外科医は手術の技術によって評価される-3

 富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
「富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第7章 信頼できる医者の探し方、選び方

外科医は手術の技術によって評価される-3

そういう意味で言うと、じつは外科医の「旬」は、あまり長くない。個人差はあるにせよ、外科医の心技体が充実するのは、おおむね35~55歳と考えられる。
私の知人のある消化器系外科の医者は、いまでも手術前に最新の解剖学の本を必ず読む。
彼は、学会の権威でもあり、消化器のことなら知らないことはないと思われ、どんな難手術も簡単にこなしているように見られている。だが、本人は、「手術はそれほど簡単なものではない」といつも言う。「毎回、患者さんによって違うので、正直恐ろしい」とホンネを漏らす。そこで、恐怖心を抑え平常心でいるために、本を読む。つまり、彼は常に初心に帰るべく解剖学の本を開くのだ。私はこういう己を知る、謙虚な医者を名医と言うに
ふさわしいと思う。
それなのに、世間一般では、いまだに権威があるとされる大学の、しかるべき地位にある人を名医としたがる傾向が強い。たとえば有名大学の講師というだけで、手術の腕とは関係なく関連病院の外科部長に迎え入れられる、などという例がよくある。大学医学部には官僚世界の天下りシステムにも似たセーフティネットがあって、そんなことがまま起こる。
数ある医療事故のなかでも、そうした経験の浅い有名大学出身外科医の凡ミスは、実際に少なくない。
名医には、世間的ヒエラルキーによる権威はまったく意味がない。事実上、自己申告で獲得できる「認定医」や「専門医」などの肩書きもほとんど意味を持たない。
アメリカ帰りというような世間的な「ハク」も、名医とはまったく関係ない。日本とアメリカではそもそも医療のシステムが違うし、アメリカで本当に成功して富も名誉も得た人が途中で日本に帰ってくるはずもないからだ。


外科医は手術の技術によって評価される-2

 富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
「 富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}


明けましておめでとうございます。

第7章 信頼できる医者の探し方、選び方

外科医は手術の技術によって評価される-2

しかし、外科医だけは、現場仕事である。端的に言うと、外科医は「切ってナンボ」の世界である。術後の結果も「成功・不成功」が端的にわかりやすい世界である。つまり、有名大学教授というような肩書きは意味をなさず、またどれほど素晴らしい研究をしたかどうかより、同じ手術を何回∵」なしてきたかという手術職人としての技術が求められる。
外科医は、野球で言えば出場試合数(手術症例数)や打率(成功率)などがハッキリしている。つまり「名医の基準」はより具体的で、素人にもわかりやすい。実際、手術症例数の多さは、手術成功率の高さにも結びついている。
もともと腕のいい外科医は手術の依頼数も多いから、さらに腕が磨かれb。現場に立つ回数が多いため、ありとあらゆる手術1の困難を前もってシミュレーションできるし、手術中のハプニングヘの対応にも長けている。
これが、外科医選びの最大のポイント、大前提である。
第7尊 信頼できる医者の探し方、選び方 自分の名刺を渡してくれる医者は信用できる。たとえば心臓外科の世界では、年間150~200の手術を高い成功率でこなす医者は、国内に100人以下しかいない。しかし、専門医と称する人は約1800人いる。正直なところ、それ以外の医者から心臓手術を受けるのは危険とさえ言える。手術症例数はそれほど大事である。
私の知人に、地方の大学病院で冠動脈癌の手術を受け、最終的に寝たきりになり、最後は胃壕を付けさせられて60代半ばで死んでしまった人間がいる。あとで聞くと、その手術をした医者は、手術数が極端に少なかった。地方だから、仕方ないかもしれないが、遺族はいまも「あのとき東京に行けばよかった」と、後悔している。
手術中の患者は、どのような体調の変化に見舞われるかもしれない。だから、手術数の多さは大事なのである。そして、もう一つ大事な点は、外科手術が体力勝負という点だ。
何時間にもわたる難手術になればなるほど、体力が必要になる。
さらに瞬時の判断力も大事だ。おっとりとした性格で、なにごともスローな人間は外科医には向いていない。手術ではなにが起こるかわからない。患者の状況は、刻々と変化する。したがって、この状況に冷静に対応しっつ、日頃鍛えた腕と体力、そして瞬時の判断力で外科医は勝負する。


外科医は手術の技術によって評価される-1

 富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
「富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第7章 信頼できる医者の探し方、選び方

外科医は手術の技術によって評価される-1

それでは、こんな状況のなか、患者さんはどうやって腕のいい外科医を探せばいいのだろうか? 最近はネットで「名医探し」を助けるサイトが花盛りである。しかし、これは…ほとんどあてにならない。
まず述べておきたいのが、一般の方がイメージする名医と私たち医者が考える名医のイメージには大きなギャップがあることだ。
というのは、一般の方は、一流大学の医学部を出て、それなりのキャリアがあり、そのうえ患者の言うことをよく聞いてくれる人柄のいい医者を「名医」だと思っているからである。その医者が、たとえば立派な研究をしていて、どこかの大学の教授ならば、なおさら名医だと思うようだ。だから、かかりつけ医から、出身母校の有名大学病院などを紹介されると、それだけで信頼してしまうことが多い。ガンの場合は、がんセンターという国立や公立の病院を紹介されると、安心してしまう傾向にある。
しかし、これは大きな間違いだ。なぜなら、日本で最高の医学部を持つ大学病院だろうと、がんセンターだろうと手術が下手な医者はいるからだ。手術の腕と出身大学、肩書きなどとはほとんど関係ないのである。
内科医の場合もよしあしはあるが、外科医ほど技術は問われない。ただ、現代の内科医は、CTやMRTなどの画像診断が発達したので、画像の分析力および判断力などが主に問われる。昔のように聴診器と問診、触診だけで患者の病名をたちどころに当てるというような「名人芸」はあまり必要とされていない。また、研究分野もより専門的になり、その分、現場医療とはかけ離れていくということも起こつている。


多発する医療過誤事件の背景にあるもの-3

 富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
「富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第7章 信頼できる医者の探し方、選び方

多発する医療過誤事件の背景にあるもの-3

私はそのとき仕事で他所にいて、緊急連絡で母校に駆けつけると、息子はまるつきり別人に成り果てていた。全身が硬直して動かず、ただ私の目を見るだけ。いったい、病室でなにがあったのか?
このとき私は、「これは医療ミスだ」と直感し、以後、母校の医者たちと徹底して闘う道を選んだ。これを運命の皮肉と言う人もいる。
しかし、私は医療過誤に遭った多くの方々が泣き寝入りをしてきたことを思い出し、母校といえども告訴することを決めた。それは、親としても医師兼ジャーナリストとしても、当然の道であると信じたからだ。
その後、私はカ~テなどの証拠保全を申請し、息子の「事故」から1年後には刑事告訴に踏み切った。しかし、これが受理されなかったために民事に切り替え、東京地裁、束京高裁と2度の裁判を闘った。そうして約4年、2010年7月15日に出た東京高裁の判決
おおやけ
は「請求棄却」であった。つまり、親として、医師としての私の訴えは、公(おおやけ)には一切認められなかったのである。
だから、私は「ちょっとしたミスをいちいちあげつらわれていたら、医者などやっていられない」と言う医者がいると、いまも怒りを覚える。また、最近は研修医制度も変わり、文科省が医師不足を解消するために医者の数を増やす政策を促進した結果、逆に外科医になる若手が減ったことに危倶を覚えている。
なぜなら、最近の医者志望者は安全志向第一で、「ミスをしたら訴えられる」と、外科を選ばなくなってしまったからだ。


多発する医療過誤事件の背景にあるもの-2

 富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
「富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第7章 信頼できる医者の探し方、選び方
多発する医療過誤事件の背景にあるもの-2

たとえば、電車の運転士でも飛行機のパイロットでも、人の命を直接預かる人間の仕事上のミスが、とくに重く受け取られるのは当然のことである。だからこそ、一般の職業に比べて、医者は高い報酬や身分の安定が保障されている。しかし、最近は医者のモラルが著しく低下している。2015年に発覚した群馬大学の腹腰鏡手術で患者を死亡させていた事件は、未熟な医師が功名心だけで手術を行った典型だろう。
もちろん最善の策を尽くし、医者の側になんの落ち度がなくても、偶発的な医療事故が起こることは少なくない。ところが自分の側に非があればあるほど、医者や病院は隠蔽・改竄(ざん)に走るケースが跡を絶たない。
じっは、皮肉にも、この私自身も医療過誤に遭っている。それは私の長男のケースで、彼は2006年3月半ばごろ、左腕や両足に時おり痺れを感じるようになり、そのことを家内や私にたびたび訴えていた。当時彼は大学生で、アメフトの選手をしていたので、「疲れでも溜まっているのだろう」 と、当初、私はあまり気にしていなかった。
ところが2カ月後、夜中に全身に強い・痺れと痛みを訴え、妻は息子の足をさすりながら明け方を待つことになった。そうして
朝いちばんで、私の母校である慈恵医大に運び込んだ。多発性硬化症も考えられる」ということで、脳血管造影検査を受けた。
この脳血管造影検査がいけなかった。医者として診断を確定させるために検査をすると医者は言うが、血管の炎症が強いこの時期に、そこまでの検査は必要なかったと、著名な血管外科医も指摘している。やはりデータを得んがための検査であっただろう。 息子は、この検査中に脳梗塞の発作を起こし、以後、その後遺症から障害者となり、いまもその後遺症に悩む生活を余儀なくさせられている。


多発する医療過誤事件の背景にあるもの-1

 富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
「富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第7章 信頼できる医者の探し方、選び方

多発する医療過誤事件の背景にあるもの-1

 ここで、かかりつけ医、主治医の問題をクリアした先にあることを考えてみたい。それは、かかりつけ医、主治医では対処できない疾患にかかったときである。
まず言えるのは、みなさんが病院に行くのは、なんらかの自覚症状があったときである。
そうして、その自覚症状が重大な疾患だと判明したら、医者は紹介状を書いて、ツテのある専門病院、拠点病院、大学病院などを紹介する。
とくに、日本人の3大死困とされる「ガン(悪性新生物)」「心疾患」「脳血管疾患」などでは、この照会先の医者によってみなさんの人生は大きく変わってしまう。とくに手術を受けなければならないケースでは、外科医の質、技量が問われるからだ。
私が患者さんから受ける相談でもっとも多いのが、「いい外科の先生を紹介してくれませんか?」である。実際、じつに多くの方が、たとえば「心臓外科手術はいまかかっている病院ではやりたくない。外科医の腕が信用できないからです」「直腸ガンと診断されました。手術を受けるとしたら、どこの病院で、どの先生がいいいか教えてくれませんか?」 などと訊いてくる。
つまり3大疾病は「生きるか死ぬかの病」であり、命は助かっても後遺症に苦しむ可能性があることを、患者さん、あるいは家族の方々は知っているのだ。
私もこのことを否定しない。否定しないどころか、外科医の場合、医者選びに失敗すると取り返しのつかないケースがあることを、これまでたびたび指摘してきている。
それは、医療過誤事件が多発していることを見れば、みなさんもおわかりだろう。
じっは、私はこれまで医療過誤事件を厳しく批判してきた。というのは、世の中で事故が起こるのは仕方ないとしても、他の事故(交通事故など)に比べ、医者だけが責任追を免れるケースが多いからだ。
つまり、いい加減な医者、技術的に劣る医者にかかった場合、患者さんとその家族の苦悩は大きすぎるからだ。


「レセプト」の水増しと「差額ベッド」押し込み--2

 富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
「富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第7章 信頼できる医者の探し方、選び方

「レセプト」の水増しと「差額ベッド」押し込み--2

そこで、今日までレセプトの電子化、つまりオンライン請求に一本化することが進められてきた。しかし、日本医師会が抵抗し、今日まで完全なオンライン化は実現していない。
つまり、世界各国がこうしたことをほぼオンライン化しているのに対して、日本ではいまだに約8000人の審査員が請求書に目を通すという時代錯誤の方式がまかり通っている。
日本の診療報酬の審査は、社会保険診療報酬支払基金(支払基金)と国民健康保険団体連合会(国保連)の2団体がほぼ独占している。この2団体は、じつは国や自治体からの天下り組織である。つまり、完全オンライン化が実現してしまえば、大幅な人員削減を行わなければならをい。
っまり、医師会、厚労省は同じ船に乗っていて、自分たちの利益しか考えていないことになる。そして、そのツケは患者に回されているのである。
よく患者さんから聞くのは、たとえばこんな話だ。
「毎月通っている病院があるのですが、今月の医療費が高すぎるので、おかしいなと思って医療費明細書を確認すると、やってもない検査項目が加算されていました」
また、勤務医からも「うちの病院は事務局ぐるみで不正請求をしている」という話も聞かされる。
前記したように、医療機関は2010年度の診療報酬改定により、領収書のほかに「診療情報明細書」の発行を義務づけられた。しかし残念ながら、患者側がとくに要求しないと、項目がない簡易領収書を平気で出してくる病院がいまだにある。そこで、病院では必ず明細書と領収書をもらうことを忘れないようにしていただきたい。


「レセプト」の水増しと「差額ベッド」押し込み--1

 富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
「富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第7章 信頼できる医者の探し方、選び方

「レセプト」の水増しと「差額ベッド」押し込み--1

カネの亡者の病院では、「検査漬け」「クスリ漬け」はまだましなほうで、保険料の「不正請求」もよく行われている。不正請求というのは、ひと言で言えば「架空請求」である。
つまり、処置してもいないことを処置し、出してもいないクスリを出したように見せかけることだ。
こうした医療処置は「レセプト」(診療報酬明細書)に記載されるが、いまのところ、一部をのぞいて医者側にこれを開示する義務はない。ただし、患者本人や家族は開示請求が可能だから、このレセプトの開示を求める患者も多くなり、「診療報酬明細書」を領収書といっしょに出すことが義務化された。その結果、不正請求は減ったとされるが、まだまだ水面下では続いている。
痛院による不正行為は、レセプトだけではない。患者の無知をいいことに、「差額ベッド」に押し込んでしまうということも平気で行われてきた。健康保険の効かない自己負担のベッドを差額ベッドと呼ぶのは、みなさんもご存知と思う。
この差額ベッドに関しては、使う場合には、病院側は患者本人にあらかじめ承諾を得決まりになっている。ところが、それをしない病院が後を絶たず、退院時に患者との間でトラブルになるケースが多い。カネの亡者の医者ほど、患者が気がつかなければいいと思っていて、平気でこれをやるのである。
医療費をめぐる不正がメディアでも大きく問題視された2007年、厚労省はあるデータを発表した。それによると、2006年の1年間で、124の医療機関が不正請求を摘発されて監査を受け、歯科医師24人、医師17人が保険医登録を取り消されている。また、
そこまでいかなくても、個別指導を受けた医療関係者は、なんと約7000人に上った。
そこで、こうした不正を防ぐために、厚労省では2007年から診療報酬の不正請求対策として、架空請求や水増し請求などの不正を摘発する「医療Gメン」と呼ばれる指導医療官を増員した。
じつは、不正請求を防ぐのはレセプトを電子化してしまえばいい。おそらく、全部電子化してしまえば、不正はずっとやりにくくなり、不正があれば容易に発見できるはずだからである。


病院の約7剖が赤字という現実の意味-2

 富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
「富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第7章 信頼できる医者の探し方、選び方

病院の約7剖が赤字という現実の意味-2

病院を倒産させた後の私は、多額の借金を抱えた。上の借金を返済するために、その後はなりふりかまわぬゲリラ的な仕事もこなし、そうしたなかで日本の医療を常に考えてきた。そうしてみて思うのは、医者の世界にも、世間一般と同じようにオモテとウラがあることだ。ただし、医者の世界のオモテとウラのギャップは、ある意味で世間一般のオモテとウラより大きい。それは、医者というものが世間からの尊敬と信頼で成り立っている職業だからだろう。
簡単に言うとオモテがどんなにいい先生であろうと、ウラは「カネの亡者」という医者がいる。カネの亡者の医者にかかってしまうと、治る病気も治らない。かえって悪化してしまったりする。


病院の約7剖が赤字という現実の意味-1

富家孝講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
「富家孝著・SB新書「死に方」格差社会より}

第7章 信頼できる探し方、選び方

病院の約7剖が赤字という現実の意味-1

 

日本の病院の約7割が赤字経営である。地方の多くの病院は自治体などからの補填がないと、経営が成り立たなくなっている。また、町医者、いわゆる個人病院も経営がうまくいっているところは少ない。
そんななか、多くの医者たちは真面目に仕事をしている。最近は病院に所属しないフリーター医者も増えたが、それでも日本の医者は本質的には真面目だ。ただし、真面目だということは仕事を教えられたとおりにこなすことにつながるので、それが個々の患者さんにとって弊害をもたらすことも多い。
前記したように私は「間違いだらけの医者選び」という講演でよく地方に出かけるが、そうしたときつくづく思うのが、多くの方が、意外と医者が本当はなにをしているのかを知らないことだ。
日本人は真面目だから、みなさん、医者を尊敬し、信頼している。医者は先生だから、間違ったことはしない。病気を必ず治してくれると信じて病院通いを続けている。つまり、ある意味で、ご自身の健康を医者任せにしてしまっている人がほとんどである。
しかし、医者から言わせていただくと、多くの医者は真面目だとしても、なかには信頼できない医者もいるということだ。つまり、単に医者だからといって全面的に信頼してはいけない。
そこで私自身の話をさせていただくと、私はかつて病院を経営していたことがある。それは、1980年代前半のことで、当時は景気がよかったから、私はいけいけドンドンだつた。それで、老人向け病院を3軒、歯科医院を2軒、クリニックを2軒、接骨院を1軒
と、8軒もの医療機関を次々にオープンさせた。
しかし、いま思うと私には経営者としての才覚がなかった。いくら景気がいいとはいえ、それは過剰投資で、その結果、経営に行き詰まり、最終的に病院を潰してしまった。
当時のことを思うと、私はとてもいい医者だったとは言えない。病院の経営ばかりに頭がいっていて、患者さん個人のことなど二の次だった。だから言えるが、病院に行くときは、その病院の経営状態がどうなのかを知っておくことも極めて重要だ。