力士血風録-2

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は平成二十年四月・二一五号からの掲載です。

力士血風録-2

伊東 成郎

 甥の八田五郎左衛門も内山同様、好んで力士たちの面倒を見ていたのだろう。
連行された八陣は八田の取り計らいで放免されたものの、浪速雀の耳目を集めた道頓堀での乱闘事件の悪名は、たちまちに広
がっていった。大坂にいては肩身の狭い思いが募る八陣は、活躍の場を江戸に移した。 安政初年のことだったという。八陣は同門の小剣、小天龍と三人で江戸に入った。
追手風春太郎の門下に迎えられ、順調に場所を送っていたのも束の間、場所六日目の日、八陣はまたもや乱撃事件の主役となる。
現在の中央区新川にある霊岸橋の橋際に、かつて大金という料亭があった。この見世に上がり、飽くることなく飲み食いを続けていたさなか、八陣は突然キレた。相方の酌婦がいささかの無礼をしたというのである。
怒り心頭に発した八陣は、大金の使用人たちと激しく言い合った末、皿や鉢ものなどを掴んで投げつけてきた。そのあまりの
激しさに、やがて地元の鳶が駆けつけてくる。
加勢を知った八陣は障子や襖を蹴倒し、鳶たちの気勢をたじろがせようとした。しかし火事場で百戦錬磨の経験を積み、胆気
のあふれる鳶たちも負けてはいない。八陣の猛烈な攻勢に台所まで後退はしたものの、たまたま銅の壷に煮えたぎっていた熱湯を、八陣めがけて投げかけるという荒技に打って出たのである。
だが八陣は防御にも長けていた。
座敷の畳を軽がると捲り、左手で盾がわりに構えて熱湯を避けながら、右手には鉄棒を振るい、獅子奮迅の勢いで鳶に迫ってきたのである。
恐怖に震えながらも鳶たちは、長梯子で八陣を押さえつけようと必死に挑みかかる。
霊岸橋近辺は、大騒ぎとなった。
戸を閉める家々があるかと思うと、老人や子供たちは泣き叫び、道を逃げ惑い、まるで霊岸橋に芋苗怪獣が襲来したかのよう
なありさまになったらしい。


力士血風録-1

 

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は平成二十年四月・二一五号からの掲載です。

----

力士血風録-1
伊東 成郎

幕末期には、有名無名のさまざまな力士が、伝説的な数々のエピソードを残している。
そんな一人に、八陣和一という相撲取りがいた。
出雲国に生まれた八陣は、いつの頃か大坂に下り、大坂相撲の名力士とうたわれた小野川信蔵の門下に入った。力量無双と称
された八障の威風は、たちまち多くの好角家を唸らせたという。
だが八陣には大きな欠点があった。性格が際立って騎慢だったのである。
ある日のこと、道頓堀の角座に芝居見物に出向いた八陣は、満席のため木戸番から入場を断られた。しかしそこは八陣和一、
制止もものかは、小屋に入ろうとする。

なんとか八陣を留めようと、小屋の中から数人の出方が繰り出してきた。激昂した八陣は、二人の出方を両腕に楽々と掲げ、
両人の頑同志を振子のように激突させて、とんだ大怪我を負わせてしまったという。
この騒ぎに奉行所から捕方が駆けつけてきた。八陣はただちに連行されてしまったのである。
だが、幸いなことに八陣は強い人脈を持っていた。かねてから吟味方与力の八田某にかわいがられ、八田家の食客となってい
たのである。
この八田某とは、八田五郎左衛門の事とみられる。八田は西町奉行所筆頭与力の内山彦次郎の甥にあたる人物だった。
諸式値上げの元凶などとされ、元治元年(一八六四)五月二十日に大坂の天神橋で新選組に暗殺された内山は、当時、奉行所の
一大実力者でもあった。
内山彦次郎は、かねがね多くの力士たちに目を掛けていた。新選組生き残りの永倉新八の証言によれば、内山は「嬢夷の先駆
け」として、日頃から力士たちに樫の木でできた八角棒を持たせていたという。文久三年(一八六三)六月には、この凶器を携
えた力士たちと新選組が、大坂の北新地で激しい乱闘を繰り広げる騒ぎもあった。


新選組が好きでCDをつくりました-3

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は平成二十年四月・二一五号からの掲載です。

----

新選組が好きでCDをつくりました-3

稲畑 皇子

 夜明け前
近代日本の夜明け前、何もかも混沌とした時代に、一貫して、幕府への誠の義を貢いた新選組へのエールです。

春の小川
総司が、皆と別れて、千駄ヶ谷の植木屋平五郎宅で 病床にあった時、家のそばを流れていた川が、渋谷を流れていた川につづいていたと思われるので、名作「春の小川」のメロディを、少し取り入れさせていただきました。

再会
近藤勇が、死を前に感じたことは、このようなものであったろうと作りました。

青い空
結善しはや氏が『新選組一番隊沖田総司』の中で、夏目漱石が、修善寺での療養中に、大喀血して、人事不省に陥った時の体験を書き綴っている状況について述べていられて、総司もきっと、そのような気持ちであったかも知れないとお書きになっていられるので、私もそうであってほしいと 歌にしました。

さくら
土方歳三が、最後に五稜郭で、さくらを見た時のことを想い、描きました。

日は赤く
伊東成郎氏が『新選組決定録』の中で、新選組ゆかりの地に立つ時、決まって想起すると書いておられる、村山塊多の詩に曲をつけさせていただきました。

水底の魚たち
月明かりの加茂の河原に立つと、東山、家々の屋根、神社、お寺、すべてのものは、まるで水底にあるように見えて、歌ができました。

一陣の風
大自然の営みは、過去、現在、未来へと永遠に続いているのですが、その中で、まるで一陣の風のように走り抜けて行った人々への挽歌です。
次々と歌を作らせてくださった、新選組の方々、近藤勇様、土方歳三様、沖田総司様に 深く感謝申し上げます。
と言う様な具合で まだまだ私の新選組行脚は 進行中でございます。皆様今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


新選組が好きでCDをつくりました-2

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

 新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は平成二十年四月・二一五号からの掲載です。

----

新選組が好きでCDをつくりました-2

稲畑 皇子

 そして、新選組の登場ですが、恥ずかしながら、2004年の大河ドラマで火が点きました。(大河ドラマは 今まであまり好きなのが無く、足利尊氏、花神、草燃える、翔ぶが如く、などが好きでした。) イケメンの俳優さんたちが、それぞれの人たちの特徴をつかんで好演していました。本当にその辺によくいる若者達が集まって、手探りで作った新選組が、何が正で何が悪かわからない、混沌とした時代の奔流に操まれながら、多くの犠牲を払いつつ、一貫して幕府に、誠の義を貫いて滅んでいったという過程をよく表現していました。
それからまた、周りを巻き込んでの 新選組行脚が、現在もまだ進行中です。佐藤彦五郎友の会に入れていただき、2007年の〝総司忌″からは、新選組友の会にも入れていただきました。
最初にも述べましたが、このたびは、新選組好きが高じて CDまで作り、皆様のお耳を煩わせております。何故この年になって、歌が出てくるのかわかりませんが、前作〝新選組にささげる″を書き上げた後も次々と歌がほとばしり出てきましたので、第2作目まで出来てしまいました。
もしよろしければ、お聞きいただけたら幸いです。一応二作目の紹介をさせていただきます。

宵の明星
副長山南敬助が、隊を脱走して江戸へ走る途中、大津で沖田総司に追いつかれ、一晩語り明かして京へ帰る時の心境を思い、描きました。
つづく


新選組が好きでCDをつくりました。-1

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

 新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は平成二十年四月・二一五号からの掲載です。

----

新選組が好きでCDをつくりました。-1

稲畑 皇子

私は、新選組好きが高じて、CDを作っています。現在、2枚目がほとんど出来上がっています。
このたび、CDのジャケットの装丁のことで、大出先生にお願いがありまして、電話させていただきました時、「CDの事で何か書いてみたら」とおっしゃっていただきましたので、厚顔にも紙面をお借りいたします。
私は、苦から歴史が大好きです。それぞれ歴史上にあったとされる事柄から、いろいろな事が想像され、ふくらんでいきます。
なまじっかな小説よりも よほど面白いです。大勢の作家が書かれる歴史小説を愛読してきました。そのたび、家族、友人を巻
き込んで、その舞台となった地を幾度と無く訪れました。
聖徳太子の時は、主人、子供たち、友人を巻き込んで、明日香村へ泊りがけで何度も行きました。それにしても、明日香村は、
私以外の人にとっては、何も面白いことは無いらしく、明日香村名物の牛乳鍋を(それしか無い)おいしくもなさそうに 食べ
ていjしたっけ……。義経終蔦の地、平泉では、北上川を見下ろす高館跡で、八百年もの昔に タイムスリップして、何時問も感慨にふけり、タクシーの 運転手さんに呆れられたりもしました。
司馬遼太郎さんの 小説も大好きです。
特に時代が大転換した幕末物に強く惹かれました。その当時は、薩、長、幕府、両サイド共が、激動の時代、外圧も乗り越えて、近代日本を造って行った過程に、限りない興味を抱いておりました。〝坂の上の雲″ などは特に大好きで、主人の父が 晩年目を悪くしておりましたので、ありがた迷惑であったかも知れませんのに、テープに吹き込んで聞いてもらったりしていました。


「新選組を語る会」-4

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

 新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は平成二十年四月・二一五号からの掲載です。

32年ぶりに復活した
「新選組を語る会」-4

峯岸 弘行

参加された女性スタッフのお一人日く「こんな素晴らしいイベントに協力できて光栄です。ご子孫のみなさんと一緒に撮っていただいた写真は我が家の宝物にします」と。さらに、うれしかったことは、「語る会」ご案内は送付したものの、出席のご返事をいただいていなかった榎本武揚子孫の榎本隆充氏から当日、電話で「参加したい」と連絡が入ったことです。ご夫人とお二人でご出席いただきました。出席者は200名を超え、資料館見学会には200名が3つのグループに分かれて見学していただきました。土方陽子さん、井上雅雄さん、佐藤福子さんには、講演会終了後、すぐにそれぞれの資料館に帰り、開館準備をお願いし、ご協力いただきました。
タイムスケジュール管理で手一杯となり、子孫とファンの方がゆっくり懇談できる時間が十分に持てなかったことが反省点となりました。また、当日参加申込みの方が意外と多く、スタッフ用の昼食を回さなければならなかったり、資料館バスツアーの当日参加希望に対応しきれず、申し込みをお断りしたりとその他の反省点もいくつか出てきました。その資料館見学ツアー(大型バス1台+マイクロバス1台) に参加された最後の組をお見送りし、すべてのスケジュールが終わり、高幡不動尊にお礼を申し上げ、第1回「新選組を語る会」は無事終了することができました。誌面をお借りいたしまして、ご協力をいただいたすべての皆様、ご遠方からかけつけていただいたご子孫の皆様に心からお礼を申し上げます。
尚、平成19年12月に開催された、日野新選組同好会の忘年懇親会において、平成20年度の第2回開催が5月25日、北区滝野川と決定しました。なお、本年は戊辰戦争140年の節目にあたり、「戊辰戦争140年記念・新選組俳句・短歌作品コンテスト」を日野新選組同好会と「語る会」が共催し、入賞者の表彰式を『第2回新選組を語る会』で実施することも決まりました。
平成21年の土方歳三没後140周年の第3回まではなんとか、がんばって会を継続開催してまいりたいと思います。
新選組を語る会、連絡先
日野市高幡1-1 峯岸弘行


「新選組を語る会」-3

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は平成二十年四月・二一五号からの掲載です。

32年ぶりに復活した
「新選組を語る会」-3

峯岸 弘行

 記念講演会講師には、昭和50年の第1回にも「新選組好きな1人の学生」として出席されていた、伊東成郎氏にお願いいたしました。古武道大会には、天然理心流に加えて、斎藤一の剣術として有名な無外流の長沼秀明師範と幕末つながりで薬丸自顕流顕彰会の和田博温師範に演武をお願いすることもできました。(しかし、残念なことに、時間の関係と会場の高幡不動尊五重塔地下ホールが満員状能心であったために、演武をみることができた方は少なかったと後で伺いました) 余興として、調布市のジョー緒方氏に新選組の歌を1曲歌っていただくことも決まりました。開催日が近づくに連れ、出欠席のご返事が届くようになりました。私も北海道、京都、玉造とゆかりの地を回って、「語る会」 のPRをしました。何名かの新選組隊士ご子孫から、「最近、新選組を通じたイベントでご案内をいただくことが増えて、なかなか、顔を出すことができなくて……」とのお詰も伺いました。また、出
席したいが他の用事が重なり、欠席します、と何名かのご子孫からご丁重なお手紙をいただきました。そのなかには、新選組隊士
の絵姿を描いてその姿を後世に伝えた中島登のご子孫の中島大成氏、北区滝野川の近藤勇と新選組隊士慰霊碑や高幡不動尊境内
の殉節両雄の碑の建立に、お骨折りいただいた松本良順先生のご子孫の松本和彦氏からのお手紙もありました。元浅尾藩藩主で
見廻組の組頭として佐々木只三郎らを指拝した蒔田相模守子孫の蒔田あき子氏からも丁重なお便りをいただきました。
また、当初、予定していた小島資料館の見学会が事情により、急遽日野市内の3つの資料館見学に変更せざるを得なかった
り、当日の限られたスタッフ体制の整備・確認などに追われながら当日を迎えました。ありがたいことに、日野新選組同好会
会員でもあり、日野市新選組ガイドの全会長の芹川氏が、ガイドの会にお話をして有志でスタッフ参加してくれました。参加さ
れた女性スタッフのお一人日く「こんな素晴らしいイベントに協力できて光栄です。


「新選組を語る会」-2

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

 新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は平成二十年四月・二一五号からの掲載です。

32年ぶりに復活した
「新選組を語る会」-2

峯岸 弘行

しかし、二つ返事でお引き受けしましたが、私は皆さんに次のようにお話ししました。
「宮川豊治先生の熱意にほだされて、私も肌脱ぐのはやぶさかではありませんが、大河ドラマ『新選組!』とそれに続く、大河ドラマ史上初の続編『新選組=‥』の放映前後から、また、私も発起人として参画した「全国新選組サミット」の結成以降、京都(平成19年から新選組総長・『山南敬助忌』を旧前川邸の田野氏が始められました)、会津(平成18年から、会津若松市七日町・阿弥陀寺で『斎藤一忌』が開催されています)、流山(平成16年から『近藤勇忌』が開催されています)、行方市玉造(平成16年から『芹沢鴨・平間重助忌』が開催されています)、北区滝野川(平成16年から『滝野川新選組まつり』を開催)、新宿区市ヶ谷柳町(平成16年から『市ヶ谷柳町試衛館まつり』を開催)等、新選組ゆかりの地各地で、さまざまな、まつりやイベントが毎年、開催されるようになりました。また、大出俊幸氏が新選組の慰霊と顕彰を目的に立ち上げられた、全国一の新選組ファンクラブである「新選組友の会」でも、近藤、土方、沖田の慰霊祭と戊辰戦争東軍慰霊祭も毎年、開催されていて、全国の新選組隊士子孫も出席依頼が激増し、『語る会』にご案内しても、どのくらい子孫にご参集いただけるかはわかりません。それでもよろしいですか?」と。
そして、皆さんから、「それでも是非開催してみよう」とのご返事をいただき、翌年2月頃から準備にかかりました。開催場
所と開催日時を決定するに苦労し、ようやく、11月11日(日)に決定したのが3月頃です。ひの新選組まつり実行委員会委員長
を歴任されている中澤洋氏から「第20回・全日本刀道・古武道合同奉納演武大会」の開催日時について相談され、それなら、古
武道に「天然理心流」も加えていただき、「語る会」と同日開催をと提案し、宮川氏にもご了解をいただいた上で、正式決定し、
上記4名に、加えて、発起人をお引き受けいただいた沖田整司氏、小島政孝氏を含め、6月頃、全国の新選組隊士子孫、ゆかりの
方々に、案内状を送付しました。


「新選組を語る会」-1 峯岸弘行

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は平成二十年四月・二一五号からの掲載です。

32年ぶりに復活した
「新選組を語る会」-1

 

峯岸 弘行

平成18年の12月に私が所属する日野新選組同好会の「新選組隊士御子孫を囲む忘年懇親会」が開催され、その席上、宮川豊治
氏から、以下のようなお話を伺いました。
「実は皆さんにご提案があります。2年前(平成17年)に新選組が大河ドラマに取り上げられ、戦後何回目かの新選組ブームが巻
き起こり、私も久しぶりにNHKやら博物館から、取材をうけたりしました。その後、井上(雅雄)さんや佐藤(福子)さんは立
派に新選組の資料館を開館され、ふと昔を振り返ると、30年以上前に「新選組を語る会」という会があったことを思い起こしま
した。事務局長は亡くなった(新選組研究家の)谷春雄さんだったと思います。昭和50年8月に高幡不動尊で開催された、第1回の会合には、ここにおられる土方陽子さんのお義父さんの土方康さん(土方歳三子孫)。井上雅雄さんの御父さんの井上信衛
さん(井上源三郎子孫)、沖田勝芳さん(沖田総司子孫)。杉村康郎さん(永倉新八子孫)、杉村逸郎さん(同子孫)、鈴木康夫さん(鈴木三樹三郎子孫)。塩津敦子さん(島田魁子孫)、横倉弥(横倉甚五郎子孫)、粕谷修さん(相谷良循子孫)、穂刈節さん(渡辺市蔵子孫)、稗田誠さん(稗田利八子孫)、中島登(中島登子孫)等の新選組隊士子孫に加えて、松平勇雄さん(松平容保公子孫)や
野村英一さん(松本良順子孫)など、幕臣の子孫や佐藤量さん(佐藤彦五郎子孫)小島政孝さん(小島鹿之助子孫)も集まり、マスコミにも大きく取り上げられました。
ほとんどが初対面であったにもかかわらず、まるで昔の戦友に会ったかのような、懐かしい思いがしたのが不思議でした。今
では有名になった、伊東成郎君や山村竜也君、清水隆さんもいたかな。みんな若かったな。子孫同士で先祖になったつもりで即
興の芝居などをして、大いに盛り上がったものです。
その後、二回目が京都、3回目はどこだっただろうか、その後は、新選組ブームが終息していくのに時期をあわせるように
「語る会」も開催されずに今日まで来てしまいました。私をはじめ、当時出席した「子孫」も高齢になり、もう亡くなられた
方もおられるかもしれないが、もう一度、皆さんにお会いしたいと思います。そこで、来年(平成19年)、「新選組を語る会」を復活したいと思うのです。事務局は、ここにいる峯岸さんに全面的にお骨折りをお願いしたい。私も老骨に鞭を打って、皆さんに
お声をかけ、できるだけ応援しますので、ぜひ、事務局長を引き受けてもらいたい。皆さんどうだろう?」
と両隣に座られていた、土方陽子氏(土方歳三子孫)、井上雅雄氏(井上源三郎子孫)、佐藤福子氏(佐藤彦五郎子孫)のお三方に声をかけられ、皆さんが賛意を表明され、あっという問に「語る会」の開催が決定してしまいました。


会津人・藤田五郎もう一枚の写真-6

190317
大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は平成二十年四月・二一五号からの掲載です。

故・赤間倭子先生を偲び
会津人・藤田五郎もう一枚の写真-6

 五郎の二男・剛の結婚式が行われた大正2年の2年後に藤田五郎は、永久の旅路へと旅だった。同年に、五郎も助力した東京都北区寿徳寺の新選組供養碑建立に尽力した元・新選組隊士の永倉新八こと杉村義衛も他界したのは多くの方々が知ることである。
八百勘は、婚礼の披露宴が多いので、俗に「婚礼茶屋」とまで呼ばれていた。250人もの客を入れる部屋数があったという。現在では、建物等は跡形もないが、庭石四器のみ現存する。八百勘自体は、江戸末期から大正末期まで営業していたが、今は庭石を残して何の遺構もない。ただ、森鴎外の 『懇親会』や志賀直哉の『和解』、太宰治の『花吹雪』などの文学作品に使われていることなどから著名さは誰もが感じ取れることではなかろうか。それだけではなく、「赤坂八百勘」の絵図は、豊原国重が描いた開化三十六会席にも含まれていた。芸者たちからも、面影を連想することができるが、主に宴会場や結婚式場として使用されていたことは、忘れてはならない。
斎藤一の新たな史料が、続々といろいろなところで見つかっている。その最中、斎藤一を慕い、いろいろと探究されていった赤間倭子先生が他界されたのである。心からの追悼を、もう一枚の藤田五郎の写真の謎を解いたことを赤間先生に捧げたい。(了)