Welcome Guest 
メインメニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
[ リロード ]   [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | ヘルプ ]

Counter: 13527, today: 2, yesterday: 4

先生方の作品集

小説「孤狼の生涯‐大原幽学伝」

文・花見正樹、画・真澄
kanban.jpg SIZE:480x360(52.0KB)

あなたは、大原幽学の名を聞いたことがありますか?
その出生には謎があり、その伝記には幾つかの説があります。

代表的な三説を列記しますと……

1 、「大原幽学・1797年3月17日、尾張藩家老・大道寺玄蕃(世禄三千五百石)の次男として生まれる。幼名才次郎、通称を左門、静斎、幽玄堂、幽学と称した……以後省略」・・・大原幽学全集。

2 、「大原幽学・1797〜1858(寛政9〜安政5)、江戸後期の農民指導者。尾張藩士 大道寺氏の養子となり、1814(文化11)、家を出て浪人生活を続け、1835(天保6)、下総村香取郡長部村に寄留、関東地方を遊歴して村政改革に尽力、農業生産の合理化を説いて村民を感化。1849(嘉永2)、長部村に構築した講堂改心楼のことで幕府の嫌疑を受ける。以後省略」・・・角川書店・日本史辞典より。

3、大原幽学・剣豪にして改革家、生きる道を究めて死す。大塩平八郎の乱、黒船・ペリ−艦隊来訪、天保の飢饉、安政の大獄など幕末黎明期に生きた異才」・・・民間伝承

   以上、幕末の黎明期に生きた大原幽学。その足跡を辿ったのが本文です。
   

大原幽学 目次

第一章
 1、夜明けの決闘 1
 2、夜明けの決闘 2
 3、夜明けの決闘 3
 4、夜明けの決闘 4
 5、夜明けの決闘 5
第二章~
 6、勘当‐1
 7、勘当‐2
 8、勘当‐3
 9、勘当‐4
10、勘当‐5
第三章~
11、襲撃‐1
12、襲撃‐2
13、襲撃‐3
14、襲撃‐4
15、襲撃‐5
第四章~
16、失意‐1
17、失意‐2
18、失意‐3
19、失意‐4
20、失意‐5
第五章~
21、道場破り‐1
22、道場破り‐2
23、道場破り‐3
24、道場破り‐4
25、道場破り‐5
第六章~
26、別れ道‐1
27、別れ道‐2
28、別れ道‐3
29、別れ道‐4
30、別れ道‐5
第七章~
31、大和路‐1
32、大和路‐2
33、大和路‐3
34、大和路‐4
35、大和路‐5
第八章~
36、忍びの里‐1
37、忍びの里‐2
38、忍びの里‐3
39、忍びの里‐4
40、忍びの里‐5
第九章
41、人の情け‐1
42、人の情け‐2
43、人の情け‐3
44、人の情け‐4
45、人の情け‐5
第十章
46、生きるために-1
47、生きるために-2
次回近日公開
(乞うご期待!)


添付ファイル: filekaiundou.jp_kanban.jpg [詳細] filekanban_0.jpg 863件 [詳細]

XOOPS Cube PROJECT