Welcome Guest 
メインメニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
[ リロード ]   [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | ヘルプ ]

Counter: 10266, today: 1, yesterday: 0

風かおる堂ヶ島

綾部の里に花が咲く

義人”たつた”の金刀比羅宮

大原幽学

 江戸時代末期の農村指導者として生きた大原幽学は、剣豪にして易学者。大塩平八郎の乱、 天保水滸伝など幕末の黎明期に庶民の味方として圧政と闘い、 幕府転覆の企みありとの嫌疑を受けて波乱の生涯を遂げた革命児。 幕末の夜明け前を追ったのがこの小説です。

「帰雲和尚」行状記

 病気静養と称して町奉行の職を去った遠山金四郎景元は世俗を離れて僧となり帰雲と名乗った。
やがて尺八を手に江戸の町をひっそりと托鉢して歩く虚無僧の姿が噂に上がった。
それと並行して凶悪事件が姿を消してゆく。それに帰雲がどう絡むのか?

新選組・残照

 江戸時代末期、品質最高の油を体内に持つ太平洋のマッコウ鯨を追って、海外の大国が日本沿岸に出没して食糧と水と燃料の薪を求めて開国を迫ります。それが攘夷と開国、国を二分する争いになり、やがて、幕府の盾となる新撰組が生まれます。
いわば、鯨が生んだ仇花が、多摩の農民剣法で日本中の剣術家を恐怖に陥れた新撰組の近藤、土方、沖田、井上の4人組です。 義に生きた4人の軌跡を追って、あなたも平成の乱世を生き抜く技を身につけてみませんか?

恋ゆらぎ城ケ崎

戊辰戦争秘話


XOOPS Cube PROJECT