私が学んだ占いの基本ー2

菜月の「開運道・八星占い」エッセイ

私が学んだ占いの基本ー2

 前回は、平安時代に盛んだった陰陽道(おんみょうどう)の文字を用いて占いの基本は陰と陽であることを、お話しさせて頂きました。倭の国の女帝である卑弥呼は呪術を用いたとされますが、多分、卑弥呼も陰陽を駆使した術を用いたのではないかと思われます。その占いの原点に立って、「陰陽だけで何が占えるのか?」と聞かれましたが、私は生年月日を聞いただけで、即座に陰の人か陽の人かをお答えして、その人を見ぬく陰陽術そのままの占いも出来ます。
手相を学びますと、人の手に触れただけで、その人が実(陽)の体質か虚(陰)の体質かが瞬間的に分かります。
実(陽)の人は早起き早寝の朝方タイプで血圧も高めの積極的行動タイプです。逆に、虚(陰)の人は夜更し朝寝坊の夜型で読書好きの思索型、血圧は低めで、芸術に趣味が偏ったりします。
この場合、陽がよくて陰が悪い、陰がよくて陽が悪いなどとうことは全くありません。簡単に言えば、陽は積極的、陰は慎重というような程度です。
私の専門分野は、「九星気学八星占術」といい、陰陽五行(木火土金水)、十干十二支、九星(一白水星~九紫火星)に八星(天沢火雷風水山地)を用いる多種多用に及ぶ複雑な占いですが、その基本が前述の陰陽なのです。
人は誰でも、他人に見せている表に出ている性格と、他人には見せない内面の性格を持っています。
それを見ぬけないと占術家とはいえません。
と、勿体ぶっても、半分は師匠の受け売り、私の発見は半分だけですが、これが面白いほどよく当たるのです。
今日は、企業秘密ともいうべき、その陰陽占いの一端をここで披露しますので参考にしてください。
前記では手相の例を出しましたが、ここからは生年月日を用います。
私の場合、1993年5月3日生まれで、人に見られている表の自分を表す生まれ年は陰、人には見えない自分の内面を表す生まれ月は陽となります。
これを自己分析しますと、表面は穏やかな平和主義者に見えても、内面には熱い血潮が流れている情熱的な実践家となります。
では、どのようにして、これを見分けるかといいますと、西暦年号末尾が奇数の人は、陰、偶数の人は陽の性格です。
ただし、2月3日生まれまでの人は、前年でみます。このことと生まれ月の陰陽については次回に詳しく立証させて頂きます。
なお、多少は占術家としての企業秘密もありますが、これは実際に私の占い鑑定に来られた方には応用し説明させて頂きます。

-------

 ●開運道アドバイザー・菜月の「占い悩み相談室」
土日祭日、女性限定、1時間1万円、完全予約制、守秘、委細相談を。
●東京都中央区築地2-14-6 LXS築地1304・開運道サロン。
地下鉄日比谷線築地駅2番出口1分。
築地本願寺正門の真正面の喫茶店「築地テラス」、
LXSビル13階の1304室
喫茶店右横玄関で、1304-呼び出し、とプッシュ。
ドアーが開いたらエレベーターで
13階奥の本願寺側・開運道サロンへ。
●問い合わせ&予約
菜月MAIL・shiny.your.soul@gmail.com

私が学んだ占いの基本ー1

菜月の「開運道・八星占い」エッセイ

私が学んだ占いの基本ー1

先日、週初めの月曜日、講演依頼を受けて日帰り新幹線で大阪まで出張して参りました。
今回の講演は交通関係団体の会合で出席者はほぼ100名・・・・しかも殆どが現役バリバリの会社経営男性ばかり、そのギラギラした男パワーに圧倒されました。自分で言うのはおこがましいのですが講演は大成功、大人気で私も満足でした。
今回の講演のテーマは、先方の希望では私のサクセスストーリーでしたが、これだけでは意外性がありません。
そこで、後半に「12支占い」を組み込んだことで大受け、大いに盛り上がりました。十二支でしたらどなたでも知っていますね? でも生まれた年の十二支は知っていても、生まれた月の十二支となると、今回の講演でも誰も手を挙げませんでした。
生年の十二支は、表面上の性格、生月の十二支は内面の性格、その説明が受けたのか参加された皆さんの表情が真剣になるのが分かりました。かといって、今さら12支でもないのですが、八星占いの前に東洋の占の基本を述べるとなると、陰陽五行に12支を抜いて話を進めることは出来ません。
ここではまず、占いには陰と陽があり、月と太陽、女と男、暗い明るい、弱い強い、短い長い、夜と昼・・・陰と陽に例えられるものを並たら切りがありません。これが、昔から伝わる陰陽道(おんみょうどう)で、占いを司る官職の役人を陰陽師(おんみょうじ)といい、その代表的な有名人が平安時代に活躍した安倍晴明(あべのせいめい)です。
ですから、これから十二支のお話しをしますが、まず陰陽道で話を進めたいと思います。
と、私が講演でもこんな話を偉そうに始めますと、皆さん私を疑わしそうな目で見つめます。確かに25歳の私が尤もらしく占いの原理から始めたら驚くのも無理はありません。
これには理由があるのです。私は、インターナショナル代表で日本一という過去があります。ならば次は、占術家として日本一目指そうと考えました。
その上で、選びに選んだ師匠(村長)に弟子入りを許された以上は猛勉強も覚悟し、他の人の数倍は頑張っている積りです。その成果は徐々に出始めています。それでも時々は勇み足もあります。
過日、私が占述家になったのを知った知人の紹介で、いきなり私の本丸である「気学九星術八星占い」で講演をしたことがあります。70人ほどの中小企業経営者の勉強会でしたが、意気揚々とその場に臨んで、持ち時間があっという間に過ぎてしまい、私の伝えたいことの10分の1もお話し出来ませんでした。幸い、事前に用意した資料でカバーして私の消化不良は誰にも気付かれずに済み、参加者も主催者も「大成功」と言ってはくださいましたが、私はこれに懲りて、講演は易しいところから始めることにしたのです。
そこで今回は、どなたにでも理解できる「易しく優しい占い」からスタートさせて頂きました。これも、これから増えると思われる講演のトレーニングを兼ねていますので、皆様もぜひ開運道と私を応援してください。
占いの基本は「陰と陽」、今回は、これだけはしっかりと覚えて頂ければ嬉しいです。

-------

●開運道アドバイザー・菜月の「占い悩み相談室」
土日祭日、女性限定、1時間1万円、完全予約制、守秘、委細相談を。
●東京都中央区築地2-14-6 LXS築地1304・開運道サロン。
地下鉄日比谷線築地駅2番出口1分。
築地本願寺正門の真正面の喫茶店「築地テラス」、
LXSビル13階の1304室
喫茶店右横玄関で、1304-呼び出し、とプッシュ。
ドアーが開いたらエレベーターで
13階奥の本願寺側・開運道サロンへ。
●問い合わせ&予約
菜月MAIL・shiny.your.soul@gmail.com

あなたも今日から更にハッピ-!

 菜月講師の挨拶、村長の挨拶は最上段のバナーをクリックしてご覧ください。
-----------------------------------------

菜月の「開運道・八星占い」エッセイ

あなたも今日から更にハッピ-!

 2019年は、天皇の生前ご退位で元号も改まる、大きな節目の年になります。
この目出度き年に築地に開設した、菜月の「開運道・八星占いサロン」は、船出して順風満帆で絶好調、その勢いに乗っての開運講座ですから、講師の私も、読者のあなたも追い風に乗って、楽しく幸多い未来への旅立ちとしましょう。
私の相談室での悩み相談の内容は、仕事や健康、家相やインテリヤなどの相談もありますが、ほぼ90%以上は結婚や家庭内不和や不倫を含む愛情問題です。
しかも、25歳の私の前で、遙かに年上の既婚女性に泣かれたりするのですから最初は驚きました。それでも、この仕事を始めた以上は年齢に関係なく、多くの方々を開運の道に導くことに情熱を注ぐ覚悟ですので、もう少々のことでは動じません。
それにしても、愛情問題外10%弱の悩み相談内容の多種多様さには驚くばかり、これら千差万別の相談に完璧に応えるためには、ありとあらゆる分野の知識が必用となります。これは今後の課題になりそうです。
私は23歳でミス日本、24歳でミスインターナショナル日本代表として世界69ケ国の代表と覇を競い、1位と僅差の世界5位でしたが、他にも賞を得てダブる授賞の栄冠に輝き、私があらゆる努力でその場に臨んだのが正しかったと確信しました。
その結果、何をするにも全力疾走、努力に努力を重ねた結果の運任せ、これが開運の秘訣であることを知りました。
以来、過去の栄光は横に置いて、地道に開運の道を開いて幸多き人生を歩み、その余力で周囲と喜びを分かち合うこと考えて開運道に入門して研鑽を積み、講師として認められて開運道の実践を楽しんでいます。
「ローマは一日にして成らず』・・・誰でも知っている名言ですが、人の成功もこれと同じく努力の積み重ねの上に、運のいい悪いがあるのではないか、と私は考えます。極言すれば、努力が実る人が運のいい人、いくら努力してもそれが実らない人が運の悪い人ということになります。
その運を自分から呼び込めたら? こう考えて私は西洋占星術、タロットを独学で学び、プロの道を目指して開運道に入門し。十干十二支、九星気学、それを深めて、九星気学傾斜法の八星占いに辿り着いたのです。
その十二支占い、八星占いを、ここで公開して皆様の幸せづくりのお手伝いをし、同時に私自身もそれを応用してステップアップ、さらに掲載した文面をまとめて、あわよくば、「菜月の開運道八星占いエセイ」のような形で出版も、などと虫のいいことも考えています。出版関係の方がこの一文に目をとめてくれましたたら是非お声をかけてください。
それと、いま私は、築地の開運道本部で土日祭日・女性限定で師匠公認の「菜月の占い悩み相談室」を開いています。よろしければ是非ご参加ください。私の開運パワーが必ずお役に立てるように自信をもってお伝えします。
では、次回にご期待を!
----

●開運道アドバイザー・菜月の「占い悩み相談室」
土日祭日、女性限定、1時間1万円、完全予約制、守秘、まず相談を。
●場所
東京都中央区築地2-14-6 LXS築地1304・開運道サロン。
地下鉄日比谷線築地駅2番出口1分。
築地本願寺正門の真正面の喫茶店「築地テラス」、
LXSビル13階の1304室
喫茶店右横玄関で、1304-呼び出し、とプッシュ。
ドアーが開いたらエレベーターで
13階奥の本願寺側・開運道サロンへ。
●問い合わせ&予約
菜月MAIL・shiny.your.soul@gmail.com

——————————————————————–

初めまして、開運道アドバイザーの菜月です。

 初めまして、開運道アドバイザーの菜月です。
私が占いに興味を持ったきっかけは、私自身が人生を良くするにはどうすれば良いのかと日々悩んでいた為です。私は少女時代から児童養護施設で育ちましたが、持病が原因でいじめられてばかりいた私はどこにも自分の居場所がありませんでした。
しかし、環境に嘆いていても状況は変わりません。思い悩んだあげく、人生を変えるのは良くも悪くも自分自身なのだという事に気付きました。その為には、自分の本質を知り運気の流れやリズムを活用することが、思い通りの人生を手にしやすいのではないかと考え、ようやく開運道に辿り着きました。開運道八星占いを用いますと、気学九星それぞれが8種のタイプに分かれますので、厳密には)X8で72種に細分化されます
。しかし、通常はまず傾斜星とも呼ばれ易にも用いられる八つの星を駆使した『気学八星』を駆使し、「気の流れ」を味方につける事で人生をより幸せに生きるコツをお伝えします。
これは、私自身も困難な幼少期を乗り越えて、23歳でミスインターナショナル日本代表になりました。持病によりカツラで出場した私は他の出場者と比較しても不利な状況でした。そんな私が日本代表になり、世界大会で5位になれたのはまさに「自分の本質を知り流れに乗った」為だと思います。人生には誰しも波があり、人夫々が違う使命を持って生まれてきています。どんな困難な状況でも「今はそういう時期だから辛い事も全て学びにしよう」と捉えられれば気持ちが楽になり、自然と開運に繋がります。人という舞台の主役は自分自身です。開運道八星占いを通じて、お一人お一人が自分らしく輝けるお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

———

村長の一言

花見正樹

 菜月講師は努力の人、それに加えて類い稀な直観力に恵まれています。しかも、目的がはっきりしていて迷いがありません。
幼い時から家庭的な不遇な時代を乗り越え、弟の面倒を見ながら逆境に打ち勝ってミス日本の栄冠んに輝き、ミス・インターナショナル日本代表として世界の檜舞台で79ケ国の代表の中から5位入賞、同時にミス・ナショナルコスチューム賞を受賞していますので、総合では1位という見方もあります。
私は米沢新聞東支社社長時代にミス日本の応募から審査に至るまでに拘わった経験があり、残念ながら米沢からの出場者は予選で落ちましたが小説に書けるぐらいの材料は揃っています。なにしろ、日本全国各地から選ばれた選りすぐりの美女3千名近くが集結した中から一次、二次予選と篩(ふるい)に掛けられての最終予選10数名からベスト3、さらにグランプリの栄冠はたった一人と厳しい道のりがあるのですから大変です。身体体の美しさに関しては水着、ドレス、着物姿にウオーキングなど歩く姿まで審査の対象となり、単に美しいだけでなく性格や社会適応能力、国境の差なく人を引き付ける人間的魅力などの他に日本の文化や国の誇りを外国語で世界に発信するプレゼン脳力までが審査の対象となりますので語学も堪能でなければなりません。
菜月さんは、それらの難関を乗り越えてミス・インターナショナル日本代表として地球上76億人を代表して参加した69ケ国の代表の中から5位に選ばれたのですから只者ではありません。
「わたしが占術家を目指すのは、、社会的に弱い立場にある悩める方々に、少しでもお役に立てるようにと思ったからです。さらには、生活の苦しさから解放されて、生きやすい世の中になるように、皆さんが夫々自立して考えて行動できるような世の中にと願い、自分自身が自ら行動実践して、私と接した全ての人が仕合せな未来を信していただければ嬉しいです」
この思いは、私が長年追い続けた大きなテーマでしたが、菜月講師はすでに『八星占い悩み相談』を実践中、さらに『八星占い講演』も大盛況と見事な活躍を見せて師の私を驚かせています。
菜月講師は平成5年生まれの25歳(平成31年2月現在)という若さ、私のたった一人の平成生まれの弟子ながら、すでに本人が目指す幸せ造りのオピニオンリーダーとての活動も始めていて、世界に羽ばたいた実力の片鱗を見せ始めています。
どうぞ、開運村に集う皆様も、温かい目で菜月講師を見守り、これからの更なる活躍にご期待ください。