
その最小限さえも稼げない人も沢山います。それを減らして何とか人間らしく生きてゆけるように協力するのも開運道の役割の一つです。お金を稼ぎたい人は大歓迎、お金を溜めたい人とは金輪際、お付き合いしたくないのが本音です。
もちろん、自慢にはなりませんが、私はお金を溜める気など毛頭ありません。それに、溜めるほど稼ぎもありません。
でも、もっと余裕があれば社会奉仕できるのに・・・今からでも間に合いますね。では、老いの身にムチを入れて、ストレスを感じない程度でひと頑張りしてみます。おっと、ムチと言っても変な趣味はありません、念のためです。


1、長寿の秘訣ー1

 キャッチフレーズ、村長の一言は、上部にありますのでクリックしてください。

 

「楽しく長寿・ストレス発散」

1、長寿の秘訣ー1

花見 正樹

「あなたは、ストレスを感じたことはありますか?」
いまや、ストレスが病気をつくることから、ストレスが長寿の大敵であることは誰でも知っています。
嫌な出来事と遭遇したり苦手な人と接したり、危険な目に遭うと、脈拍が速くなり心臓がパクパクしてストレスを感じます。
ストレスが生じるのは悪い時ばかりではありません。
高額宝くじに当ったり、難関突破での受験合格、片思いの人から不意に逆告白されたら、たちまちストレス状態に襲われます。
いま「ストレス」という造語を知らない人はいません。
この言葉を創ったのはカナダのハンス・シェリエ博士で、日本にその言葉を持ち込んだのはシェリエ博士からストレス学を学んだ藤井尚治博士と杉靖三郎博士のお二人です。
その教えを忠実に守って日本のストレス問題に取り組んだのが、今井功氏(東京ストレスマネ―ジメント代表)、丸山総一郎氏(神戸親和女子大学教授)、志賀一雅氏(能力開発研究所・所長)、九鬼伸夫氏(銀座内科診療所・所長)、その他多くの方々が、杉、藤井両博士の薫陶を受けてストレス問題に取り組んできました。
不肖ながら私もその中の一人です。
私の場合は、当時の私の事務所兼サロンが藤井博士(医師ながら法学博士)の経営する「銀座内科」と至近距離にあり、二人の共通の知人であるダイヤモンド社設立功労者の棚村耕三師(私の人生の師)の紹介ですから、有無もなく顧問になって頂いてのストレス対策事業がスタートし、それが「癒しの音楽」や「癒しの香り」「癒しの脳波」に発展しました。
これが、私が始めた日本で最初の「ストレス解消サロン」の経緯です。
何しろ新しくて珍しい「ストレス解消サロン」ですからテレビ、新聞、雑誌などマスコミ関係の取材も多く、その都度、藤井博士を呼び出しては「ストレス学」を語って頂きました。
その藤井博士は、好きなコーヒー以上に大のタバコ好きで超ヘビースモカー、24坪のサロンいっぱいに紫煙が広がって来客を煙に巻いていましたが、その当時(昭和50年代初期)は嫌煙権もなく誰も文句を言いません。タバコ好き人間には天国のようないい時代でした。
それから半世紀、思い出したように私がストレス問題を持ち出したのは、「楽しく長寿・ストレス発散」のためです。
ご存知かとは思いますが、厚労省は、従業員50人以上の事業所を対象に、従業員のストレスチェックと、医師によるストレスチェックの結果に基づいた面接指導の実施等を事業者に対して、2015年12月1日からの施行で義務づけています。
従業員数が50名未満の事業所については、当面の間はそれと同じ内容を努力義務としています。
このストレスチェック制度の目的は、心の不調を未然に防ぐ、従業員のストレスの程度を把握する、本人自身のストレスへの気付き、ストレスの原因となる職場の環境改善など、働きやすい職場づくりを進めることで、心身を健全に保つことが出来、医療費も激減すると、政府は考えたのです。この厚労省の考え方は、そのまま「楽しく長寿・・・」にもつながります。
厚労省のストレスチェック制度の実施者は、事業者に指定された医師、保健師又は厚生労働大臣が定める研修を修了した看護師若しくは精神保健福祉士となっていて、私など無資格者には出来ませんが、民間の予防医学として行うのは自由です。
そこで次回は、民間で用いられているストレスチェックの各項目を載せます。それらの対応法も順次載せますが、その実践によって「楽しく長寿」、いつまでも元気でアウトドアー!」が私の目標です。
私が「人生100歳」時代の到来を予見しての研究中、取材で102歳時にお会いした国文学者の物集高量(もずめたかかず)博士は、「恋をし続けるのが長寿の秘訣」と私に言いました。私の取材日記には端的に「好色が長寿の秘訣」とあります。
これでは、物集博士に対して多少失礼かと思っていました。ところが博士が106歳でご逝去される前日、検診に来た若い女性看護師のスカートに手を入れて婦長に叱責されていたことを知り、我ながら納得したものです。多分、これは博士の性癖で常習だったものを婦長が見るに見かねたものと推察します。

物集博士がその婦長の叱責でストレス過多となり、一気に寿命を縮めたとしたら、婦長は業務上過失致死罪です。
逆に、物集博士は生きていたとしても看護師が訴えれば公然わいせつ罪で起訴されていたかも知れません。
あるいは、物集博士はそれで満足し、安心して天国に旅立った可能性もあります。
もしも、看護師と婦長が見て見ぬ振りをしていたら、物集博士は元気を回復して、もっともっと長生きしたかも知れません。それでも、当時の男性で106歳の死は珍しく、東京都で初めての長寿記録でした。なお、「女は灰になるまで」の俗諺(ぞくげん)もあり、女性はこのような話には驚かないはず、だから長寿なのです。


牛蒡(ごぼう)

地味だが食通の間では隠れた人気があるのが牛蒡(ごぼう)です。
主役ではないが名脇役としてなくてはならない存在らしいです。私は食通ではありませんので、この食材があってもなくても関係ありません。でも、和え物にだけは欠かさないようにしたいものです。(村長)


 

11月は霜月、これから寒さも厳しくなりますね。
秋も深まり、食欲の秋もそろそろ最終章に入ります。
秋の味覚は数々あれど、栄養価もあって美味ながら大衆的な柿は、冷遇されがちです。柿の種類によっては樹木いっぱいに実がなると柿の重みで枝が垂れ下がって地面に付きそうになり、それを誰も取らないから熟した柿はそのまま地面に落ちて腐ってしまい、近所迷惑になります。と、いう理由で会津喜多方の我が家(花見)の所有する数本の柿の木は、管理を任せた高齢のイトコの手であえなく全ての枝を落とされ実が実らなくなりました。もうイナカでは柿の実をとる人手さえないのです。

 

 


これも本望・・・

フグ鍋、てっちり、食通には欠かせないグルメ魚の代表です。
しかし、食通でもない私(花見)には高価な白身魚でしかありません。ただし、キモだけはめちゃくちゃ美味、思わず三人前をペロリ・・・旨い! 大分県臼杵でこれを食した時の私の感想です。
昔、これを食べ続けて死んだ歌舞伎役者がいましたが、本人は本望だったはず、その気持ちが分かります。

 


私は、いかにもイカであってタコではありません。

多分、先週はタコだったから今週はイカ、この発想がイヤなのです。

どうせなら先に載せてほしいです。

足だって私のほうが二本も多いのでを忘れないでください。


 

 

わたしは、皆さんに妙な生き物だと思われているのが心外です。
足が何本あろうが個人の自由で、人にとやかく言われたくないです。ましてや、茹でて食う、などとんでもない犯罪ですぞ!


カジキ

 ふつう、カジキマグロなどという魚は、スーパーで切り身にして売ってるもので、本物を見る機会などめったにありません。
この「カジキ」という名はどこからとったかというと、舟の舵をとる硬い板を舵木(かじき)と言いますが、それを鋭く尖った嘴(くちばし)で突き通すぐらい強力なパワーを持つこの魚をそう呼んだのが命名の語源らしいのです。他に「槍魚(やりうお)」という呼び名もあるそうです。
大型のカジキでは、全長4メーt0ル、重さ700キロ以上もの大物もいますが、一般には1メートル程度までです。
カジキの狩りは独特で、獲物を見つけると剣のように長く鋭く伸びた嘴(くちばし)を振り回して獲物を打ちのめして弱らせ、ふらふらなった獲物を捕食します。しかも、このカジキマグロは、雑食で、貝類、タコ、イカ、イワシ・ニシン・トビウオ・アジ・サバなどの他に、カツオや小型のマグロまで食べまくります。その上、海の生き物では最速のスプリンターで、時速100キロ以上で泳ぐといわれます。
時々、船舶と衝突するそうですが、船底に穴を開けられたら浸水して沈没なんてこともあり得ますからご注意を!

と、書いたのですが、この魚が本当にカジキかどうか自信はありません。村長。


本物本流のカボチャです!

 最近、カボチャといえば、ハローウィン祭りに使われる肥料用のカボチャが大量に作られ、食料として生産するより農家の収入にはプラスになるそうです。ただし、これは海外での話です。そうかと思うと、大きさを競うお化けカボチャの品評会も世界中で行われていて、世界記録は1ケ735キロとか。これはデカいだけで食料にはなりません。
日本でも、小豆島での大会が国際的に認められていて、ここで優勝したカボチャが日本代表として世界大会に出品されます。
ただ、残念ながら日本記録は500キロ台ですから、残念ながら世界のヒノキ舞台では歯が立たず入賞も難しいのが実情です。 いずれにしても、そのようなカボチャの亜流はゲテモノでしかありません。
ここで村上画伯が描いた食品のカボチャこそ、健康美容に効果の大きい猪滋養に満ちた本物のカボチャです。(村長)


鯛でエビを釣る!

 

 

 

 

 

 

 故事ことわざに「海老で鯛を釣る」という言葉があります。
小さな投資で莫大な利益を得ることをいいますが、その逆はあまり聞きません。
日本の伊勢エビでも80センチ3キロを超す大物が獲れた記録がありますが、アメリカンロブスターには、寿命100年以上で体長1メートル以上がざらにいるそうです。
そうなると、鯛を餌に大エビを釣ることも可能になります。エビは雑食ですから高級魚の鯛が餌なら喜んで釣れてくれると思います。どなたか試してみませんか? 村長


8月は葉月、長ナスがお勧めです。

葉月(はづき)とは本来、旧暦8月の別称でしたから新暦では九月上旬から十月上旬の秋、葉の落ちる月で「葉月」でした。それを新暦の8月でも「葉月」と称するゆになったのですから説明にも無理があります。
辞書で見ると、北方から初めて雁が来る月なので「初来月 」が転じて「葉月」になったとか、稲穂が張る月「穂張り月」が転じて「葉月」など様々です。字のイメージがいいせいか女優がよく芸名に用いますが、葉が落ちるよいう意味を知っていたら芸名には向かないぐらいは分かりそうなものなのに、とお節介に考えます。
「葉月」は「長ナス」・・・何となく納得するのも村上画伯の絵の迫力のせいのような気もします(村長)。


ホウボウ歩き回る?

 

ホウボウ科の魚でブザイクな顔かたちですが何となく焼いても煮ても旨そうな感じですね。
北日本の100~600mほどの海底に棲息しているらしく、胸ヒレの発達して脚のようになった部分を動かして海底を歩くのが特徴です。 ホウボウの名は、このようにして「方々」歩き回るからという説と、浮袋から出る音が「ボウボウ」と聞こえるから、という説がありますが、どちらもいい加減です。魚類には、見てくれは悪くても美味なものもいます。
それにしても見れば見るほどブザイクですが、旨そうですね。村長

 


七月は文月、絵手紙はいかがですか?

 

七月は文月、それは何故?

1、七夕に願いを込めて天上の神様に文を書く。
2、短冊に歌や字を書き、書道の上達を願った。
3、稲穂がふくらむ「含み月」から転じて「ふみ月」になった。

他の月と同様、その語源については様々な言い伝えがあります。
占いでは、7月の説入り日は七夕、すなわち7月7日からが7月となります。
したがって、7月といえば七夕の短冊に文を書くことから始まる、1が正解のような気がします。
6月は「鮎」という主役がいましたが、
さて、上記の村上画伯の得ですが、今回はあまり迫力がありません。
理由は、主役が不在だからです。
枝豆、豆腐、ご飯・・・どれもが足の引っ張り合いをしているからです。
しかし、容器のメリハリのある色彩のコントラストの見事さが、それらを補って余りあります。
暑気あたりで食欲がない時でも、この容器に盛られた冷ややっこ飯を出されたら、ガツガツと一気に食べそうな気がします。
7月は文月、村上画伯の食彩画に一言添えて、親しい人に「暑中見舞い」、きっと喜ばれます。(村長)

念のために、村上画伯の連絡先をお知らせします。
宜しければ、連絡して見てください。
村上功画集
ここに掲載した絵はがきは、仙台商工会議所の月報
「飛翔」の巻頭に掲載された、ふるさ と宮城の地
産地消食材をテーマとした、作品を抜粋して印刷したものです。
ご希望の方には1セット10~12枚
2千円(送料別)でお分けします。
〒981-0931仙台市青葉区北山ト9-18
℡・FAXO22-301-7730
携帯080-5696-9399 村上功
E-mail:isao.mu「aksmi@icIoud.com


絵手紙、絵ハガキはいかがですか?

絵手紙はいかがですか?
絵手紙は平安時代の昔からの日本のよき文化的風習です。
絵手紙は時代の変遷や季節の移り変わりを写し出す暦でもあります。
とはいえ、多少は絵心があっても挿絵を描く勇気のない私などは絵手紙も書けません。
そんな時は、村上画伯の絵ハガキで代用する手もあります。
念のために、村上画伯の連絡先をお知らせします。
宜しければ、連絡して見てください。

---------

画 村上 功
ここに掲載した絵はがきは、仙台商工会議所
の月報「飛翔」の巻頭に掲載された、ふるさ
と宮城の地産地消食材をテーマとした、作品
を抜粋して印刷したものです。
ご希望の方には1セット10~12枚
2千円(送料別)でお分けします。
〒981-0931仙台市青葉区北山ト9-18
℡・FAXO22-301-7730
携帯080-5696-9399 村上功
E-mail:isao.mu「aksmi@icIoud.com


三陸で獲れても伊勢エビです。

村上画伯の「伊勢エビ」と、村長自宅水槽の「川エビ」の迫力の違いをとくとご覧ください。同じエビでもまるで違います。重量も500g対5g、価格も1万円対100円ぐらいの差はあります。
以前、京都の水族館で伊勢エビの仲間で世界最大のエビ「ニシキエビ」が展示されました、大きさなんと120センチ、重量は5キロをはるかに超えていたはずです。
そんなのを刺身で食べたら何人前? そこまでは知りません。 村長。

 


6月は水無月です。


水無月(みなづき)は6月の別名なのですが、一部の人は「京菓子」の名だと思っているようです。
室町時代の宮中では身分の高い人が集まって、暑い盛りの六月末(現在の7月盛夏)に、地下に掘った「 氷室(ひむろ)」から真冬から大事に保管した氷の塊を取り出して、小さく砕いて分けあって口に含み、暑気払いをする風習がありました。
しかし、庶民にはそんな貴重なものが手に入るわけがありません。
そこで、高貴な方々が氷を口に含む6月30日、同じ日に、氷より口触りのいいお菓子を口にして暑気払いをしました。
そのお菓子の名が「水無月」で、その風習は今でも続いているそうです。
さて、6月は梅雨の月、水が無い月でもないの「水無月」とはこれいかに?
言語学者に言わせると、水無月の「無」は「の」という意味の連体助詞で「な」であるから「水の月」である。
私にはチンプンカンプンですが、ひとまず、これでご理解ください。
さらに、生活密着型では、田植が終わって田んぼに水を張る月「水張月(みづはりづき)」が「水月(みなづき)」になったとする説もあり、どれもが「水の月」で統一されています。
さて、村上画伯の「鮎の塩焼き」、その横に冷えたビールが泡立っていたら最高ですね。
下手な鮎釣り師で一生を過ごす私としては、大鮎の塩焼きにカボスの汁を垂らして球磨焼酎の水割りで・・・あ、涎が!        文・村長


フグです。

 

|

上は村上画伯の絵、下は写真、どっちがフグらしいですか?

私のような味オンチは、三陸も下関もフグの味は同じに感じます。

でも、どこか違うのでしょうか?

札幌ラーメンと博多ラーメンなら違いが分かるのに・・・村長

 


ピーマンです!

 村上画伯の食材画は迫真力があって、まずい物でも美味しく見えるから不思議です。
でも、この世の中に、ピーマンを「食べたい!」と思う人がいるなんて私は信じられません。
これは、本当に食品なのですか?
もしかしたら、色彩が綺麗ですから料理の盛り付けに使うべき植物に過ぎないのでは?
これが、ナス科のトウガラシ (唐辛子) の一種で、昔から重要な野菜で、しかも世界中で栽培されているなんて驚くばかりです。
フランス名のピーマンは、スーパーマン、エイトマンと並べても遜色ない野菜中のヒーローらしいのですが、そんなに貴重ですか?
トウガラシは細長くて辛いのですが、唐辛子族なのに丸々と太ったピーマンは辛みが足りませんから「鷹の爪」にもなりません。
ですから、ピーマンの別名は「アマトウガラシ」で、いかにも間が抜けた感じでピリっとしないのです。
関東地方、とくに茨城県の鹿島地方が名産地とかで、色鮮やかに甘くてカルシウムやビタミンが豊富で、メラニンや脂肪の代謝のバランスをよくする作用が好まれているらしいのです。
しかも、ピーマンに病みつきというピーマンマニアもいるらしく、レシピにも、椎茸とピーマンの醤油マヨ炒め、豚肉とピーマンのみそ炒め、ピーマンの肉詰め焼き、ツナなし無限ピーマン、ピーマンのえび肉詰め レシピ、ピーマンのおひたし、ピーマンとちくわのきんぴら、その他もろもろ・・・我が家の食卓にもさり気なく出され、私も何気なく食べてしまっているのです。文・村長。


タケノコ

タケノコ

タケノコとは、竹の子だからです。
竹の旬の若芽を食べるから筍(たけのこ)です。
イネ科ですから食料なのですね。俳句の季語では夏ですが、タケノコの美味しいのは春、夏でも美味しいです。
タケノコのレシビは何といってもタケノコ御飯、つぎが「タケノコの土佐煮」、えーと、あとは知りません。 村長。