長く診てもらつてきただけでは主治医とは言えない-2

 富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
{富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第7章 信頼できる探し方、選び方

長く診てもらつてきただけでは主治医とは言えない-2

こうした点は改善されると思うが、単に診察、治療をしてくれるだけでなく日頃の健康にも留意してくれたり、なにかあれば迅速にほかの専門医を紹介してくれたりしなければ、本当の主治医とは言い難い。
つまり、近所のかかりつけ医にしても主治医にしても、問題となるのは医者の質である。
この例のように専門医にもヤプ医者はいる。
とくに日本の場合、専門医と言っても、その認定証は専門学会に申請すればほぼ誰でももらえるので、本来の専門医とは言い難いからだ。
このように、かかりつけ医・主治医制度が成り立つためには、医者の質と技術が高くなければならない。結局、かかりつけ医・主治医の選び方次第で「死に方」も決まつてしまうかもしれないのだ。若いうちはいいが、歳をとるにつれて体の不調は多くなる。そうした時に、これまでと同じようにいsy通いを続けるだけでは、いざというときになにが起こるかはわからない。
だから、私は、日頃から医者にかかる機会があったら、その医者をよく観察、チェックすべきだと言い続けてきた。そうして、これまで「間違いだらけの医者選び」というテーマの本を何冊か書き、そうした内容の講演も続けてきた。高齢化社会になり、この間題はますます切実になっている。
私の講演後、出席された方々のお話を聞くと、医者への不満が充満している。たとえば、「診察がおざなりでですぐ終わる」「とりあえず様子を見ましょうとしか言ってくれない」「いつもクスリの量が同じ2週間分」「治療の方針をはつきり教えてくれない」など、きりがない。
とくに高齢の患者さんが欲しているのは、「なにかあったときに緊急対応してもらえるか」「頼めば時間外でも診療をしてもらえるか」「往診をしてもらえるか」「電話やメールなどで診療してもらえるか」などだ。
はっきり言うが、こうしたことに対応できる医者は少ない。現在の日本の医療システムでは、ただでさえ忙しい医者がそこまで対応できることは不可能に近いからだ。
しかし、そうは言っても、これからはかかりつけ医、主治医を持たなければ、いい老後生活は送れない。健康に自信があり、これまで大きな病気一つしないで老後を迎えられた人は別として、病気がちの人はとくにそうだ。


長く診てもらつてきただけでは主治医とは言えない-1

富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
{富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第7章 信頼できる探し方、選び方

これからは「主治医をつくれ」と国が提唱-3

厚労省の「かかりつけ医・主治医制度」は、こうした仕組みの日本版と言えるもので、これを受けて最近では、自治体や医者の団体が「かかりつけ医のいない方にかかりつけ医となる医師を紹介いたします」というキャンペーンを始めている。「往診(訪問診療)が必要な方には往診可能なかかりつけ医を紹介いたします。また、すでにかかりつけ医のいる方でも、異富診療科の医師が必要とをつたとき、専門医を紹介させていただきます」などと、じつに親切きわまりない。

長く診てもらつてきただけでは主治医とは言えない-1

しかし、いくら紹介してくれるといっても、この制度には問題がある。それは、かかりつけ医、主治医を待ったからといって、ほたしてその医者が信頼に足る医者かどうかわからないということだ。
かかりつけ医は、近所にかかりつけの町医者がある場合は、頼めば引き受けてくれる可能性はある。また、自治体などのサポートで見つけることは可能だ。しかし、主治医となると、長患いをしていて専門病院に通院を続けていたとしても、なかなかつくれるものではない。
こういう例がある。ある糖尿病患者さんは、10年にわたり専門病院に通院して、そこで担当医に診てもらつていた。だから、その医者を自分の主治医だと思っていた。
ところが、あるとき普段と違う体の不調を訴えたにもかかわらず、その担当医はなにもしてくれなかつたので、別の大病院で検査を受けた。すると、末期の胃ガンと診断され、すぐに手術を受けたにもかかわらず、半年で亡くなってしまった。
ご遺族は「ずっと同じ医者にかかり、その人を主治医と思っていたのに納得がいかない」と言うのである。
この例が示すのは、単にかかりつけだけでは、主治医とは言えないということだ。


これからは「主治医をつくれ」と国が提唱-2

  富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
{富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第7章 信頼できる探し方、選び方

これからは「主治医をつくれ」と国が提唱-2

日本では保険証1枚で、どの医療機関にも自由にかかることができる。この結果、軽症者も重症者も地域の中核になる大病院に集中してきた。しかし、今後はこれをなくさないと、高齢化で年々増える高齢者と医療費の増加は抑えられないと国は考えたわけだ。
ただし、いくらそうしろと国が国民に言っても、言うだけではいまの体制は変わらない。
そこで、厚労省は、病床数が200床未満の病院や診療所の医師が、高血圧、糖尿病、脂
‥質異常症、認知症のうち二つ以上の病気を抱える患者を継続して診た場合は、診療報酬を
月1回当たり1503点 (1万5030円) がもらえることに制度を変えた。ただし、主治医の条件は厳しい。主事医のいる医療機関は、患者には24時間対応し、在宅医療も行うことが義務づけられ、介護保険に関する相談などにも応じるよう求められた。
これまで、私たちはなにかあれば、まず近所の町医者(主に内科医) にかかった。誰もがよく行く病院、よく行く医者を持っていたと思う。
これをかかりつけの医者、すなわち「かかりつけ医」とすれば、今後はこれを積極的に活用し、そのうえで主治医を持ってほしいということである。
たとえば、英国には国営医療制度(NHS)がある。これは、税金を財源としている制度だから、英国国民は原則負担なしで治療を受けられる。
ただし、NHSでは、あらかじめ登録しているホームドクター(かかりつけ医)の診察を受けなければならない。そして、そのホームドクターが必要と判断して、はじめて病院の専門医の治療が受けられることになっている。欧州では、オランダやデンマークなど
も同様の仕組みがある。


富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
{富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第7章 信頼できる探し方、選び方

これからは「主治医をつくれ」と国が提唱-1

第1章で述べたように、厚労省は「看取りの場所」を「病院」から「在宅」へ転換させることを決め、その壷として、2014年から「主治医制度」を打ち出した。
これにより、これまで「かかりつけ医」(ホームドクター)を持つことせ提唱してきたことと合わせて、私たちの医者へのかかり方が変わろうとしている。
簡単に言うと、まずは普段は「かかりつけ医」に診てもらう。近所の町医者や病院の医者から、私たちはかかりつけ医を選び、そこで診てもらう。かかりつけ医揮いわば「ホームドクター」なので、健康に関しては日頃から相談しておく。
そして、なにか不調が起こり、治療や検査の結果、専門的を治療や手術が必要とされたら、いわゆる大病院である大学病院、専門病院、地域の拠点病院などを紹介してもらう。
そして、ここで「主治医」が決まる。
主治医とは、あなたの疾患の治療方針に関して全般的な責任を負う医師のこと。担当医とも言えるが、患者の体や健康状態に関しては、主治医が哀して面倒をみる。
つまり、「かかりつけ医1大病院1主治医」というコースをたどって、はじめてあなたなたのである。
巨かかりつけ医」 「主治医」 と開いて、「そんなお医者さんは持っていない」 という人も多いと思う。しかし、今後はそのような医者を持っていないと、いざというときに困ることになった。
というのは、国の政策の方向は明確で、端的に言うと、「ちょっとした症状では、大痛院の外来に直接来るな」ということだからだ。さらに言えば、「かかりつけ医を自分でつくり、普段はそこで面倒を見てもらえ」ということを意味する。


体内に入ったナノ粒子によって健康管理-2

富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
{富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第6章 どうしたら健康で長生きできるか?

体内に入ったナノ粒子によって健康管理-2

「Google X」プロジェクトは、すでに糖尿病患者の血糖値を涙から測定する「スマート・コンタクトレンズ」を開発中だと発表している。これに続くのが、ナノ粒子検査端末の開発だ。
ナノ粒子はすでに一部の医薬品や磁気共鳴断層撮影(MRI)検査の造影剤に使われている。したがって、このナノ粒子検査の開発は成功するだろう。
コンラツド氏は、さらに次のように言っている。
「ガンばかりではなく、動脈壁に蓄積したプラークが発する酵素を検知して心筋梗塞や脳卒中の早期発見に役立てることができる。われわれは病院に出向いて、尿や血液を医師に提出する必要はなくなる。グーグルのナノ・ピルを服用し、専用デバイスを身に着けて結果を日々モニタすればよい。そのデータはクラウドにアップロードされ、医師が判定を行う。すると医師は『これまでは順調でしたが、2月ほど前からこれこれの病気の兆候が現れています』などと診断することになる」
こうなると、まさに、医療は病気を治すことではなく、予防すること、患者の健康管理をすることに、大きくシフトする。また、私たちの暮らしも、病気になれば病院に行くというパターンではなくなるだろう。
なにしろ、スマホのような端末から常にデータが病院と医師に送られ、なにかあれば向こうから呼び出しがくるのだ。これが進めば、体内のどこにガン細胞が増えているかもわかるようになるから、ガンで死ぬ患者は減り、寿命も大幅に伸びるだろう。まさに夢のような話が現在進行中だ。


体内に入ったナノ粒子によって健康管理-1

  富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
{富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第6章 どうしたら健康で長生きできるか?

体内に入ったナノ粒子によって健康管理-1

長寿研究が遺伝子レベルまで進むのと並行して、最新テクノロジーで病気を予防し、それによって長生きできるようにする研究も進んでいる。
これまで、医学は起こったことに対処してきた。つまり、病気になればそれを治すこと
が、私たち医者の仕事だった。しかし、最新テクノロジーがさらに発展すると、医者は起こる以前のことに対処するようになる。つまり、病気を治すのではなく、、病気にならないようにするのである。そうなると、私たちの健康寿命は確実に伸びる。
2014年10月、グーグルは「G00g-e)こという生体研究プロジェクトを行っていることを明らかにした。これはナノ粒子で、ガンや心臓発作などを早期発見するプロジュクトだ。
このナノ粒子というのは、直径が1/10億m(赤血球細胞の1/1000未満)で、磁性材科に抗体を組み合わせたものだという。これを血流中に送り込み、特定の疾患に関連する物質を検出させるのだという。
つまり、音ヒットした映画『ミクロの決死圏』のようなことが現実化する。
報道によると、このプロジェクトの責任者アンドリュー・コンラツド氏は、次のように語っている。
「ナノ粒子の磁気を利用して、ウエアラブル装置で体内の粒子を1カ所に引き寄せる。たとえば、手首の内側の浅い場所を通る血管に粒子を集める。そこで粒子から、なにを見たのか、ガンを見つけたか、心臓発作を起こす不安定なプラーク(沈着物)らしきものはなかったか、血中のナトリウムは多すぎないかといった情報を得る」
つまり、これにより、体内の情報が、手に取るようにわかるようになる。


1日2食で「腹7分」のカロリー制限が理想的

  富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
{富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第6章 どうしたら健康で長生きできるか?

1日2食で「腹7分」のカロリー制限が理想的

腹八分というのは、昔からの私たちの知恵である。私たちの祖先は、「空腹のほうが体にとってよい」ことを知っていたのである。つまり、常にお腹がいっぱいであるより、お腹が空いている状態のほうが健康というわけだ。
そのせいか、最近では、1日3食を止めて2食にする人が増えている。また、医師の南雲吉則氏にいたっては、1日1食生活を実践しており、『「空腹」が人を健康にする』(サンマーク出版、2012)という本まで書いている。
しかし、食べなければいいといっても、本当に腹八分でいのだろうか?という疑問がある。
そこで、注目されているのが、カロリー制限である。カロリー制限というと、ダイエットでもっとも大切なことだが、これは健康法、長寿法でもあったわけだ。
じっは、カロリーを制限すると寿命が伸びることは、1930年代にラットの実験結果のメカニズムについては長い間不明だった。
ところが、前記したように、2000年にアメリカのマサチューセッツ工科大の研究グループが、サーチユイン遺伝子の働きが、その一因であるということを突き止めたのである。つまり、まだ判明して10年余りしかたっていないのだが、この210年余りで、世界中でカロリー制限運動が起こつてきた。
いまやアメリカでは、「カロリー制限委員会」という組織まで誕生している。ここの会員は、成人男性が1日に必要なカロリー摂取量の約7割に抑える生活を実践しているという。これがいちばん効果的なのだという。
っまり、腹8分でなく、「腹7分」というわけだ。
日本でも、カロリー制限を実践している高齢者は多い。日本の成人男性の摂取カロリー2000+ー200カロリーとされるので、この量の7割を摂るとすると、一日1400カロリー+-140カロリーとなる。とすれば、日々の食事で摂取するカロリーをこの範囲で抑えれば、私たちは健康で長生きできる。
ただし、ここで注意したいことがある。
それは、適切とされるカロリー摂取量の5割を切ると、かえって寿命は縮むという研究結果があることだ。空腹といっても、徹底してやるのはよくないのである。
理想的なのは、1日2食にして適切量の7剖を取り、空腹時間を長くすること。たとえば、夕食は夜8時までに取り、翌朝まで絶食時間を長くする。こうすると、夜寝ている間にもサーチユイン遺伝子が働いてくれる。


「長寿遺伝子」を探せ!腹八分は本当だつた!-2

 

  富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
{富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第6章 どうしたら健康で長生きできるか?

「長寿遺伝子」を探せ!腹八分は本当だつた!-2

(1)暖かい環境では活動しない
(2)取り除くと早死にし、増やすと長生きする
(3)活性化しないと効果がない

つまり、寿命を延ばすためには、活性化が必要になる。
では、どうやったら活性化のためのスイッチを入れられるのだろうか?
実証実験によると、それは空腹である。飢餓状態になると目覚め、細胞中のミトコンドリアを活性化させてエネルギー効率を高め、活性酸素の害を防ぐ。つまり、免疫力低下を防ぎ、抗ガン作用が高まるので、老化が抑制されるのだ。
また、赤ワインに含まれるポリフェノールの一種「レスベラトロール」も、スイッチとして働くことがわかつている。これは、ハーバード大学のデービッド・シンクレア准教授が発見したもので、カロリー制限をしていないマウスにレスベラトロールを投与したところ、サーチユイン遺伝子が活性化され、寿命が延びたというのだ。
サーチユイン遺伝子は、動物の長い飢餓の歴史のなかで、飢餓対策として生まれたものと言われている。百寿者(センテナリアン)の調査では、彼らが若い頃から小食でサーチュィン遺伝子の働きが活発だつたことがわかっている。
私は、60歳からの食事は「腹八分」にすることを提唱してきたが、「腹八分」は、長寿遺伝子の研究からも裏付けられたわけだ。


完治しない病気とどう付き合うのか?-4

 富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
「富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第3章「老化」と「病気」は違うもの

完治しない病気とどう付き合うのか?-4

{腎不全}慢性になると、人工透析で延命をはかる以外に手はない。

腎臓病になる原因疾患は、糖尿病や肥満、高血圧などの生活習慣痛とされている。腎臓病がやっかいなのは、初期には自覚症状がないことだ。目で見て尿に異常があるかどうかは、一般の方にはわからない。だから、10年以上にわたって無症状で経過した後に診断されることが多い。
慢性腎不全になると、体内の老廃物を尿中に排泄できなくなり、体中にむくみが現れたり、血圧が高くなったり、貧血を起こしたりする。約1割の人は自身の免疫力の回復で助かるが、放置しておくと昔は尿毒症を起こして死んでしまうケースが多かった。
それが、いまは人工血液透析で生き延びられるようになった。血液透析では、体の中にたまった尿毒素が捨てられ、体に不足している物質が補われる。これで、患者さんの寿命が約15年は延びた。
しかし、透析は患者さんにとっては大きな負担で、1日おきに病院に行かなければならない。
そして、透析には4~5時間がかかる。こうなると、社会生活はまともにできなくなるので、仕事は辞めざるをえなくなる。
だから、若い人が腎不全で透析が必要になった場合は、本当にかわいそうである。現代医学では、どうやっても50歳までは生きられないからだ。
もちろん、腎臓移植手術で治すという方法もある。これが末期腎不全の唯一の根本治療と言えるものだが、順番待ちである。
日本には腎不全透析を受けている患者が約30万人いて、そのうち約1万2000人が献腎移植の登録をしている。
しかし提供される腎臓は少なく、希望がかなえられる人は年間1300人ほどである。

 


「人はなぜ老化するのか?」の最新研究-2

  富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
{富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第6章 どうしたら健康で長生きできるか?

「人はなぜ老化するのか?」の最新研究-2

このような老化研究は、医者の立場から言うと、じつは、邪道である。なぜなら、医療というのは目の前の病気やけがを治すことが使命とされ、それで発達してきたからだ。老化は避け難い生命現象で病気ではないのだから、以前は関心が高くなかったのである。
その流れを変えたのが、遺伝子研究である。2000年、マサチューセッツ工科大学教授のレオナルド・ガレンテ氏などのグループが、「サーチユイン」という遺伝子が活発に働くと寿命が延びるという報告を発表してから、老化研究の潮目が変わったのだ。その後、日本でも日本抗加齢医学会ができ、20人から出発した会員がいまや7500人を超えた。
サーチユインのような長寿遺伝子研究はいまも絶えず続いており、ごれを活性化させるにはカロリーを制限する、空腹をあえて続けたほうがいいなどということがわかってきた。
とはいえ、このような長寿遺伝子が活発化しても、身体に悪いもの(たとえば発がん物質など)を食べていたら長生きはできないわけで、老化研究はいまの段階では長寿には直接結びついていない。
ギネス認定の人類の最長寿者はジャンヌ・カルマンさんというフランス人女性で、122歳まで生きた。また、日本人では泉重千代さんが120歳まで生きた(現在は否定され105歳説が主流)。また、2015年4月に亡くなられるまで世界最高齢と認定されてい
た大川ミサヲさんは、117歳まで生きた。こうしたことから、120歳前後が寿命の限界と言われているが、この先、130歳、140歳長寿者が出現するのだろうか?
ちなみに、122歳まで生きたジャンヌ・カルマンさんの大好物は赤ワインとチョコレート。大川ミサヲさんは、たくさん食べて最低8時間は寝ており、鯖寿司が大好物だつたという。