Welcome Guest 
メインメニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
[ リロード ]   [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | ヘルプ ]

Counter: 4008, today: 1, yesterday: 3

先生方の作品集

車 窓

作詩 桐山健一

眩しい瑠璃色の光は
紺碧の空と緑の森に映える
高原を走る汽車のそよぐ
ラベンダーの香りは
まどろむ心に語りだす

鮮やかなポプラ並木
キラキラ光っているものはどこかに影を作る
黄昏の光がよぎる車窓
心の交差点で見た少女や愛について語った
青春の旅
気がつくと
僕は沢山の車窓を見てきた

傷ついてボロボロになった心
見透かされまいと
荒んだ心で見た
見知らぬ大地

孤独な心は
田園』を聴きながら
白いパンダ雲が
ゆっくり並走している
青い海の彼方を見る

雲のカーテン
視界ゼロの世界で
哀愁の汽笛を聴く

温かい光のかけらが
まどろみの頬に舞う
微かな青みを残した空に
絹雲のシルエットが
淡い虹に染まる

車窓
明るい光が戻る
僕の心は
明けの明星を見ている


XOOPS Cube PROJECT