81ー後徳大寺左大臣(ごとくだいじのきだいじん)

81ー後徳大寺左大臣(ごとくだいじのきだいじん)
千載集 暁ニ聞ク郭公ヲ、といへる心を詠み侍りける

 郭公(ほととぎす)鳴(なき)つるかたを ながむれば ただ有明(ありあけ)の 月ぞのこれる
〔ほととぎすの鳴いている方を見ると、ただ有明の月が残っている〕
ほとんどそのままの、説明不要ともいえる歌である。もちろん、この時代の歌なので、実際に見たまま詠んだわけではなく、暁に郭公を開くという題を出されて、まるで見たかのように想像のシーンを詠んだのである。
後徳大寺左大臣は藤原実定(1139一1191)。右大臣公能(きんよし)の子。祖父実能が徳大寺左大臣と呼ばれて、彼は後徳大寺左大臣と呼ばれた。俊成の甥、定家の従兄弟。
郭公は、初夏に、夜附けに一声鳴くのを待つ、というのが歌の世界の風流であった。この歌では、やっと鳴いたので、そちらを見ると、ほととぎすの姿は見えず、有明の月が残っでいたというのである。
実定は長いこと役職にめぐまれず、その悩みを歌作への情熱で癒していた。平氏全盛の時代であった。やっと1177年に右大将となり、出世の通が開ける。歌人としても有名になっていくが、俗物になったという評もあったという。ともかく、なかなか人間味豊かな人であったようだ。