講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-11

特別寄稿第2弾

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-11

高尾義彦
=「人生八馨」一六年正月号・第五巻掲載から抜粋

主任検事の自宅が舞台になつたもう一つの私の「個人的事件」がある。橋本登美三郎元運輸相、佐藤孝行元運輸政務次官の国会議員大も起訴され、丸紅、全日空の幹部も含めし十六人が被告人となつて、熱かつた夏が終ろうとしていた。その頃取材のターゲットになつたのが、いわゆる「灰色高官」問題だつた。ロッキード・丸紅資金を受領しながら職務権限が無かつたり、時効成立などの理由で刑事責任を問えない国会議員六人に事情聴取したうえで、不起訴または起訴猶予の結論を出す仕事が検察にゆだねられていた。国会では彼らの政治責任論議が起き、捜査の行方が注目されていた。
八月二十五日。大筋の捜査が山場は超えていたこともあつて、毎日新聞の司法記者グループはこの日、大胆にも夜回りゼロの日と決め、青山学院近くのスナックで全員が呑んでいた。しかし午後十時過ぎになつて、不安になつた筆者が、せめて主任検事のところだけ、と出かけたところ、元首相逮捕前日に記者たちがたむろしていた西大久保の公園に、この夜も他社の記者たちがいた。
「次席検事のところで、灰色高官事情聴取の話が出たよ」。我が社以外は全社が耳にした情報だったせいか、簡単に教えてくれた。
一瞬、冷や汗がどつと流れる思いで、近くの公衆電話を握りしめ、まさに〝勧進帳″で原稿を送り始めたところ、社内で原稿を筆記していた記者の電話をデスクがひったくるようにして 「もうNHKがニュースで流している。何をやってんだ」と怒鳴った。
それにしても、どうして検察の公式スポークスマンである次席検事がそんなことを、と不審に思い、この夜は主任検事が自宅に入れてくれたので確認すると、「事情聴取なんか、やってない」と正反対の答え。主任検事宅の電話を借りて次席検事に電話してみたが、答えは暖昧で否定も肯定もされなかった。

-------

ポツリぽつり 出席にマル 秋の会
(2016,9,6)

母校・徳島県立川島高校の同窓会「東京至誠会」。二五日に銀座ライオンで開く総会へ出欠回答が日々、到着。往復葉書五〇〇通、メール連絡約100人。うち出席は1割? 毎日、読売にミニ案内。

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-10

特別寄稿第2弾

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-10

高尾義彦
=「人生八馨」一六年正月号・第五巻掲載から抜粋

このあたりの謎は、亡くなつた岩見隆夫・毎日新聞特別顧問が「歴史の現場 二〇世紀事件史」(二〇〇一年毎日新聞社刊)で、「もう一度、徹底的に取材してみたい」 と語り、果たせなかつた宿題となつている。
それはともかく、事件の発端では捜査がどの峰にたどり着くのか、見当もつかない。米国の意図よりも、特捜部の動きに神経をすりつぶす日々が続いた。
被疑者としての児玉誉士夫に対する病床での在宅取り調べ、米国からの極秘資料入手、ロッキード関係者を対象とした米国での嘱託証人尋問。裁判以外には使用しないとの約束で米国から提供された証人尋問調書。この間には、最高裁も巻きこんだ証人に対する刑事免責決定もあり、捜査は異例づくめだつた。
私自身は主任検事だつた吉永祐介特捜部副部長の取材が最大の仕事だった。新宿区西大久保にあつた平屋建ての官舎に夜ごせ、通う日々。「およげ!たいやきくん」が流行した年で、「まいにち まいにち ぼくらはてつばんのうえでやかれて いやになつちやうな」と、ひそかにこの歌を夜回りソングにしながら、実りの少ない禅問答を繰り返した。
七月二七日の元首相逮捕。その前夜は、東京地検のスポークスマンである次席検事の取材に手間取って、官舎に着いた頃には主任検事は自宅に入った後だった。すでにこの時点で毎日新聞は 「検察、重大決意へ」 と大きな見出しをつけた記事を表トップで用意し、輪転機は回り始めていた。長い捜査期間の中で、主任検事が体調不良を訴えて取材陣を煙に巻いたことは初めてで、翌日の捜査の「重大性」を裏付ける情報のひとつと受け止めた。

-----

真葛焼 地元で知る 秋の胡  2016年10月2日

明治維新の頃、京都から横浜に窯を移した宮川香山の陶芸展が増上寺宝物展示室で。仕事場が川崎に変わり、神奈川新聞を読むようになつて、真葛焼を知った。かつては京都・真葛ケ原(まくずがはら=現在の円山公園付近)に窯を構えていたという。

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-9

特別寄稿第2弾

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-9

高尾義彦
=「人生八馨」一六年正月号・第五巻掲載から抜粋

捜査の山や谷を経験する中で、個人的に強烈な印象が残っている日が何日かある。事件の大枠は、元首相がロッキード社から丸紅を通じて五億円の賄賂を受け取り、全日空へのトライスター導入に便宜を図った、という構図。これに児玉や元首相の盟友、小佐野賢治・国際興業社主(当時)らが登場、取材する立場としても、これほど壮大な疑獄ドラマは、過去に経験がなかつたと言っていい。 元首相が金脈問題をきっかけとして失脚して二年後に、なぜ、ロッキード疑惑が米国からもたらされたのか。これは、いまとなつても大きな謎だが、その背景を推測させる記事が最近の毎日新聞に掲載された。
「フランスからの濃縮ウラン調達が、米国の虎の尾を踏んだんだと思う」。二〇一五年一〇月一日付毎日新聞の連載「核回廊を歩く日本編」一三回目に、元首相秘書官だつた小長啓二さん(八四)の言葉が収録されている。
「当時のキッシンジャー米国務長官が後に中曽根さんに『あれはやり過ぎだ』と話している」と、ロッキード事件の遠因を語つている。
この言葉は、中曽根康弘元首相自身が自著の中で明らかにし、「国産原油、日の丸原油を採るといって(米国の)メジャーを刺激した。
石油取得外交をやつた。それがアメリカの琴線に触れたのではないか」と推断している。
評論家、田原総一郎氏も事件当時、雑誌に寄稿した小論文「アメリカの虎の尾を踏んだ田中角栄」で、米国の資源政策に関連して狙い撃ちされた、との見方を展開している。この論文を小長秘書官が元首相に見せたところ、「元首相は平然と『そうだよ』と言つた」(佐藤昭子「私の中の田中角栄日記」)という。

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-8

 特別寄稿第2弾

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-8

高尾義彦
=「人生八馨」一六年正月号・第五巻掲載から抜粋

 

巷間、政界の現状を語る時、金脈事件で失脚後も「闇将軍」などと呼ばれた田中角栄元首相の名前が引き合いに出される機会が増えている。地元・新潟への利益誘導など負の部分を抱えて、亡くなつてから二二年になるが、「角栄幻想」に似た現象には、いまの国会議員、政治家に対して有権者が抱く失望感の裏返しのような心理が働いているように見える。
ロッキード事件で元首相が逮捕されてから二〇一六年で四〇年。この間、日本の民主主義は進化したのか、劣化したのか。集団的自衛権、特定秘密保護法、原発再稼働などをめぐる動きをみれば、答えは明らかだが、民主主義が一瞬、輝いて見えたあの事件を取材した記者の一人として、真の民主主義実現に向けて、心を新たにしたいと思う。
司法記者クラブの一番下つ端の記者として東京地検特捜部を中心とした検察取材を担当していた一九七六年は、自分の生涯の中で一番長い一年であり、最も重い体験をさせてもらつた。事件は七六年二月五日早朝から始まった。米上院外交委員会多国籍企業小委員会で、ロッキード社が日本への航空機売り込みに関して 「政府高官」に巨額の賄賂をばらまき、秘密代理人・児玉誉士夫らが暗躍した疑惑が明らかにされ、その情報が日本にもたらされた瞬間から「戦後最大の疑獄」に火がついた。この目の朝刊では、朝日新聞だけが二面真ん中あたりの四段と地味な扱いで目立たず、各紙とも全面展開は夕刊から始まった。
「新聞記事だけで捜査が出来るか」。検察幹部は素っ気ない対応だつたが、東京地検特捜部以外にこの事件を処理出来る捜査機関はない、と内心では思い定めていたようで、二月二十四日には特捜部を中心に警視庁、東京国税局が初めて合同強制捜査に乗り出し、一年近くにわたる夜討ち朝駆けの日々が始まった。

---

 蟲を聴く永年は古稀ともどもに
(2014年9且1日)

昭和二〇年生まれの同級生たちは来年、古稀。年齢を重ねると、時間が速く過ぎてゆく感覚が強くなる。九月に入り、蝉の声は消えて、蟲たちが音楽会の様相。このまま涼しくなるのか、気まぐれな自然とどう付き合うか。

「レジュメ」-5

特別寄稿第2弾

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-7

高尾義彦
=「人生八馨」一六年秋季号・第八巻掲載から抜粋

「レジュメ」-5

その後、自宅にお仕立券付のスーツの生地、英国製の高価そうな生地が送られてきたことがありました。このときはさすがに国際興業にそのまま持参して返そうとしましたが、小佐野さんは受け取ってくれない。仕方なく、小佐野さんの誕生日に蘭の花を届けてつじつまを合わせましたが、こうしたプレゼントを受け取るかどうかで、自分の敵か味方かを区別する手法です。その後は距離を置くようになつて、小佐野さんは裁判の途中で亡くなりましたが、盟友のやり方は、元首相と共通する手口、と感じました。
ここでひとつ、田中元首相を評価すべきと私が考えていることを紹介します。
昭和史を研究している評論家の保阪正康さんが著書 「田中角栄と安倍晋三 昭和史でわかる『劣化ニッポン』の正体」で、田中元首相と比べて、安倍首相を批判しています。元首相の言葉として「戦争を知っている世代が社会の中核にある間はいいが、戦争を知らない世代ばかりになると、日本は怖いことになる」と語っていたことを、レジュメに書きましたので、ご覧ください。
戦争を知らない世代が、政治の中心を占める時代がいま、やってきている。田中元首相は自分も徴兵された体験や占領当時に朝鮮で仕事をした経験などから、戦争だけは絶対にしてはならない、と強く主張していた。保阪さんは、安倍さん世代にはそのような意識が薄いのでは、と懸念を表明していますが、私も同感です。
保阪さんはこの著書で、天皇・皇后両陛下が第二次大戦で多数の犠牲が出た場所へ慰霊の旅を続けていることの意味を分析しています。田中ブームとは直接関係はありませんが、田中角栄という政治家から、いま我々が学ぶとしたら、「平和」の問題は大きなテーマだと思います。日中国交回復の業績も、その意味で改めて見直すべきではないかと考えます。
先ほど話したNHKの番組では、トライスター売り込みを中心に事件の構図が出来上がったロッキード事件について、実は対潜哨戒機P3Cの売り込みが主要な狙いだつたのでは、という筋書きが展開されました。我々も捜査開始当初からP3C疑惑を重視して、ロ
ッキード社の秘密代理人、児玉誉士夫に焦を当てて取材しましたが、病床にあり途中で亡くなつて、この問題は疑惑のままに終わっています。今後、新しい資料や証言が出てくることもあり関心を持ち続けたいと思います。

----

寿命延びる 母が生まれし 日のニュース

母の誕生日は大正一二年八月一日。一〇年ほど前、八〇歳で逝った。日本人男性の平均寿命が初めてその年齢に達した、と今朝の新聞に。父の享年九四を考えれば、自分が八〇を超えて生きることは想定内。

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-6

 特別寄稿第2弾

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-6

高尾義彦
=「人生八馨」一六年秋季号・第八巻掲載から抜粋

「レジュメ」-4

小選挙区制は、政治腐敗をなくす趣旨で成立し、当時はメディアも賛成しましたので、我々にも責任がないとは言えません。その反省も含め、改革を考えないといけない時期だと実感しています。
「田中ブーム」で、元首相を偉大な政治家として評価することは理解できますが、では、我々が国政を託せる政治家をどのようにして育ててゆくのか、育てるための制度をどのよぅに改革してゆくのか、といつたテーマも、議論してほしいな、と思っています。
もうひとつ、元首相を語る時、田中金権政治への反省を忘れたくないと思います。人物論、人情論がもてはやされ、田中人気を生んでいますが、個人的魅力だけではなく、「カネの力」をフルに活用してきた側面を無視すべきではない、と指摘しておきたい。
おカネに関する証言は、受け取った側が公にしない限りなかなか表に出ないのですが、元首相を尊敬している渡部恒三元衆議院副議長は、今年(二ハ年)七月の朝日新聞で、初当選時に幹事長だつた田中さんから、公認料の三〇〇万円をポケットにねじ込まれた生々しい状況を披露しています。元首相らしいお金の渡し方を彷彿とさせる場面です。
田中直系の金丸信元議員が佐川急便から五億円の現ナマを受け取った事件など、金権の後遺症はロッキード事件後もずっと続いています。
元首相は官僚の人心掌握術にたけていた、と評価され、最近の「角栄本」でも官僚の心をつかんだ言葉が羅列されています。確かに人情、決断、責任の取り方など人を動かす能力、人たらしと言われるほどの力は、並みの政治家とは比べ物になりませんが、その裏に必ずといっていいほど、現金を渡す手法があつた。官僚の中にはそれを拒否して冷や飯を食った、といわれる人も存在します。カネの威力を知っている元首相はフルにそれを活用して自分の味方、人脈を築き上げてきた、と思われます。
関連して、元首相の盟友といわれた小佐野さんの話をします。裁判が進行している頃、八重洲にあつた国際興業の本社に小佐野賢治社主を取材で訪ねました。初めて会った日、帰り際に「ウイスキーでも持って行けや」と声をかけられ、「一本ぐらいなら」と待たせておいた会社のハイヤーに戻ると、ホワイトホースニダースが入った箱が後部座席にでーんと置かれていました。
---------
----

蟻んこの顔も見ないで土用波

田舎では、砂糖や菓子のかけらを落とすと、どこからか蟻が集まってきた。都市化が進んだ東京では、ほとんど見かけなくなつた光景。先日の鎌倉の海も、もう土用波。

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-5

特別寄稿第2弾

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-5

高尾義彦
=「人生八馨」一六年秋季号・第八巻掲載から抜粋

「レジュメ」-3

もう一点、この小説では元首相が「受託収賄容疑で逮捕された」と決定的な過ちを犯しながら、嘱託尋問調書などロッキード裁判や司法の在り方を批判する論理を展開しているところに、不思議な感じを持ちました。司法の批判をするなら正確な事実に基づくべきで、カチンときて出版社へのはがきに「逮捕容疑は外為法違反」と書いて投函しました。受託収賄罪は起訴の時点で適用されましたが、逮捕時点の外為法適用は、五億円のうち最初の一億円授受の時効が迫っていたため、特捜部が頭をひねった手法でした。
私はずつと、「被告人」としての田中角栄、という側面から批判、観察してきました。いまの田中ブームの中でも批判されるべき点はきちんと指摘しておくべきだと思つています。
ちなみに石原さんの息子さんの衆議院議員、石原伸晃さんは、自民党の有力政治家の中では、中国にまったく受け入れられず、人脈もない。総理を目指そうという政治家として、この弱点に苦慮しているという見方があり、日中国交回復を実現した田中元首相を持ち上げることで、中国に擦り寄ろうとしたのではないか、と石原さんの真意を憶測する中国通のジャーナリストもいることを付け加えておきます。
最近、周りの人にこの本の評価を尋ねられることがありますが、以上のような観点から、あまりお勧めはしていません。
「いま田中角栄さんのような政治家がいれば」と無い物ねだりのブームが起きている背景のひとつは、選挙制度の問題です。一九九六年の小選挙区制導入以来、二〇年になりますが、自民党は有権者の二割から三割弱の支持しか得ていないにも関わらず、国会で圧倒的な勢力を維持している。
同時に、小選挙区になつて、中選挙区時代のように党内での競争、切瑳琢磨がないため、政治家が育たない。小泉チルドレンとか、安倍チルドレンといった呼び方がされますが、党首との力関係も圧倒的に差があり、党内で 政治家一人一人の主体的な議論ができない風土が作られています。
中選挙区の時代には、派閥間の競争などが激しく、お金で政治が動く事件も摘発され、その反省から小選挙区制度が導入されたわけですが、政治家の活力そのものは大幅に失われた印象です。国民は、そんな政治家を見ているから、田中元首相がいま生きていたら、といった期待感を抱くことになります。

---

魔女さんと有楽町で出逢う秋

魔女さんは連れ合いの友人、佐藤明子さんの愛称、二日前の夕方、交通会館の通路でその魔女さんに声をかけられた。フランク永井の「有楽町で逢いましよう」は、駅周辺に新開各社が立地していた頃、地方から東京へ転勤の願いを込めた歌でもあつた。

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-4

 

特別寄稿第2弾

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-4

高尾義彦
=「人生八馨」一六年秋季号・第八巻掲載から抜粋

「レジュメ」-2

本論である「いま、なぜ田中角栄なのか」というテーマですが、石原慎太郎さんが執筆した元首相の自伝的な小説 「天才」 の感想を中心にお話しします。何度か新聞に掲載された広告の切り抜きをいくつか持ってきましたが、「二〇一六年上半期ベストセラー総合一位」 「九〇万部突破」などと宣伝しています。
石原さんは、田中金権政治などを厳しく批判し、自ら台湾派だったので、元首相の最大の功績ともいえる「日中国交回復」にも反対していた政治家ですが、広告では「この歳になつて田中角栄の凄さが骨身にしみた」というコピーが使われています。
著書がベストセラーになつて、石原さんは、いま、「角さんに対する一種の罪償い」「日本がこれだけ機能化できたのは角さんのおかげ」と、日本列島改造論などの成果を持ち上げる。確かに「雪深い新潟の庶民の幸せを考えて政治家として出発した」元首相の原点を考えれば、「愛の政治」と評価することも納得できるかもしれません。
ただこの小説を読み始めて、本当に作家・石原慎太郎が書いたのだろうか、という違和感が最後までぬぐえなかつたというのが、感想です。いろんな資料や他人の著書を下敷に、自分の解釈をやや独善的に付け加えているということでしょうか。
この小説は元首相が 「俺」 という主語で語る自伝形式をとつていますが、内容は元首相に関するいろいろな出版物を引用する形で成り立っています。ここに「角栄の『遺言』『田中軍団』最後の秘書 朝賀昭」(「角栄のお庭番 朝賀昭」改題)」という本があります。これは、かなり若い後輩である中澤雄大記者がまとめたもので、「側近である秘書が見た元相像」という資料的価値のあるものですが、石原さんはこうした本を下敷きにして小説「天才」を書いています。

---
風の盆 話題にすれど いまだ見ず

富山市八尾は三日まで静かな踊りの波が町を覆う。二〇数年前に浦和のある女性が、眼をきらきら輝かせて八尾体験を話してくれた時に、初めて風の盆を知った。カラオケで菅原洋一さんの「風の盆」を歌つたりする。

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-4

特別寄稿第2弾

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-4

高尾義彦
=「人生八馨」一六年秋季号・第八巻掲載から抜粋

「レジュメ」-1

ロッキード裁判 一審判決は八三年十月十二日元首相に懲役四年、追徴金五億円の実刑。二審も有罪。元首相は、最高裁に上告中の九三年二月一六日死去。享年七五。元首相は死亡により公訴棄却となつたが、丸紅側被告らの丸紅ルートの最高裁判決(九五年二月二二日)で五億円贈賄の事実が認定され、ほぼ十八年の歳月をかけて終結。
この一八年間は検察当局にとって、元首相を必ず有罪にしなければならないというプレッシャーとの闘いで、その一方で元首相は「闇将軍」「キングメーカー」として中曽根首相の誕生などに大きな影響力を持った時代が続いたことはご存知の通りです。
この間、裁判の取材と並行して、正月元日には田中邸の門前に立って、出入りする年始客をチェックするという取材を、元首相が亡くなった翌年の九四年まで一四年間、続けました。拙著「陽気なピエロたち田中角栄幻想の現場検証」(社会思想社)で詳しく報告したことと重なりますが、政治家や官僚・役人だけでなく、就職や進学、結婚などで世話になつた人たちが何百人も年始に訪れる。いまも続く「田中人気」を考える場所として、自分としては一つの検証の場ととらえていました。
ある年、秘書の早坂茂三さんは「門の前にいる記者さんに、温かいものでもふるまったらどうか、と親父さんが言っている」などと声をかけてきたこともありました。最近の角栄本にみられる元首相の「情」に通じる言葉です。
現実には、元首相やそれを取り巻く人たちを批判する立場の社会部記者は、いわば 「招
かれざる客」 です。同じ新聞社でも政治部記者とは立場が違うので、寒空の下で立ちん坊の取材を毎年、続けていました。

-------

船渡御のこれが生きがい佃島

住吉神社例大祭二日目は、隅田川に浮かべた台船に神輿を載せて、佃大橋、勝開橋の下を神官たちも一緒にゆつくりと。先祖代々、佃に住む人たちは、この日のために準備を重ね、三日間を暑さに挑んで楽しむ。

———————

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-3

特別寄稿第2弾

 

講演「いま、なぜ田中角栄なのか」-3 高尾義彦
=「人生八馨」一六年秋季号・第八巻掲載から抜粋

「高官逮捕」を予測する朝刊を印刷する輪転機は回っていましたし、我々はこの「異変」をカモフラージュと受け止め、プラスの判断材料と考えました。事実、吉永さんは当日の早朝に裏口からひそかに検察庁に入り、私が午前六時過ぎに特捜部の部屋の前に行った時には、電話で出先の検事に指示する声が聞こえ、七時前には東京地検トップの検事正も裏口から登庁してきました。
ロッキード事件では、捜査が成功しなければ、特捜部は二〇年は立ち直れないという危機感が検察幹部の中にもありました。そのため厳密な秘密主義が徹底していて、それは主任検事の吉永さんの方針だったわけですが、我々は情報戦争に勝てなかったということです。同時に、それまでの特捜部の捜査では、疑惑解明のため(身分の)下から身柄を確保し最後に頂点に達する手法が一般的でしたが、今回は最初からトップを逮捕する手法に意表を突かれたとも言えます。
当時は徳島県出身の三木武夫さんが首相で、田中元首相が金脈問題で退陣した後、政権に就いたわけですが、派閥の力学としては弱小で安定政権ではなかった。特捜部は「TANAKA」の名前が記載された米国の極秘資料を四月十日に入手し、このままロッキード捜査が進むと田中元首相など自民党主流の実力者に捜査の手が及びかねない、と三木首相の退陣を狙った政界の動きが大きくなりました。
新聞としては、三木さんが退陣すると、事件の全容解明が難しくなり、それは国民の利益にもならないと、紙面で「三木降ろし」に反対するキャンペーンを張り、なんとか元首逮捕の日までこぎつけたわけです。新聞社は、社会部と政治部という別々の組織が、役割分担していますが、このキャンペーン、は社会部が主導権をとって進めました。
ロッキード事件の捜査は約1年で終わり、翌年1月から東京地裁で裁判が始まりました。
経過はレジュメをご覧ください。
つづく
-----

母の日に母の姿のいま昔    五月一四日  お盆なので・・・

母の十三回忌も過ぎて、花を贈ったり声をかける人はいない。母から子へ、子から孫へ、孫も母親になって、それぞれに母の姿がある。長い時間のつながりの中で、一人一人の幸せを願う。まだ二歳前後の頃、母と一緒に撮った写真を飾り、時々、手を合わせる。